2007年07月14日

狭い世界

夫は昔から、私の話をあまり聞きませんでした。

話をして盛り上がることと言えば、同時に体験したことが話題に上がっている時か、同じような体験の話、共通の友人の話。あとは、夫だけが体験したことの話をただ肯定して聞いているだけのとき。

私だけが体験したことを話しても、視線があったことはないし、いつも何かをしながら気のない相づちが返ってくるだけでした。

そのうちに思うようになったのは、私の体験なんかつまらないことだから仕方ないな、という自己卑下。

そして私は夫に体験を話さなくなっていきました。

それでも夫はなにも変わらなかったので、やっぱり私の体験は夫には不要だったんだな、と思っていました。そしてますます話さなくなっていきました。



ちょっと前に思ったことは、この人は私に興味がなかったんだな、ということ。

私が何を体験していようが、楽しんできたんであろうが、つまらなかったんであろうが、そんなことが問題なんじゃなくて、夫にとって私自体がつまらないものだったんだな、と。

実際、夫が私に望んでいたのは、家政婦、娼婦、チャイルドシッター、妻、という役割だけ。そこに「私」という個性はいらなかったといっていいです。

だから私がその役割を満足に果たせなくなったら、あきらかに行動がおかしかったはずの私の心配よりなにより、家をまわす機能の回復だけにやっきになっていました。そこにあるはずの「家庭」という箱さえちゃんとしていれば私なんてどうでもよかったんでしょう。

最後に少しでも私の心の回復に援助しようとしていたのさえも、それが回復すれば家が回るからであって、私の心配などこれっぽっちもしていません。それが証拠に、私が心は回復し出しているけど実務能力まで回復するにはさらに時間がかかると言った次の週に離婚話です。この人は本当に私の心はどうでもよかったんだなと。



そして最近気付いたこと。夫は、自分が今まさに感じている世界以外にまったく興味がないということ。

それはなにも私に限ったことでなくて、今まさに一緒に遊んでいるはずの子供に対しても、子供が自分の世界に集中していて夫との接点がなくなれば一瞬で夫の世界から外されるんです。

今パソコンの情報に集中していれば、そのまわりで起きている全てのことが夫の世界から抹消されます。パソコンから目を離して意識を家族に向けた瞬間に、彼の世界に家族が登場するんです。

新聞に集中したい時にテレビの音がうるさければ、その時見ている周りの人たちはすでに夫の世界にはいませんから、考慮する瞬間もなくテレビを消せます。そこで誰かが夫に対して苦情を言えば、その声が聞こえた瞬間に発言者が夫の世界に登場するのです。

そんな世界に、彼は生きているように思います。



彼から子供たちに興味を示す時は、子供たちが楽しそうにしている時ではなく、自分が子供たちに笑顔を見せて欲しいとき、それだけ。しかもそれは、子供たちが自ら楽しんでいるとか私と楽しく遊んでいる場面ではなく、夫が楽しませた時の笑顔に限ります。あくまで自分の周りで自分が関わって起きている場面でなければいけないんです。

子供たちは、泣いていても無理矢理笑わせられて、泣き止ませられます。夫は泣かれているのがいやだから、なぜ泣いているのかよりもまず笑わせようとします。子供の気持ちは見ていません。

気持ちは見えないものだから。

笑っている顔が見れたら、それは楽しいからのはずだから。俺があやしたら笑った、俺があやしたら泣き止んだ、それでいい。

そして私のことは、見える範囲に入れる意味がないから見ません。私からは何も得るものがないからです。私を見る時は、家が回っていない問題を解決させるために視界に入れるに過ぎないんです。



表に見えているものしか見ない。自分に接触してくる人間しか世界として意味がない。意味のない世界は見ない。見たい世界がない時は、寝てしまえば、世界を抹殺できる。



こんなふうに書くと言い過ぎのような気もしますけど。この人は実はものすごく狭い世界に生きているんじゃないだろうか。そんなふうに感じるんです。

私はこんな世界に登場したくないです。
posted by 蝉ころん at 23:55| Comment(12) | 夫を読み解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言い過ぎじゃありません。もの凄く理解出来ます。
うちのモラ夫も同じだから。
全てが自分中心なんですよね。

