2007年07月29日

悩む権利

なんだかすっかり週一更新になってますが。(^^;

最近子供と関わっていて思うことです。

すぐ答を渡してしまうなあって。

もっと悩んでいいんじゃないか。もっと挫折していいんじゃないか。最初はそのくらいに思ってました。

でも今は、もっと悩む権利がある。もっと挫折してのたうち回る権利がある。もっと苦しむ権利がある。

そんなふうに思うんです。

悩んで苦しんで挫折して、それでようやく自分なりの答を見つける。そういうことを、させてやれてるかなって。子供たちの答を見つける権利を妨げてないかって。

親になっちゃうと、ついつい苦しませたくない、って気持ちが先に立って、簡単に答を渡してしまうけど、そうするのは本当に子供のためになってるのかな?と思います。

もちろん場面にも、問題にもよりますが。

私自身、こうして夫との関係をずっと振り返って悩み続けてきて、いろんな人にヒントを貰いながら答を見つけてきて、結局は誰かが言っていたことと同じ結論だったってことばかりですが。

だからって、じゃあ最初からその人の話を受け入れてればよかったか、っていうとそうではない、やっぱり自分なりの道程を通って得た答だからこそ、心から納得もできたんだと思ってます。

答だけもらっても、ダメなんですよね。納得いかないんです。

それを、子供相手だとポンポンやってしまいます。こうやったら早いんだから、つべこべ言ってないでさっさとしてー!ってのが本音ですが。(^^;

でもやっぱり子供たちも納得いってないんですよね。そのうち自分で同じ答に辿り着いて、初めて知ったかのように報告してくることもありますし。全く身に付いてなかったんだってのがわかります。

自分で頑張って得たことって、人にもらったことよりインパクトがあるようですね。



そうして考えてみると、今の社会って、社会に出るまでほとんどの場面で答が用意されていることばかり。

学校だって、授業で考えて身につけなくても教科書を見れば答が出てるし、電化製品には取扱説明書とともに細かい注意書き。おもちゃにだって説明書が付いてますね。そして危ないところは全部子供が危険を感じるより前からとっくに立ち入り禁止だし。遊びに行くにも、そうそう1人で小さい子供を外に出せるような社会じゃなくなってきましたから、親が付いていくでしょう?そうするとやっぱり親は口うるさくしちゃいますから。

水泳の授業で、水に慣れる体験よりも先に泳ぎ方という答を教わるような感じ。

大人が余裕がないんですよね。

これだけは出来るようにさせなければいけない。
いついつまでに終わらせなければいけない。
ここでケガされるわけにはいかない。
悲しい思いをさせてはいけない。

先を考え過ぎるんでしょうか。ここでこうなったらこうなってしまう、って、見えちゃうから手を出さずにいられなくなっちゃうんですね。

でも、そこで選んだ結果を体験するっていうのも権利の一つなんじゃあないのかって気がするんです。苦しくても、悲しくても、怒りが沸いても、それを体験するのはとても貴重なことなんだって。

私は母が変に気をきかせたおかげでおばあちゃんのお葬式に出られなかったんですが、それはかなりショックなものでした。区切りがつけられない、悲しむこともできない、やり場のない感じ。

そういう、なにかモヤモヤしたものをたくさん残させてしまってる気がします。

もっと余裕のある大人になりたいなあ。先が見えているんだから、その予測をうまくつかって自分の対応を考えておくとか、そういうふうに使えないかしら。

後ろには私って母親が控えてるんだよ。いくらでも悩んで考えてていいんだよ。どうしようもなくなったら頼ってきたらいいよ。ちゃんとお母さんはここにいるよ。

そういう姿勢で見守れたらいいなあ・・・。

難しいことではありますが。

一歩引いて全体を見ながら、本当に子供が答を求めているのか?って、せめてそのことは考えられたらいいんじゃないかな、と思うのです。

余裕のある時に少しずつですね。
posted by 蝉ころん at 00:46| Comment(5) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

