2007年07月22日

興味を示すこと

前回の記事で、夫が自分以外の人間にまるで興味がなく、自分の感じているものだけの世界に生きているらしい、ということを書いた。

この、他の人間に興味がないという部分、実は私も似たようなところがある。

それには二つの側面があることに気が付いた。興味を持っていることを示すことに対する恐怖と、興味を持つ余裕がない状態。



一つ目は、実は興味を持っているのに外から見ると興味がないように見えるだろうという場面のこと。

私は、人に興味を示すのを躊躇してしまうところがあって、これも、学校生活でいじめを受けていたことがかなり影響しているように思う。

私は、いじめっ子たちとなんとかして仲良くなりたいと思っていた。いじめっ子たちには、たいてい取り巻きがいて、いつも賑やかにしていた。それが私は羨ましくて、その中に入りたかった。それで私は、いじめっ子に対して興味を示し、当然のことながら拒絶されたり、人格否定されたり、興味を示したことを理由にさらなるいじめを受けた。

もともと興味の示し方がぶしつけだったりということもあるだろうけど、やはり私は使う相手を間違えていたし、そこで返ってきた反応を重くとり過ぎた。

「人に興味を示すのはいけないこと」

そんな風に自分の中にルールを作り上げてしまった。

今でも縛られていることを感じる。人と関わっていて、ふと聞いてみたいことが浮かんでも、「これは聞いていいことか?踏み込み過ぎじゃないか?失礼じゃないか?嫌がられないか?だいたいどう聞けばいいんだ?・・・」と葛藤しているうちにタイミングは過ぎていく。

そして、別の時に、私が思っていたことを他の誰かがためらいなくストレートに聞いて答を得たりしている場面に出くわすと、「聞いていいことだったんだ!そんなに単刀直入に聞いていいものなんだ!」とびっくりするということを繰り返している。

ただ少し以前より進歩していることは、以前なら「この人たちはそれが許される仲だから。私には許されていない」と、いつまでも踏み込めないでいたところを、そのうち私もそういう仲になれるだろうとか、そろそろ聞けそうな関係になれただろうとか、思うようになってきて、相手によっては実際に聞いてみることもできるようになってきたこと。

最近はさらに、以前ならそんなに仲良くないと判断していた相手にも、興味を示せるようになってきている。興味を示すことが、好意を持っている表れでもあるって思えるようになってきたから。それから、好意を受ける側だけでなくて、好意を発する側になってもいいことがわかってきたから。特に今よく付き合いのある主婦層は、人から好意を向けられることに飢えている人が多いようにも思う。私と同じように。

好意を出して、受け入れてくれる人にだけ受け入れてもらえばいい。相手が受け入れられないような状態だったり、受け入れることを拒絶しているような人なら、それは一歩引いておけばいい。

たぶん、すごく当たり前のことなんだろうと思うけど、こういうことがやっとわかってきた。

今はまだ考えて考えてそれから実行、と時間がかかっているけど、実践していれば自然にできるくらいに身に付くだろうと思っている。やっと立てるようになった赤ん坊が、そのうち自然に移動手段として歩くようになるみたいに。



もう一つは、私自身が人に興味を持てないほどいっぱいいっぱいなときのこと。

何かしなければいけないことがあって頭が一杯だったり、考え事をしていたり、集中して何かに取り組んでいるとき、時間がなくて焦っているときなんか、まったく周りの人のことを考えていない瞬間がある。

これって誰にでもあることだと思うけど、まるっきり無視になっているのは、やっぱりモラ的な行動だなと思う。

1人で没頭していてそれで構わない時はいいけど、相手が私に意識を向けて欲しいと思っている時なら、まったく無視はやっぱりまずい。興味がない、あんたなんかいなくていい、というシグナルになってしまう。

でもこちらが大変なのは確かなんだから、こういうときは全部を相手に向けることはなくて、少しだけ意識を分ければいいんだよね。ただ少し話を聞いて、自分の状況を説明して、意識を向けることができないことを詫びる。それでいいはず。そしてちゃんと後でもう一度時間を取ればいいんだよね。これは拒絶じゃないんだ。

これは特に子供に対してうまくできてないところがあって、かなり訓練がいるなと思っている。ただ子供って、まだ我慢が出来ないから、「ちょっと待って」と言っても「何分だけ待って」と言っても待てないし、本当に忙しい時に何度も何度も来られると「いいかげんにして〜!」ってなっちゃうのは仕方ない気もするけど・・・。



