2007年09月05日

今の夢と未来の自分

夢ってありますか。

私はあまり夢ってないんです。親元にいたころの夢は、そのころはあまり自覚してなかったけど、独立して親から離れて暮らすことだったから、それは一応達成出来てはいるみたいです。

でも、今はあんまり未来の展望ってないです。母子家庭でなんとかやっていくこと、くらいでしょうか。それだって今の時勢ではかなり大変な夢だと思いますけど。


私は、夢に縛られちゃうところがあるような気がします。先日書いた、「一つことを長く続けてやり遂げるのがいいこと」ってのに捕われてるから。

小さいころの夢をずっと持ち続けて大人になって成し遂げた人ってカッコいいですよね。

でもそれって、みんなできることじゃないし、出来ないのが「悪いこと」ではないはずなんですよね。

でも私は、目標を達成出来ないことにすごく不甲斐なさを感じてしまうように育ちました。

小さいころなんて、「あれやるー」「これやるー」「やっぱりヤメター」で、途中でやりっ放し、放りっぱなしで、当たり前、普通なんですけど、私はこの経験をしていないというか、否定されていたようです。

やりたいと言ったら、それは必ず成し遂げなければいけない。一度手をつけたら、最後まで自分の責任でやり遂げなくてはいけない。

そんなかんじ。

それで、変に諦めがよくなり、どうせできそうにないから最初からやめとこう、になってしましました。

そして、なんでも途中でやりっ放しの自分を認めてあげることもできず、ダメな人間だって劣等感を持ち続けています。



夢とか目標って、その夢を描いた時、目標を持った時、その時の自分だけのものなんですよね。未来の自分がまだ本当にその夢を成し遂げたいと思ってるかどうかなんて、わからないんです。

そうすると、夢を成し遂げることに固執することって、未来の自分の本当にやりたいことを犠牲にしている場合もあり得るってことじゃないでしょうか。

固執しなくていいんじゃないか。自分の夢からだって、自分で逃げてもいいんじゃないか。

甘いですか?

でも、本当にその時その時の自分を大切にするなら、その時その時で新しい夢を見てても、いいんじゃないかなあ・・・って、思うようになった私です。

人を巻き込んでなければ、それでいいんですよね。
posted by 蝉ころん at 15:00| Comment(7) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消費期限の切れた夢(平和な家庭をつくる)にしがみついてきた人間ですので、すべての言葉がシミます・・。

夢がけっして高望みでなくても、かなわないものはかなわないですものね。固執してはいけません。

・・というようなことを今頃知ったわけで。(>_<)


そういえば先日ミクシィの友人が
「夢を追うのもいいけど
「夢を捨てるのもまたいい」
と自分の日記で書いてました。

Posted by なつ草 at 2007年09月05日 23:02
>なつ草さん

おはようございます。(^^

 >・・というようなことを今頃知ったわけで。(>_<)

先日書いてらっしゃいましたよね。私もちょうどあの頃に、夢に燃えることのできない自分に気付いて、夢を叶えようとしなければいけない・・・みたいな縛りを持ってることがわかったところだったんです。だからこの記事はその縛りについて書いてみました。

同じ頃に同じようなことに気付いたりしてるのって面白いですね(こういうことを面白がる人なのです)。

 >「夢を追うのもいいけど夢を捨てるのもまたいい」

いい言葉ですね〜。
今持ってる夢を捨てて新しい夢を探すのも、きっといいことなんですね。(^-^)
Posted by 蝉ころん at 2007年09月06日 06:58
そうですね〜、
>>「夢を追うのもいいけど
今は捨てるものばかりでしょうか・・
今とても後ろ向きの気持ちの状態なので、何を聞いても悪いほうにしかとれない自分があさましい。
Posted by おのう at 2007年09月06日 10:37
ご無沙汰してます。

夢…ですか。
小さい頃は御多分に漏れず「花屋さん」でしたね。

わたしはあまり「夢」を持ったことが無いように思います。それが寂しいことなのかどうかもよくわかりません。そういう部分でわたしはどこかが欠けた人間なのかな…とも思います。
強いて言えば「健康で穏やかな生活」がずっと一番欲しいものでしたね。今でもそうですが。これも「夢」のひとつでしょうか。

>人を巻き込んでなければ、それでいいんですよね。

ちょっと話題がずれるかもしれないんですけど、TVなんかで良く「脱サラして夢を叶えた」おじさまが紹介されてるのを見ると違和感を感じることがあります。
全員じゃないんですけど「無理矢理家族巻き込んでない?」って思うケースがあるんです。特に奥さんを。

逆に奥さん(お母さん)で夢を叶えたっていう人は家族を犠牲にしてないケースが多いと思うのは偏見がありすぎでしょうか。

モチロン2人で楽しく夢を叶えるのは大賛成です。
Posted by 小麦 at 2007年09月06日 11:53
>おのうさん

 >今は捨てるものばかりでしょうか・・

そうですね〜。でも、古くなったものを一掃してきれいになるってことでもありますよね。ゴミは捨てたら他の場所を汚しちゃうこともあるけど、夢を捨てるのはどこも汚さず自分がきれいになれるんですから。

物事を悪いように取るというのも、自己防衛のための技術でもありますよね。なんでもかんでもいいように取っていたら、モラみたいなのにつかまるわけですし。

生きるために身に付けた知恵じゃないですか。もう使わなくていいと思えたら手放したっていいし、自分の捉え方を否定しないでもいいと思いますよ〜。


>小麦さん

あ、私もお花屋さんって言ってました、小さいころ。本当の夢は家業を継ぐことだったんですけどね。あっさり拒否されましたんで。(^^;
それ以来ずっと私の夢は実家から抜け出して自力で生活することでした。そこで幸せになるかどうかは自分次第、っていうチャンスが欲しかった気がします。私も小麦さんと同じく、穏やかな居場所が欲しかっただけなんですよね。

 >「無理矢理家族巻き込んでない?」って思うケース

同感同感!

よく思います、私。コメンテーターが絶賛するほど冷めていきます。そういうタイプの成功者って、奥さんがいないと成り立たないパターンが多いでしょう?犠牲になってる奥さん少なくないですよね・・。

女性で夢を叶える人って、最初から手助けを当てにしてませんもんね。生活は守ったままで自分だけでやりとげることを前提に動いているから、犠牲者がでないんじゃないでしょうか。

理想は、夫婦2人で目標に向かって頑張るのが一番素敵ですよね。憧れます。
Posted by 蝉ころん at 2007年09月06日 19:29
わあ、同じに感じてるなんてウレシイ♪

わたしもリポーターが絶賛するほど冷めますよ。
後ろで「この人、言い出したら聞かないから。」なんて言ってる奥さんだったりするとなおさらです。
「あなたは幸せですか? あなたの夢は叶ってますか?」って誰も聞きませんよね。いつもなんだかモヤモヤっとするんです。
犠牲にするのは自分のものだけにして欲しいといつも思います。
Posted by 小麦 at 2007年09月07日 16:59
>小麦さん

わかりますわかります。
 >「この人、言い出したら聞かないから。」
よく聞きますよね、この台詞。

 >犠牲にするのは自分のものだけにして欲しい
うん。ほんとですよね。
やっぱり奥さんを「自分のもの」だと思ってるんだろうなって結論にもなってしまうんですけど。モラってあんまり他人には迷惑かけませんもんね。そのひずみを受けるのは全部妻だから。
考えれば考えるほど嫌になっちゃいますね。やっぱどうしようもないですよこの人たちは・・・。(--;
Posted by 蝉ころん at 2007年09月07日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。