>すぐ答を渡してしまうなあって。

ああ〜、これ、私はやっちゃいましたね〜。
ひとりっ子だから、よけい?(言い訳かな)
気付いたのは、もはやその結果が出てしまってた頃・・・。

蝉ころんさんちは、まだ小学校にはいったばかり、と幼稚園、でしょう?
その年齢で、お母さんがそこに気付いているって・・
すばらしいことだと思います。

ずっと前の話だけど、子どもさんたち揃って優秀という評判の家庭が近所にあって、たとえば子どもが「今日ピアノ行きたくない」ってダダこねたとき、
「どっちがいいのか、自分でよく考えてご覧なさい。そして行きたくない、じゃなく、行く行かないを自分で決めなさい」なんだそうでした。
普通なら「何言ってるの」とかせいぜい「どうして?」とは尋ねても、「行くべき」メッセージを放ってしまいますよね。親は。

子どもの悩む権利を奪うことは、支配でもあるし、依存させることでもあるし、親側から言っても、それを母親の役割として生きる「依存」をしてしまってるんですよね。

あ、これはもはや遅かりし・・のわが反省です。

娘はふりかえって、ときどき言います。
「私が決めちゃいけないのかと思ってた」って。

悩む権利や自分で危険を判断する権利は奪ってしまったかもしれないけど、(要は過保護?)
安全なところでは、やりたい事はなんでも自由の野放図・・というバランスのくずれ。
でも、これだって、条件付きだからほんとうの自由ではなかったんですよね。

蝉ころんさんは聡明なお母さんです。
やりなおせるものなら・・・。こうありたい(-_-)

久しぶりで長々と・・失礼しました〜(^_^;)
Posted by なつ草 at 2007年07月30日 10:48
>なつ草さん

いっぱい書いてくれて嬉しいです。(^^

 >その年齢で、お母さんがそこに気付いているって・・

いやいや私もこんなこと書きつつ今日も答を渡しまくってますって。(汗

全然身に付いてませんけど、ここに書いとかないと忘れちゃうから。気付いても、できなきゃ本人たちにとっては意味ないしねえ。(^^;;

このお母さん、すごいですね。私なら、「行かない」選択をされたらきっと激怒しちゃう・・・。同じことを言えたとしても冷静にふつうの声のトーンでは無理です。声を荒げちゃうと内容で何を言ってても脅してるのと一緒だし。そんなふうにならないでちゃんと受け止められるってすごいです。

私にはまだまだ難しいなあ。

安全なところでやりたい放題は、いいような気がしますけど・・・?解放されている時は必要ですもんね。あと条件付きで自由って考えたらそういうものかも。完全に自由なんてありえないし。

きっと娘さんも、いろんなことに答を見つけながら進んでこられたと思いますよ。先日のホテルの人の感想、すごく立派じゃないですか〜。

そうそう、私のこの記事。こういうことも、私が自分で見つけた「答」なんですよね。それをこうして認めてもらえるのがやっぱり一番嬉しいのかな。「できたよ、わかったよ、どう?どう?」っていう・・・すっごい子供ですよねえ。

なつ草さんに聞いてもらうと、そのあたりが満たされるので・・・だから「お母さん」を感じるんですよね。きっと娘さんもたくさん満たされてる部分あると思いますよ。(*^_^*
Posted by 蝉ころん at 2007年07月31日 06:33
またおじゃましま〜す(^_^;)

上で書いた優秀なお母さんの話は、これが理想、と思ってあげたんでは、じつはないんです。自分には絶対無理だな、という例です。

もうひとつまた例をあげますけど、スイミングにいくのがイヤで、行くふりをして、家を出、友達と外で遊び呆け、帰るとき公園の水道で水着と髪の毛を濡らして帰る、という子の話。

これが、親が怖くて、行くにも行けず家にもいられず、ひとりぼっちで時間をつぶして、そういうことをして帰るなら、とても可哀想な子だけど、上に書いた子は、これはこれであっけらかんとしたたかに「自立」しているように思うのです。