ただ、蝉ころんさんと違って私は
「誰でも興味ない。どれだけ熱愛してる相手でも興味ない」
んだと思っています。

人の話を聞くのは特に自分が未体験なものに対しては想像力が必要です。
私の夫も蝉ころんさんの夫も想像力が著しく欠如してるか元々持ち合わせていない様な気がします。

恋愛初期などは多少の苦痛でも相手に合わせるそぶりをしていたのでしょう。

想像が出来ないから自分以外のことは興味ないし自分だけが可愛い。
(自己愛が強いんでしょうね)

子供達の事も将来の心配や心の成長などは余り興味を持ってない様ですし。

自分中心に勝手に生きてる癖に、妻や子に愛されないと不機嫌になるし。

最近はモラ夫は一人で生活するのが本人と家族の為なような気がしてきました。
Posted by ミー at 2007年07月15日 10:16
>ミーさん

こんにちは。(^^

これが自分中心ってことなんですね。わざとそうしてるわけじゃなくて、きっとずっとこういう世界で生きてきたから、自分中心の世界にいるってことは理解できないんでしょうか。

うち、恋愛(してないかも(^^;;)初期からこうなんですよ。別れとけよって話ですよねえ。あのころからやっぱり自分に自信なかったんだろうなあ私。

就職難でやっと勤め先が見つかったら、多少劣悪な環境でも辞めないでしょ?そんな感じですねきっと。

 >「誰でも興味ない。どれだけ熱愛してる相手でも興味ない」

熱愛してるのに興味ないってありえませんよね。でもほんと、こういうこととしか思えません。

うち夫が子供に興味があるように見えるのは、子供が「大好き!」って肯定を与えてくれる存在だからですしね。「お母さんがいい」なんて言われると、いつのまにかどっか行ってますもん。それおかしいだろ、父として。母親を取り合う兄弟かよって感じですよ。

普段シャットアウトしているから、ときどき愛情を補充したくなるんでしょうか。本当に都合のいい世界です。それで愛されてないって被害者ぶられても困りますよね。

私も、夫は1人で暮らすのが一番本人のため、世のため人のためだと思います。そうすれば「有能な人」で過ごせるんですしね。
Posted by 蝉ころん at 2007年07月15日 11:27
今日の記事、わかりすぎるくらいわかります。
同じような体験者として、そうそう、と感情も波立たず共感するだけなんですが、

ふっと、体験者でなかったら・・と想定して読んでみて、なんと悲しい家庭だろう・・と自分の結婚も含めて、辛くなりました。

こんなことが淡々と書けたり読んだりできるってこともまた悲しいですよね。

でも、乗り越えなくちゃいけない。
もう乗り越えはじめて、向こうの世界は見えて来ている・・ってとこでしょうか。
Posted by なつ草 at 2007年07月15日 19:42
なるほど。。。そうだったそうだった。興味が有るそぶりをして、聞いてたりもしたな。
結局は、私の事をうらやましがって、悔しかった部分も合ったみたい。
友だちの事や兄妹の事や仕事の事も。
実は、今すこし付き合ってる感じの人が居るんですが、バツイチなんですよね。蝉ころんさんのこの話を聞いて、まさに彼はこれです。
決して、出さないし、元奥さんを「最悪の極悪人」と話していますが、最近は私の話を聞かないです^^うーーん。
やはり、距離を置こう。。。
Posted by るんた at 2007年07月16日 01:09
>なつ草さん

ああ、やっぱりみんなそうなんですね。私はやっと気付いたんですよ、彼の心の世界。ちょっと遅かったですね。

この話、普通の人あいてにこんなこと書いたらものすごい失礼なことだし、こんな人がいるなんて理解もしてもらえないと思いませんか?

それくらい異常なことが、こんなに共感されるんだって、それがまたちょっと嬉しくもあり悲しくもあり・・・このブログを始めた頃から何度となく感じたことですが。

私もやっと、向こうの世界が見え始めたから自分の住んでる世界が見えてきたってことかもしれませんね。

住めば都もたいがいにしなきゃね。(^^;;



>るんたさん

るんたさんところもですか〜。

やっぱりああいうハラスメント行為が出来るのって、その場その場しか見えてないからこそってことなのかな。その行為をなかったことに出来るのも、本当に彼らの世界ではなかったことになってるからなんでしょうね。スポットが当たれば自分に都合のいい場面は思い出すけども。

今彼もこんな感じがあるんですか?う〜んちょっと要注意ですかね。誰だって、気分によって話が聞けないような時はあると思いますけど・・・少し様子見してみたほうがいいかもですね。そういう要素を大目に見てしまう癖が私たちにはあるみたいだし。(^^;

