2007年05月17日

受け入れる・諦める

私自身が子供に向けてしまう激情を分析するようになって、見えてきたこと。

「当たり前のこと」「みんなしていること」「常識だから」「当然」

こんな言葉で納得したつもりになっていたことが、すべて子供たちに向いているということ。

これらの言葉は、自分自身だけで完結できる説明にはなっていないということです。平等だと思うからこそ我慢しているだけで、その平等が幻だったと気付いたとたん、溢れ出すんだと。

私と同じようにモラハラの被害に遭っている人が、過去にも同じようないじめ体験を持っていて、生育環境もむしろ私より過酷で、それでもご自身は加害者にはなっていない、という方がたくさんいらっしゃいます。なぜ私は加害者側にも身を置いているんだろうという疑問がずっとありました。

加害者側にいってしまう人と、いかないでいられる人との違い・・・。

この、押し付けられた役割への納得の仕方に一つ、ヒントがあるかもしれないと思っています。

私はずっと、みんなしていることだから、いずれ私にも順番が回ってくるから、ということで、ただ我慢をしていました。諦めていなかったんです。ずっと不満を持っています。でもみんな我慢をしているんだから、私も我慢をしようと。それだけでした。

加害者になってしまう人は、この不満を持っている人だと思うんです。本当は嫌だけど、「当然のこと」だからやってやってる、という。だから、「当然のことじゃない」人がいると、怒りが向くんじゃないでしょうか。「当然のこと」だからお前も従うべきだと。ずっと信じて従ってきたことは「当然のこと」であり続けてくれないと許せないんです。

加害者側にいかない人は、なんとなく、「当然のこと」という納得の仕方をしていない気がします。みんながそうだから、ではなく、「私はそういう人」という風に思っている感じがするんです。自分の特性として、受け入れている、だから、周りの人と違っても、いつでも「私はそういう人」で矛盾が出てこないから、怒りも出てこないのかな、と。

兄弟と扱いに大きな差があるとして、それにたいして「長女だからこんなもの」と思っているのと、「私はこういう役割」と思っているのでは、かなり違うと思うんです。同じ長女なのになんであの子はいいの?なんて怒りが出るか出ないか。

私の家はモラハラ家庭でしたけど、そのことに関しては、他の幸せな家庭に育った人たちに対して腹が立つなんてことはありません。自分の家が異常だという自覚はあったし、「うちはこういう家庭」として納得していたからです。「みんなこんなもの」とは思っていなかったから。だから、仕方ないって、諦められていたんです。うらやましい気持ちはありましたけど、それは諦めているからこそ出てくる自然な感情ですよね。

どうでしょうね。

自分がはめ込まれた役割に対して、自分が受けられなかった愛情に対して、本当に受け入れられているのか、本当に諦められているのか。

そんなところに、分岐点があるような気がします。



私も過去の記憶を一つ一つ発掘して、丁寧に一つずつ受け入れて、諦めていくことができたら、子供に向ける激情も減っていくのかもしれません。
posted by 蝉ころん at 11:10| Comment(5) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。久しぶりにコメントします。
ずっと気にかかってたんですけど、蝉ころんさんはよくご自分のことを「加害者」的な言い方されます。

人を傷つけたり、責めたりすることって誰でもあると思うんですが、モラハラ加害に限っていうと、これってすごく特殊な加害だと思うのです。

ひとつは加害者に自覚がないこと。これは、自分で気付かない、という一般的なレベルではなくて、むしろ
親しみや好意のように、当人にしたら身近な人間に「あたりまえ」のことをしている、という感覚でしょう?

だから、モラハラ加害者になろうったって、一般の人にはなかなかなれない。「自覚なく」「悪意なく」それができるってある意味特殊な能力だと悟りました。

自覚や意図があれば、もうそれはモラハラ加害ではない・・と私はモラをそう定義してます(エラそう・・^_^;)

蝉ころんさんの最近の自己内省・・ますます研ぎ澄まされて来てる気がします。

モラ加害者からはますます遠い・・。
そんなふうに感じてました。

Posted by なつ草 at 2007年05月17日 23:58
子供に激情が向く事ですが。

怒りやらなんやら以外に、鬱とかでも抑えきれない感情が湧いてきますよ。

私も過去に2度ほど息子と娘に酷い言葉を投げつけた事があります。

「どっか行け!」
「あんたなんか知らん!」
「こんな子もう要らん!」

絶対に言ってはいけない言葉です。

1度目はひたすら謝りました。
「ママね、心が疲れてて、思っていない事を言ってしまった。
 お医者さんに行ってくるね。
 ごめんね。」

2度目も・・・ひたすら正直に気持ちを言って謝罪しました。

あの言葉が私の口から出た時の激情は抑えきれない怒りの爆発でした。
これは・・・分かりませんが、精神面のストレスがなくなるか、落ち着けば爆発は無くなるかも知れませんよ。
Posted by ミー at 2007年05月18日 08:48
>なつ草さん