「母親はもったいないがだましよい」という江戸川柳があるけど、あえて自分の理想というなら、こんな親子関係かな。

>なつ草さんに聞いてもらうと、そのあたりが満たされるので・・・だから「お母さん」を感じるんですよね

そういってもらえることは、うれしいことです。
で、これ、不思議なんですよね〜。
私も蝉ころんさに「お母さん」を感じているんですよ。(年齢はこのさい目つぶってね。(^_-))

どんな片言でも聞き取ってくれる、困ったときにすっと寄り添ってくれる、「お母さん」というもののそういう部分で・・です。

そしてね、これも不思議なんだけど、頭で思い描く理想の母、じゃなくて、どこか懐かしい感じなのです。

たぶん、現実にものごころつかないときに、そういう体験をしてるからだと思います。実母は、あげれば問題のある母ですが、本質のところではそういう母性はちゃんと与えたんだろうと・・・。

もしかしたら私も蝉ころんさんのお母様と底の部分で似たところがあるのではないですか?

私は蝉ころんさんの小さいお子さんたちがうらやましいですよ。(*^_^*)



Posted by なつ草 at 2007年07月31日 11:18
お邪魔です〜。

>苦しくても、悲しくても、怒りが沸いても、それを体験するのはとても貴重なことなんだって。

うんうん。転んでこそ理解出来る痛みかな と。
そして 子供って親・大人が思うより簡単に問題を乗り越えていくだけの柔軟さと力を持っていると私は思っています。

ただねぇ…子供の世界って大人によって(親に限らず)急かされたり 考える時間も与えられてないのが現実なのかなと思う。


>大人が余裕がないんですよね。

うんうん。待つ余裕を持ってないのが大人・今の社会なんでしょうね…。


私は子供を最後まで手元で育て上げてないので こんな話を書く権利があるのか?と思いつつですが。

私自身は二人の息子に何を出来たかと思えば ひたすら【信じて待つ】ことに尽きた気がします。

でもね そんな私の姿勢は 元夫には
「オマエのようなやり方じゃ落ちこぼれになるぞ!」でしたし 長男の担任には「放任」と言われ 次男の担任には「そんな社会性のないことでは困りますね ちゃんと躾けてください」なんて言われてました (^_^;)

放任は確かにそうも見えるかもね〜とか思いつつ 困りますって言葉には憮然とした(苦笑)
困るって…誰が困るワケ?担任のアンタだろが!って。

次男の場合は環境の変化に弱くて 進級・クラス替え・担任変更なんて場面になると 大体夏休み前後に不登校になったり挙動不審になったりしてたわけですが その一時を過ぎれば・彼なりの葛藤を超えればあとは順調なんです。つまり それが彼のオリジナルな対処の仕方だっただけ。

だけ なんだけれど 学校としてはそんなものに付き合うだけの余裕はなかったんでしょうねぇ。

それもわかるけれど納得は出来なかったので 「私から特に息子に注意すべき必要は感じていません。でも学級運営において何かご迷惑・支障を及ぼした時にはいつでも私を呼び出してください。面倒見に参りますので」と啖呵切って帰ってきた…(^_^;)

それが正しいのかどうかは別として 子供って雑草のように踏まれても確かに着実に根をはるだけの力を持ってるのに 無理くり頭引っ張って根こそぎ抜いてしまうような危機感を感じたんですよね…。

なぁ〜〜んてすんごい偉そうぶってるけど 現実は厳しいですよねー!

