2007年09月03日

他人への信頼と不信

昨日の記事の続編のような。

昨日は、私が集団への不信と自己不信から自分の存在をなるべく消そうと行動しているらしいことを書きました。

ただ、私は不信というか不安を持っているのと同時に、集団に対してある程度の信頼も感じることがあります

どうしてもそこにいなければいけないという関係でなければ、不安をあまり感じずに自分を出すことができます。すると、たいがいそういう関係では、相手は私を受け入れてくれるし、相手もそれなりに自己開示してくれます。すると、さらに安心感が生まれて、その場に対して信頼を持つことができるんです。

何が違うのかというと、いざ何かあった時にその関係から逃れられるかどうか、ということでしょうか。

考えてみれば、私が苦しんでいた当時の集団は、家族、学校、夫婦・・・と、普通はそう簡単に逃れられない関係ばかりでした。

逆に、信頼感を得ることができた集団というと、クラブ活動、サークル活動、私的な趣味の集まりなど、自分から抜けるのが簡単なものでした。


モラハラを知って、色々知識を得ていった時、必ずと言っていいほど「逃げてもいい」「離れるという選択もある」「そこだけが世界じゃない」などの、そこにいなくてもいいんだ、というメッセージが含まれていました。

「逃げられない」ということが、どれだけ精神的に追いつめられることかを知りました。それから、どれだけ自分の場所をつくれるようになっても、「逃げられない」心理状態に陥ると、やっぱり「逃げられなかった」頃の自分が出てきて、追いつめられてしまうこと。


いつでも、どんな場所からでも、逃げることは出来る。そこだけが世界ではない。

一つのことに集中して長く続けることがいいことだ、いろんなことに手を出して一つところに落ち着けないのはダメな証拠だ、って植え付けられて育ったけど、こんな固定観念に縛られてなくていい。

自分の居場所を見つけるまで、何回でもやり直していい。逃げたっていい、諦めたっていい。どこかに私の場所がきっとある。

逃げられないと思わなくていい。もう一度逃げることができたんだから、またできるはず。脱出することを恐がらなくていい。それで私の価値が下がるわけじゃない。私はそのまま。私のまま。堂々と私でいればいい。


・・・最後は自分に言い聞かせてしまいました。(^^;

「逃げられない」は、自分で自分を縛るキーワードなのかもしれませんね。「逃げられる」「逃げていい」「離れていい」・・・で上塗りしていきたいと思います。
posted by 蝉ころん at 06:34| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどね〜

今回の記事も考えさせられました。

私には「逃げてはいけない」呪縛があったかも。
困難には逃げずに立ち向かって解決しなければならない・・というような。

「そこだけが世界ではない。」
これ、身につまされます。頭の中では思えるんですが・・。さっさと新しい場に乗り換えず、目の前のものをなんとか修復しようとやっきとなってしまう自分がいます。

蝉ころんさんは、「逃げていい」という考えに移行するまでに、どんな経過を辿られましたか?(きっかけはモラハラ知識?)


Posted by なつ草 at 2007年09月04日 09:06
>なつ草さん

どうも〜(^^

いやいや、この「逃げちゃいけない」呪縛はハラレル体質とでも言いましょうか、かなりみなさん持ってらっしゃるんじゃないかな〜と思いますがどうでしょうね。

 >立ち向かって解決しなければならない

そうですね〜。これってよく子供の頃から言われてたことですよね。私ら、真摯に受け止め過ぎなんですよ。(^^;
平気で聞き流してる子もたくさんいませんでしたか?そのほうが健全なような気がしてます、最近。

「逃げていい」と思えるようになったのは、本当につい最近です。やっぱりモラハラ知識がきっかけでしょうか・・・。実行したいと思うようになったのもモラハラを知ってからですね。実際に実行したのは、先日仕事を辞めたのが初めてです。

それまでは、嫌だ嫌だと思いながら、時間が私をその場から離してくれるのを待つだけでした(卒業とかね)。それか、自分から離れるにしても、もっともらしい理由をつけられる場合に限りました。

離れたい、逃げたい、は、ずっと子供の頃から心の中にあったことです。それを優等生の私が「いや、立ち向かえば打開できる」と押しとどめていたんです。

モラハラを知って、自分がACだと自覚したことで、回復を目指す情報を漁ったおかげで、「逃げていい」「離れていい」のメッセージをたくさん目にしたし、カウンセラーさんからは直接私への言葉としても受け取りました。どれがきっかけというのでなく、たくさんのメッセージに触れていくうちに自分の中に浸透していったんじゃないかと思います。

乗り越えたい気持ち、すごくよくわかります。その乗り越えたい気持ちを、「逃げられない自分」を乗り越えることに向けると、うまく「逃げること」に気持ちを向けられた気がします。

参考になるといいんですがどうでしょう?(^^;
Posted by 蝉ころん at 2007年09月04日 20:20
逃げられない、心理になることは怖いですね。
自分がしがみつくような気持ちや、妙な意地を持ってしまうことは、
客観的思考を奪い、自分にマイナスでした。
(モラ夫のおかげで、たっぷり学習済み)

逃げられない家族の間で、ボーダーを越えてる時は、「モラ」だと指摘、
相応に抵抗する発言で切り返してます。
元来、執念深くないのか、モラという程ではないのか、
それなりに納まっています。
母に、モラ的人間への、切り返し方を尋ねると、
なるほど〜という答えが返ってきて面白いです。
(私と思考が違うことに今頃気がついた・・)

今の自分を信じて、この先、変われば、その時の自分を信じて。
もう、自分自身の気持ちが自分をがんじがらめに
するようなことはしたくないです。
自分が楽なようにどんどん、切り換えていくのが
ベターに感じるこの頃です。
この頃、一人でいることが好きです。
一人の時間が大切な時間に思えます。
ネットのお仲間のおかげですね♪





Posted by らび at 2007年09月04日 21:30
>らびさん

こんばんは。おそくなってすみません。(^^;

 >逃げられない、心理になることは怖いですね。

そうなんですよね。実際に逃げられるかどうかより、自分自身の心理で檻を作ってしまってるんですね。逆に逃げられない状況だとしても心理的に行き詰まっていなければ平気なものかもしれませんね。

らびさんは上手に付き合ってらっしゃいますね〜。やっぱり心理的に負けてないところまで辿り着けたのが大きいんでしょうね。

私はもう心理的な負けを認めてしまって、それでいいことにしたのでそれはそれでいいんですが、やっぱり共存されている方の力強さに羨ましく思います。私もそんなふうにありたかったという気持ちもあるので。昔は意図せずそういう状態でしたしね。

 >自分が楽なようにどんどん、切り換えていくのが
 >ベターに感じるこの頃です。

これよくわかります。私も気付いたものからスイッチを切り替えていっています。一つ切り替わるごとに何かが軽くなる、そんな感じがありますよね。

1人でも、多人数でも、楽しい時間を無理なく楽しく過ごせるのが一番ですよね。私もネット仲間の輪にずいぶん力をもらったし、力の抜き方も教わりました。

これからも気楽にお付き合いくださいね。(^^
Posted by 蝉ころん at 2007年09月05日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。