自分に対してプラスの興味を示してくれるかって、重要なことかもしれませんね。話を聞かないってのは興味ないってことだもん。好きな人に興味ないってありえないですよね。

だからって根掘り葉掘りはカンベンだけどね〜。
Posted by 蝉ころん at 2007年07月16日 06:34
そうなんですよ・・・。
話を聞きません。
興味がないこと(自分以外は興味無しですけど)は
会話になりません。
思えば何気ない夫婦の会話はなかったかもしれません。
家族に対する話でも、非難は口に出します。
褒めることはとど夫の辞書にないのですって。
長年、連絡事項で会話した気になっていたのかも。
今はその事務的な話も睨みつけることで拒否しますけどね。
Posted by パステル at 2007年07月16日 08:59
突然失礼します。
私は31歳のしーと申します。妻、3歳と1歳の子供と生活しております。

4ヶ月前よりこちらのサイトを拝見させて頂いており、自分自身に当てはまる事が多く、モラ夫ではないかと思っている者です。こちらに伺うまでは、そういうことが存在することにすら気がつかずに生活していました。

そんなことに気付くきっかけとなったのは、妻の浮気が半年前に発覚したからです。話は長くなってしまうのですが、妻の浮気の要因を突き詰めていくうちに、ネットでいろんな情報を収集して、私がモラ夫であることも要因の一つであったと思うようになったからです。だからといって浮気が容認されるものではないとも思うので、一概には言えませんが、お互いに話し合い、妻と私の根本的な問題はそこにあると感じました。

こんな言い方すると失礼に当たるかもしれませんが、私自身は蝉ころん様の旦那様に、行動や言動が酷似していました。
それに気がついて、自己分析していくことが怖くなり、第3者の目での判断も必要かと思い、精神科を受診して現在も通院中です。
医師は「あなたがモラ夫か断定は出来ない」と言う診断でしたが、大事なのはモラ夫であるかどうかはではなく、そういう態度で接してきてしまった妻が私にとっては必要な存在であると感じ、モラ夫であったのではないかということを妻に話し、その後は自分で感じることの出来るモラ要素をなくそうと努力しています。
完全に自分の取ってきた行動や言動を拭い去ったとは言えず、モラの発想は抜けきっていないと思いますが、それも正直に妻に話して出来ることをすることで、徐々に浮気発覚前の二人の関係とは違って「普通に生活できる」レベルにはあるのかと私自身は思っています。

長々と何が言いたいか分かりにくい文章で申し訳ございません。取り返しのつかないことを妻に4年間も行なってきた私ですが、蝉ころん様の文章を読ませて頂き「私もこのままではいけない」という気持ちを持たせて頂いたことに、とても感謝しております。ありがとうございます。

筋違いの書き込みかも知れないのですし、私などが言うのもおこがましいのですが、蝉ころん様とお子様の今後が、どうかすばらしい人生である事をお祈りいたします。

いきなりの書き込みで申し訳ございませんでした。
こちらの趣旨を害するような書き込みでしたら、削除お願い致します。
失礼しました。
Posted by しー at 2007年07月16日 12:25
>パステルさん

こんにちは。(^^

何気ない夫婦の会話がないというのは、どこのモラ家庭にも共通する現象みたいですね。

うちでも、事務連絡が夫婦の会話でした。私が忙しくしている時に話しかけてきて、「せっかく夫婦の会話をしようって言ってんのに」というから仕方なく手を休めると、ン十万もする英会話教材を買いたい、という話でした。こういうのを夫婦の会話にカウントされて、それでこちらが満足するなんて思われてたのかってがっくりきたものです。

夫からなにか要求がある時だけなんですよね。話が成立するのは。非難は、改善して欲しいという要求ですけど、褒めるって、要求にならないですよね。だから話す意味がないんじゃないかと思います。

事務的な話も拒否って、すごいですね。
うちもそうかわらないかな。もう全部メールでやり取りしてますよ。同じ家に住んでいながら。行くとこまで行っちゃいました。(^^;



>しーさん

はじめまして。(^^

4ヶ月も読んで下さってるんですね。長いこと読んで下さってる方が初めて書き込んでくれるのって嬉しいです。

ご自身でモラハラ行為に気が付いて改善中とのこと、すばらしいと思います。たぶん、ここを読んで下さっている被害者側の人たちも、奥様を羨ましいと思うんではないでしょうか。もちろん私を筆頭に。(^^;