長男のオリジナリティーをかってくれた担任 次男の持つ力を信じて一緒に待ってくれた担任 二人とも【問題教師】としてPTAの槍玉に挙げられ職場を後にしましたから…。

【朱に交われば赤くなる】じゃあないけど 子供=自分みたいに一体感を感じられない私は愛情に欠けるのか??? とか随分悩みましたしね…。

まっ 私は極端過ぎた気が今頃してますけれど…(^^ゞ
大切なのはバランスですもんね。

蝉ころんさんはその辺とても上手に出来るバランス感覚をお持ちなんじゃないかと思います☆

お子さんたちはお幸せです♪







Posted by 虫食い枯葉 at 2007年08月01日 00:13
>なつ草さん

スイミングのお子さん、私を見るようです。こんなんでした、私。親を舐めきってますね。(^^;

そして夫は、こういうことをしたけれども、見つかってやり込められて改心した(?)人です。ここで義母には敵わないと観念したまま今に至ります。

母親って、ちょっとバカにされてるくらいでちょうどいいのかもしれませんね。大人になって偉大さがわかるくらいで。1人親だとそんな悠長なことも言ってられないのかな。締める人がいなくなっちゃうもんね。

なつ草さんに感じる「お母さん」、考えてみたら私がなつ草さんのお話を読んで、コメントを書いている感じが、母との交流に似ている気がします。聞き役だったんですよね。ずっと。

私はただ自分が感じたままを母に伝えてたんですけど、なつ草さんが感じてくれているように母も受け取ってくれていたのかな〜と、ちょっとほんわりしました。

子供とも、そういえば「今日あった話を聞く」という面ではわりと出来ているかもしれません。子供がその時に感じたことを否定せずに聞けているかな。でもね〜私自身が絡むと否定しちゃうことが多々・・・(>_<)



>虫食い枯葉さん

おはようございます〜。(^^

そうですよね〜。子供って強いんですよね。みくびってちゃ失礼かな。

今の大人が、それだけ余裕なく育てられたってことなんでしょうね。ちょうど受験戦争とか言い出した頃の子供たちになるのかな?そう考えると世間にはそれだけそういうのが当たり前と考えている人が多いわけで、怖いですね。

枯葉さんの「待つ」姿勢、すばらしいです。それにいちゃもんをつけてくるパターン・・・よくわかります。(-_-;

私にも「信じて待つ」が出来る場面があります。病気とか、ケガした時ですが。

熱が出てもちゃんと安静にしてればよほどのことがないかぎり安静にしていれば治る。転んで擦りむいたって、そうそう化膿なんかしない、洗ってかさぶたができちゃえばだいたい大丈夫。

病院に連れて行かない、薬を塗らない、絆創膏を貼らないでも大丈夫、体はそれくらいならできるから、って信じてるんですよね。

こういうのって、今の社会では放任ととられるんですよね。それでひどくなったら、誰が責任とるの?みたいな焦りを持たれてるように感じることがあります。居合わせた人が、変に責任を感じちゃうらしいんですよ。

学校でも、そういうところもあるでしょうね。うまく馴染んでくれない子がる、馴染ませなければ苦情が来る、焦る・・・てね。で、責任を持ちたくないから、言われる前に先制攻撃で「私はちゃんと言いましたからね」という保険をかけてる感じ。

今は教師もすぐ追いつめられる社会ですもんね。怖いんだろうなって思います。モラと同じく、それを意識しているかどうかは別として。

 >【朱に交われば赤くなる】じゃあないけど 子供=自分みたいに一体感を感じられない私は愛情に欠けるのか??? とか随分悩みましたしね…。

わかります・・・。私も一体感はもてないタイプなので悩みました。私も境界線引き過ぎてたようなので、問題がなかったわけじゃないんですけど(^^; 今はだいぶ「こうあらねばならない」みたいに思い悩むことはないです。「こうなれたらいいなあ」程度に弱まりました。

バランス感覚、大事ですね。私はここ苦手分野です。褒めてもらってなんなんですけど。(><)

極端にいっちゃいやすいんですよ。最近は慌ててブレーキかけるようにしてますけど、でも真ん中で安定ってしないです。行ったり来たり。気に掛けていれば少しは上達するだろ、って気楽に取り組みます〜。
Posted by 蝉ころん at 2007年08月01日 06:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。