こんにちは。(^^

確かに最近自分の加害者的側面ばかり取り上げてます。気が付くようになったら、どんどん見えてくるもので、書いておこう、書いておこう、という感じで書いています。

やっぱり私はモラハラ加害者なんですよ。「あたりまえ」と思ってやってますから。「自覚」も「悪意」もないんです。後で気付くようにはなりましたけど、まだそういう思考はあります。残念ながら、気付いたら即解決とはいかないです。

自分を責めているように見えるでしょうか。

うまく書けないんですけど、私は、こんな自分を受け入れられていると思うんです。モラハラ行為につながってしまっているのは残念だし、なんとかしたいと思ってますけど、私がこうなったことも、私が過去に頑張った結果なんだってことを、わかってあげたいんです。

当然なことなんかじゃなくて、本当は辛いことだったんだって、感情を出すことができたら、ほどけてくる・・・そう信じています。

怖いです。こんな自分を認めるのって。それが一番怖いです。でもここでなら、みなさんが支えてくれるので、認めることができるし、表に出せるんです。ここがなければ、私はずっと自覚のない加害者のままでした。

安心して自己内省できる場所があって、私は幸せ者だなあと思います。(^^



>ミーさん

こんにちは。ミーさんも大変な時期なのに、こういう記事に付き合ってもらっちゃって・・・いつも心配かけます。(^^;

 >「どっか行け!」
 >「あんたなんか知らん!」

疲れてる時なんかは、確かにそういうときあります。私も言ったことあります。ストレスがかかってるとブレーキが弱くなるんですね。

そこが私にとってネックなんです。

私は夫と離れたらストレスが減る、って自信がないんですよ。離れて、働いて、子供育てて、全部自分の責任・・・ってなったら、背負いきれる自信がないんです。絶対ストレスでパンパンになるって。

ストレスがかかっていてもなんとかなるって、そう思えるようになるのが目標です。

ここまで書いて、なんとかなるって思えるようになればストレスもあまり感じないようになれる気がしました。

卵が先か鶏が先か・・・みたいな話になっちゃいましたね。(^^;
Posted by 蝉ころん at 2007年05月18日 12:50
なるほど・・・よくわかりました。

>加害者側にいってしまう人と、いかないでいられる人との違い・・・。

夫のことを考えていたときは、これも疑問でした。

今、蝉ころんさんのように、自分でそれに気付くことの出来る人と、いくらそばからいわれても、自分が加害者であることを理解できない人との違いはなんなんだろう・・と。

この違いって、決定的だと思うのですけどね。

仮性モラ 真性モラってあるような気がします。

加害の小ささ大きさではなくてね。

Posted by なつ草 at 2007年05月18日 16:33
>なつ草さん

遅くなってごめんなさい。(^^;

今、私が加害者にいくかいかないかの違いを考えるのは、私が加害者だと気付いたからで、加害者から抜け出すためのヒントを探しているからです。

加害者だと気付くか気付かないか・・・難しいですね。でも、加害者側にいる人たちは、実はみんな薄々自分がやっていることをわかっているような気がします。条件反射でその思考は閉じられますから、気付きにはいたらないんですが。

自分が加害者だと認めることと、自分が今のまま誰かを傷つけ続けることと、どちらの方が怖いか・・・そんなところかもしれません。

あまりにも完璧な自己イメージを持っている人は、それを手放したら生きていけないほどのダメージを負ってしまうのかもしれません。それが怖くて自分が加害者であることを受け入れられないんじゃないでしょうか。

なつ草さんの旦那さんにはこの恐怖がかなり大きいように感じましたがどうでしょうか?

私は幸い、自己イメージは夫に叩き潰されてましたし・・・それに、ここに受け入れてくれる人がいる安心感もありました。

気付きやすさの程度の差、ということなのかな、と感じています。加害の大小は、関係なさそうですね。
Posted by 蝉ころん at 2007年05月22日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。