なんにしろ、もう少し自分にゆとりを持ちたいな、と思う。そうしたら、そのゆとりの部分で人に興味も持てそうだし、興味がないわけじゃないことを示していけるんじゃないかな。
posted by 蝉ころん at 09:40| Comment(3) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
夏草さんのところからこちらへ参りました。
別居中の夫がサイレントモラです。
蝉ころんさんが書いておられること、私自身が日々模索中のことです。
どう接したらいいのか、自分自身にも無理がないちょうどの加減がなかなか上手く見つけられず、苦心しています。
心理学も調べて、自分の心理を把握出来たかなと思うのですが、実践するのは難しいです。
モラ後遺症で、上手く調整出来ない部分もあって、格闘しながら日々を送っています。
少しづつ、考えながら、やがて自然に出来るようになるのかな、と思っています。
以前は、夫以外にも、会社や友人知人まで、モラ系人間に包囲された時期もあって、人が怖いです。
今は、モラと思われる人はいなくなったのでホッとしています。
モラ系はモラ系同士で集まっているような気がするのですが、私の過剰解釈か?などいろんなことを考えてしまいます。
ゆっくり、自然な自分を目指したいと思います。
Posted by らび at 2007年07月22日 21:51
こんにちは。

私も蝉ころんさんと同じで「さっきこう言えば良かったな」とか、人の発言を聞いて「それは私も言いたかった」なんて思うことがしばしばあります。
「こんな事言ったら恥ずかしいかな?場違いじゃないかな?」って自分を擁護しているのだと思っていました。

2つ目のいっぱいいっぱいの時もよくあります。
やはり子供と接している時ですが、しつこくまとわりついてきたり、同じ事を聞かれると、大きな声で怒るように言葉を発している時があります。
子供にしたら、それだけこちらに興味をもって接してきてくれているのに・・・。
逆に、自分の都合の良い時だけ子供に寄って行くことに気がついたときにも、自分のモラ性を反省する時です。

特に上の子供が4歳弱なので、こちらの行動や言動を、わかって居ないようでわかっている時期だと思います。
少しずつでも自分を修正していけたらと思います。

また、蝉ころんさんに気付きを頂きました。
ありがとうございます。
Posted by しー at 2007年07月24日 12:33
>らびさん

おはようございます。(^^
はじめましてなのにお返事遅くなってごめんなさい。

人にうまく興味を示せないのって、モラの影響も多いにありますね。ちょっとずつうまくいった体験を重ねていけば自信と行動が身に付いてくるかな、って思います。今の状態に焦らないで気長にしてればきっと大丈夫。自分にもそう言い聞かせてるのですが。(^^;

私も、ある特定の雰囲気の人が苦手になってます。モラの周りにモラっぽい人が多いのはありえますよね。普通の人はモラの周りから去っていくことを考えると、自然とそうなるしかないんだろうなと。過剰解釈ではないと思いますよ〜。ご自分を疑わないであげてくださいね。

自然な自分、憧れます。私も少しでも近づきたいな。一緒に頑張りましょうね。(^^



>しーさん

おはようございます。(^^

 >「こんな事言ったら恥ずかしいかな?場違いじゃないかな?」

思います思います。私自身が何を言いたいかより、その場で求められている発言を探しちゃうんですよね。役割を演じてるだけみたいな。これではなかなか人と親密にはなれませんね。自己開示と人に興味を持つこと、人付き合いの課題です。これ、モラ的な人にしちゃうと自信喪失の元なので相手はしっかり選びましょう。(^^;

子供相手は確かに自制心が外れやすいですね。私もすぐ限界いっちゃいます。余裕がある時は、一歩引いて見られるので子供の気持ちも考えていられるんですけど、余裕がなくなると私の意向を出すだけになっちゃって。反省です。

この点ですが、子供はまだ親と自分を分離できてない面があるということで、こちらが「ここまでされたら嫌だ」という気持ちを表現するのはいいことなんだそうですよ。大声になっちゃったり、怒ったりするとよくないけど、普通に大人相手に話すように伝えると境界線が少しずつ身に付いていくんだとか。すごくゆっくりでしょうから、すぐ理解してくれるわけではないですけど。

 >「自分の都合のいい時だけ寄っていく」

これに気付いたってすごいですよね。夫なら「今なら構ってやれるから構ってやってるんだ」とか言いますし。

でも、この場面ってお父さんが自分たちに興味を持ってくれたってことなので、子供たちにしたら嬉しい瞬間だと思いますよ。これをなくす必要はないと思います。

「その時の子供の気持ち」をまず考えてあげて、何かに熱中しているようなら少しそれを観察してみるとか、いきなりこちらに注目させるんでなくて、子供の現状を見る時間をちょっととってみるといいかもしれません。

私はそれでずーっと観察してしまいます。子供って思いがけないことしてるので面白いんですよ。それで不思議に思ったことを「今のは何してたの〜?」とか聞いてみると、喜んで教えてくれます。こういうときは私も自然に子供に興味を持ててるな、と思います。

興味の始まりはまずは見ることかもしれませんね。他人相手ではなかなかストレートにできませんけど、乳幼児相手ならまだまだ喜ばれるのでチャンスですね!
Posted by 蝉ころん at 2007年07月26日 06:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。