2007年11月05日

案外ゆるくても大丈夫

かなり無茶な題ですが。

働いてみて、また、離婚に際していろいろと手続きなどで外部と関わった経験で。世の中は、私が恐がっていたほどキツいところではないんだなあと実感しています。

こんなこと、モラの耳に入ればどれだけの非難を浴びせられるかわかりませんが。(^^;

まだまだモラの言葉にいちいち意味を感じてしまうと、傷ついたり自分の無能に落ち込んだりしてしまいがちです。でも、モラの言動を除外してしまえば、世の中はそんなに冷たいところじゃない。助けを求めれば助けてくれる人たちはいるし、声を出せば聞いてくれる人もいる。

私は今まで、聞いてくれない人にばかり声を発していて、聞いてくれないことを自分の責任と思い込んでいたけど、聞いてくれる人に向けて話せばよかったのかあ・・・という感じです。


小さいころから、チャンスは一度しかない、遅れたら取り返しがつかない、出来なかったら、忘れたらそこでアウト、という生活をしてきたので、変に諦めが良かったり、自分が責任をかぶればそれでいいや、っていう冷めた考え方になっていて、全部自分の中だけで解決してしまって助けを頼むことなく生活してました。

失敗しないために最初からしないとか、一度自分でやってできなかったらもうしないとか。

一度しかないなんてことない。少しくらい遅れても実はなんてことない。誰かに助けてもらってもいい。簡単に諦めなくていい。失敗したっていい、間に合わなくたっていい、何回だってやり直していい。

一回で完璧にできることは、当たり前じゃなくって、本当はなかなかできないすごいこと。そんなすごいことをいつでも誰でもできるなんて、そんなわけない。

出来るのが普通なんじゃなくて、出来ないのが普通。

だんだん出来るようになっていくもの。それでいい。

世の中は、実はそれが普通。もちろんそれに甘えて成長しないでいいわけじゃない。でも、一回で完璧に、なんて、やっぱり極端だし無理。無理しないでいいよ。自然にいこ。自然にしていれば、ちゃんと身に付くし、成長するようにできている・・・。そんな風に実感しているこのごろです。
posted by 蝉ころん at 13:52| Comment(5) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

8/31日の肯定

今日は、無職状態を利用して友達とランチに行ってきました。

以前なら、こういうことは罪悪感に苛まれてできなかったですねえ。

 仕事名目で子供預けてるのに!

 そんなことしてる時間があったら少しでも溜まってる家事しなきゃ!

 結果待ちとか言ってないでもう一社受けたら?

などなど・・・それで行かなかったとして、何もしないで一日終わってたと思います。今でもそんな面はもちろん残ってますけど、今日は罪悪感なしで行って来れたので、ちょっとは自分を解放することを認められるようになったのかな〜と思います。

おいしかったし、楽しかったです。ちょっと食べ過ぎたけど。

また就職活動がんばろっと。
posted by 蝉ころん at 16:00| Comment(4) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

今日の肯定

お久しぶりです。ずーっと夫がいるのでパソコンからは落ち着いて書き込み出来ません。

今日は書き残しておきたいので携帯から更新します。

==========

夫から持ち掛けられての話し合いがあった。寝入りばなに突然持ち掛けられたわりには落ち着いて対応できて、あまり感情的にならず(泣いたけど)、信用しすぎずに進めることができた。

責める気持ちも、わかって欲しいという感情もわかなかった。ただ、この人にはわかりえないんだ、という事実をしみじみと確認できた。

こちらからの要求(カウンセリングを受けること)をもう一度突き付けて引かない構えを表明することもできたし、自分から話の流れを作ることもできて、夫のペースに引き込まれずに済んだと思う。

一番よかったのは、話しが堂々巡りになってきたときに、私から話しを切れたこと。そこで終わりとすることになんの罪悪感も心残りもなかった。夫の方はどう思ったか知らないけど、そんなことも気にならなかった。

これはかなりの成長だと思う。



それにしても、夫は私の状態を気にする様子で話しを進めつつも、結局は問題を私一人の責任として押し付け、自分に非がないことを確認したいだけだったことが改めてわかった。