私も子供に対して加害行為をしている自覚があるので、改善の道のりが険しいだろうこと、お察しします。でも、奥様に全てを打ち明けて、自分の問題として専門家にかかることができるなら、きっと改善されると思います。もうすでに普通に生活できるようになってらっしゃるようですし。奥様が一番不安先を楽しみにしてるんじゃないでしょうか。奥様のために頑張って下さいね。(^^

つたないブログですけれども、しーさんの気付きにわずかでも力になれたこと、嬉しく思います。よろしければ、またコメントくださると嬉しいです。

私たち母子のために祈って下さってありがとうございます。(^^

しーさんも、奥様と力を合わせて乗り切って下さいね。応援しています。
Posted by 蝉ころん at 2007年07月16日 19:27
返信ありがとうございます。

蝉ころんさんのブログを読んで、凄く身につまされる思いになりました。私も妻に対してそういう態度であった事・・・妻の気持ち・・・。
軽々しく気持ちが分かるなんて言えないのですが、同じ様な状況の当事者であることもあり、私も蝉ころんさんの今後を応援しています。

自分のモラ体質を改善したいと思うのも、妻や子供に対してという部分でもあるんですが、その他の接する人たち(仕事関係や友達など)に対しても、以前のままではいけないと感じました。
今は妻に媚びて何とかやり直したいという思いでは無く、私自身にとって必要なことなんだと思って、家事や育児を出来る範囲で手伝い、お互いに会話する時間も持てるようになって来ました。

仕事でも以前は自分を強く見せるために、人に対してどこか上からものを言うようなところがあったかと思います。実際上司と部下でも、「これ!」と言って仕事を頼むだけではなく「忙しい所悪いけど、これやっといて」というだけでも受けた側の反応も違うような気がします。
自分本位の考えかもしれませんが、それによって良い関係を気付いたら、自分にとってもプラスなことなんですよね。そういう発想が前にはありませんでした。

蝉ころんさんとお子様が、少しでも納得できるような状況になることをお祈りしています。

また、書き込みさせて頂きます。
ありがとうございました。
Posted by しー at 2007年07月17日 12:45
同じですね。
夫は自分に関係あること以外は興味がありません。もっと言うならば自分にとって得になると思うことにしか興味が無いように思えます。

一応会話はあります。
わたしの話も聞きますが、それは自分が面白いと思ったことだけです。愚痴は絶対に聞きません。自分の愚痴は言い放題です。

冷蔵庫の件でもわかるように自分が話しかけて思うような応答が無いと怒ります。「ないがしろにした!」と」言います。

こちらからの事務的な話は一応聞いて「適当にやっといて。」で終わり。
自分の方からの場合は言ったら、夫の中ではそれでわたしが適当に処理することに決まって終わったことになってます。

最近はそれを利用して、わたしと子ども達に少しでも都合のいい方向へ持っていくよう努力してます(^^;

横レスですが・・・

しーさん

自分で問題に気付かれて改善しようとなさっている時点で半分以上解決しているように思えます。
性格を変えるのは大変だし、これからももう嫌になるような苦しいことが何度もあるだろうと思いますが、どうか頑張って下さい。
そんな風に奥様の苦しさや痛みを思いやることの出来るあなたは、絶対に優しい心をお持ちの方です。
わたしも応援しています。
Posted by 小麦 at 2007年07月17日 13:19
今回の記事。

私は現モラとの関係以前に元夫との関係性を如実に思い出しました…。

【無関心】って…シンドいですね〜。
個人・私であることは無意味ってメッセージを受け取るようなもの。

私が離婚を決めた一言も(それまでの10年の葛藤の日々に終わりを告げた一言) つまるところ私自身への無関心=自分の望む形での体裁だけ守れたらOK!的メッセージでした…。

カウンセラーには「今のお相手(モラ)と完全に決別できないのは 前の夫さんとの関係性におけるトラウマ故でしょうね…それだけ貴女は傷ついてたんですよ」

…なんて言われましたが イマイチまだ見詰めきれない部分でもあります。


とにもかくにも。
冷静に現状を捉え 着実に歩んでいらっしゃる蝉ころんさんの様子に敬意を表しますです!


Posted by 虫食い枯葉 at 2007年07月18日 03:07
こんばんは。お返事遅くなっちゃいました。ごめんなさいね。



>しーさん
こんばんは。(^^

もし本当に夫と感じ方が似てるんでしたら、まったく同じ言動をされてない限りここに書いてあることを自分のこととは思えないはずなので(例え話とか、微妙に違う家を例に挙げたりしても「状況が違う」と言われますから)よほど夫と似てらっしゃるんでしょうか。(^^;;;

それほど似ている方がここに書いてあることを受け入れられた、ということが驚きと同時に賞賛の嵐を送りたいです。(^^

 >妻に媚びて何とかやり直したい

以前の考え方、ということなんでしょうけど、妻の改善策に「歩み寄る」ことが「媚びる」と映るというところが本当に夫と似てるなあ・・・と感じました。そういう感じ方ではなくなってきているということ、心からよかったなあと思います。

一緒に考えて歩んでいこう、と思っている時に相手が自分に「媚び」てる、ってすごく悲しいんです。その場しのぎでいい、真剣に取り組むほどのことではないって言ってるようなものですし。夫はずっとこの態度のままでした。

 >「これ!」と言って仕事を頼むだけではなく「忙しい所悪いけど、これやっといて」というだけでも受けた側の反応も違うような気がします。

そう、そうなんです。言葉ってすごく大切なんですよね。「これ!」って言われると、そこに自分の姿が見えないんです。そこにあるのは、仕事だけ。それがうまく出来上がりさえすればそれでいいという、冷た〜い空気です。

そこに「忙しいと思うけど」をつけてくれると、自分の姿が見えるんです。言葉に自分の存在が見えるってことは、その人が自分の存在を認めてくれているってことになるんですよね。私なんかついつい「大丈夫ですよ〜」とか言いたくなっちゃう。(それはそれで良くないんですが(^^;;)

しーさんやしーさんの周りの方々の間に、そういう雰囲気が出来上がってきていると思うと、なんか嬉しいです。

またお話聞かせて下さいね。



>小麦さん

こんばんは〜。

やっぱりよく似てますね。自分と自分の欲求しか存在してないみたいな感じが。まわりの人間は全部脇役。

自分にとっては自分が主役、それでいいんでしょうけどね。でも、他の配役も必要で主役だけじゃ人生が成り立たないんなら、そこはやっぱり心を配る必要はあるわけですよね。

自分が主役で他は脇役という彼の中の役どころを、そのまま現実に持ち込んでくるのがすごいです。私には絶対に出来ない。(^^;

小麦さんには負けますけど、私もそれなりに策士なんですよ。モラと暮らすには必要な技術ですよね。この技術を夫のために使ってることさえあるから笑っちゃう。夫のために夫を欺くって?

不思議な世界ですよね。(^^;

しーさんもすごいですよね。自力で気付いたって言うのがもう、ほんと、奇跡かと。

一緒に応援しましょう〜。



>虫食い枯葉さん

こんばんは〜。

無関心はね〜ほんとに。存在を認識してないってことですからね。それを自分のプライベートの半分を占めている存在から受けるわけですから。そこにいる意味を自分で疑うようになっちゃいますよね。

夫が私と別れる決断というのは、その集大成でもあります。

「お前が俺のそばにいる意味はない」

このメッセージを最後に自分からぶつけたかった、そんな気がします。私からこのメッセージを受け取りたくなかったという裏返しでもあると思います。先に言ったもん勝ちな訳ですね。

今の問題を見つめるのってキツいですよね。というか、どっぷり浸かってるから難しいですね。私は過去の掘り出しの方が別人として(育った後の私として)も見ることができるのでまだ楽でした。今の私が過去の私の話を聞いてあげる感じかな。

今のことはなかなか。ときどき、うまいこと夫と私の間に透明なターゲット像みたいなのがはさまってくれることがあって(イメージ上で)、そういうときは、第三者的に見れますが。心に余裕がないと難しいですね。

枯葉さんは最近、自己肯定がいい感じですよね〜。嬉しいです。こうして他の方の回復を嬉しいと思える自分も嬉しいです。

着実に・・・と書いていただきましたけど、うん、私、ちゃんと歩けてるな、歩けてたなって思います。ときどき振り向いて、よくここまで這い上がった。えらいえらいって。

ふふ。へんですね〜。でもいいよね。褒めてもらえるのも嬉しくていいよね。うふふ。枯葉さんありがとう!(^-^
Posted by 蝉ころん at 2007年07月21日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。