「必要を感じない」と言っていた。自分は辛くないから自分を変えるする意味がないと。どこかで聞いた話だ。

いくら殊勝な態度で接してこようとも、もう騙されない。「どうしたらいいのか」と聞いて来ておきながら、それに対する回答を「普通なら」という言葉を使って論破しようとしてくる攻撃性を私はもう見逃さない。

そうして攻撃してきていることを夫がまったく自覚出来ない人であることが、ただ少し寂しかった。
posted by 蝉ころん at 02:20| Comment(5) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

4/19の肯定

母と電話して、いつものたわいもないおしゃべりの後、私側から切りをつけて電話を切ることができた。

いつもなら母の方になにか用事が出来るまできっかけもなく延々と続くんだけど、自分からきっかけを作ることができた。

それから、この電話の最中、あー、私、お母さんの母親役してるな、って改めて思った。

母がこの時になって始めた趣味のこと。いつものようにたくさん話してきた。嬉しそうに、出来るようになったことを報告してきた。私は、うんうんって、聞いて、褒めて、認めてあげてた。

これ、私がお母さんにして欲しかったことだね。お母さんもきっと、子供の頃にして欲しかったことだったんだね。

しょうがないなあお母さんは。もうそれでもいいよ。そう思えた。



ちょっといつもと違う感じ。また一歩進めたかな。
posted by 蝉ころん at 11:49| Comment(0) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

4/16の肯定

今日は本当は買い物に出る予定だった。昨日までは、出かけよう、出かけたい、と思っていたから。

でも、今朝になってみると、あまり出かけたい気分ではなく、なにか、表現したい気分が強かったので、出かけるのをやめにした。

こういうとき、「行こうと思っていたのに行かなかった」と、マイナス面ばかり気になっていたけど、今日は、自分の気分に柔軟に対応できたと思えた。ちょっと開放感があった。嬉しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予定って、その時の状況を考えずに立てるものですね。状況が変われば、反古にしてもいいものですね。私は、過去の自分が作った予定に自分から縛られてしまう面があったようです。これも自分像、かな?予定に自分を合わせるのでなく、自分に合わせた予定を組み直していく。そんな感じでいいのかと。

もちろん、誰か別の人と関わるものとか、学校関連などのあらかじめ決まっている予定は、こちらの気分で反古にするわけにはいきませんけど。(^^
posted by 蝉ころん at 13:50| Comment(0) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

新たな形で

昨日の記事でも書きましたが、「褒める」ではなく、「肯定」と言う形で再開してみたいとおもいます。「一日一褒」改め、「本日の肯定」です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4/13日分の肯定。

・洗濯を3回した。気持ちよかった。なんと言っても、これだけしておいたら明日は洗濯しなくても大丈夫!というのが嬉しい。

・子供がなかなか片付けようともせずに遊びたおしているので、実力行使で取り上げて片付けた。これは衝動的な行動だったけど、それまではかなり粘り強く諭していたと思う。

子供の気持ちは、「まだ遊びたい」「無理矢理片付けさせられたくない」だったし、私の気持ちは、「とにかく早く片付けて欲しい」だった。私の動機は、夫が帰ってくる前に寝室に入ってしまいたいから、夫と時間を過ごしたくないから。そのために子供に言うことを聞かせたかったのが大きい。子供を早く寝かせてやりたいから、というのはかなり小さかった。私の問題を無意識に上乗せした分、衝動的に出てしまった。

夫と同居していることのマイナス面が出た場面だったと思う。私はそれだけ夫といるのが嫌なんだね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんなふうに、プラス的な思考は増幅できるよう、マイナス的な思考も受け止める・・・というかたちで、行動そのものよりも気持ちにスポットを当ててみたいと思います。よくない行動も、行動自体は改善していきたいけど、その裏にある動機、気持ちは、問題ないはずなので、そこを隠さず押し込めず、肯定していきたいです。

とりあえずこんな形で再開してみます。
posted by 蝉ころん at 11:34| Comment(0) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。