2007年04月18日

チャイルド出現

子供と衝突しました。というか私の爆発の方が大きいんですが・・・。

どうも、私の頭の中で子供たちどちらかと予定している計画を、もう片方が独断で行動したことでおじゃんにされると無性に腹が立つんです。

いっぺんにスイッチが入ります。

以前から、友人関係なんかでも感じてはいたことなんですが、どうも私は1対1の関係にものすごくこだわっているようで、それが誰とのことでも、間に入ってくる3人目に怒りを感じるらしいです。

1対1の関係って言ったら、やっぱり母親との関係・・・。私、そんなにも兄や父に母を奪われていたってことなのか??と考えていったら、またもや涙がボロボロと出てきました。

やっぱりそういうことみたいです。

こういう状況で私が恨みを持っているのは兄と父。そして、それを許し続けた母。私が不満を持っていないものと決めつけて、私に重荷を押し付けた母。私は物心ついた時には既にそういう役回りでした。



そんなに悲しかったんだね。悲しいこともわかってもらえてなかったんだよね。わかってほしかった。でもお母さんは家を平穏に保つのに必死だったね。どうせあの父がいたら平穏になんかなるわけがないのに。お父さんのために言うことを聞かされた場面がたくさんあったね。

私の誕生日のはずなのに、お父さんがその気になったらいつでもぶち壊しだった。そして、ぶちこわしたお父さんに合わさせられた。お父さんなんか放っといて私を見て欲しかったよね。

お兄ちゃんはいつも新しいことを真っ先にさせてもらえた。褒められていたね。よくできるって。でも私には絶対にさせてもらえなかったね。「お兄ちゃんの年になったらね。」いつもそういって、私がその年になった頃にはすっかり忘れ去られてた。そして、私には順番は回ってこなかった。私はね、お兄ちゃんがしてたその時に、私も出来ることを見せたかったよ。私だって褒められたかったよ。出来るんだ、すごいねって言って欲しかった。

お母さんもお父さんも、すごいねって思ってたんだって。この子はこんなにちっちゃいのにこんなにできるって。でも言わないようにしていたんだって。お兄ちゃんの兄としてのプライドを守るために。私のプライドは?私だってできることを褒めて欲しかったよね。言ってくれなきゃわからなかったよね。

いつでもお兄ちゃんは私が取り組んでいることを横からかっさらっていったね。そして私が返してっていっても最後までやっちゃうまで返してくれなかった。お母さんは、なんだって「お兄ちゃんが先」だった。なんで私には全部種明かしが終わってからしか回ってこないの?誰も注目しなくなってからしか回ってこないの?私だってみんなに注目されて格好いいところ見て欲しかった。

お兄ちゃんのおまけは嫌だったよ。言うことを聞かされるだけの役は嫌だったよ。私を私として見て欲しかった。私にも活躍の場を与えて欲しかった。お母さんに見ていて欲しかったよ。お父さんなんか捨てて欲しかった。



久しぶりにボロボロ出てきました。いっぱい涙でちゃった。

やっぱり強く恨みを持っているのは母に対してみたいです。理不尽な行動する父や兄よりも、それを受け入れることを私に求めてきた母に対して。父や兄は無邪気に好き勝手してるだけなんです。受け入れたくなければ受け入れなくてよかった。でもそれで振り回されている母は、より動かしやすい私に言うことを聞かせて、その場を保つのに利用していました。

私も兄も、そして母も、家庭のための道具でした。ばかみたい。うん。ばかみたいって、思ってました。子供の時から。なんのためにこんなことしてんだろって。

私はずーーーーっと母に私を見て欲しかったんですね。子供が出来てから、孫にはすごくいい顔をしている母。もちろん本心からなんですけど、私はずっと複雑でした。焼きもち焼いてたんですね私。母に対しても子供に対しても両方。

「私の時にはそんなに私を見てくれなかったくせに」ってのと、「私の子供たちなのに」ってのとある気がします。お母さんをとらないでよ。子供をとらないでよ。って。

私は子供に対して、やっと手に入れた私を私として見てくれる存在として、母に対しての思いをぶつけているんですね。子供を親にしている状態ですよね、これって。

なんとかしたいなあ。

んーーー。なんかまとまりませんけど、とりあえずこんなところで。
posted by 蝉ころん at 19:29| Comment(4) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちい蝉ちゃんを出してあげてよかったですね。

私もときどきまだちい草がむずかるときがあります。

昔、父親に殴られて、自分は父親を恨んでいると思っていたけれど、当時の記憶でも、悲しいと感じたのは母親に対してだった、とはっきりしています。
「なんでかばってくれなかった、なんで父親の間違いに抗議のひとつもしてくれなかった」って。

それにつけても、娘のことが、その点で気がかりです。
モラ父のいる家庭で、子供は、見限らざるを得ない父を憎むより、
「なんでこんな父と離れてくれなかった」って、
まともな方の母に期待をかけて、そして失望して育ったんではないかと思ったりするのです。

もう遅いですけどね。
今ではきっと「ちゃんと理性的に距離保ってよね」と
母に望んでるでしょう。

蝉ころんさんのところは、まだ子供さん幼いですから
、今のうちに気付いてよかったです。
どう進まれようとも、ウチの轍を踏むことはないはずですので。
Posted by なつ草 at 2007年04月19日 00:34
子どもの頃、悲しい思いをいっぱいいっぱいしたんですね。それをずっとずっと我慢させられてきたんですね。少しずつ吐き出せたらいいですね。

わたしの母は、子ども達が小さな頃に上等なお菓子を食べさせたり、本やおもちゃを買ってやったりしながら「あなたが小さい頃、こんなふうにしたかった。こんなふうに好きなものを食べさせたり、欲しいものを買ってあげたりしたかった。」とよく呟いていました。
今お母様は、昔の蝉ころんさんにしてあげたかったことをしているんじゃないかな・・・とちょっと思いました。
本当は蝉ころんさんにしてあげたいけど、大人にそんなことは出来ないと思っているから。

私事ですが、最近、母はわたしを小さな子どものように扱います。お小遣いを渡してみたり、特大パフェを食べに連れて行ったり、他愛もないことですが、今になって『やり直し』をしてるんだなぁ・・と思っています。
・・・念のため、呆けて子ども返りしているわけじゃないですよ。どっちかというとわたしに甘えてる感が強いです(笑)

50近いおばさんに「アイスもうひとつ食べる? もっと食べてもいいのよ♪ 今度は苺はどう?」なんて傍から見たら笑えるでしょうね(^▽^)
Posted by 小麦 at 2007年04月19日 09:05
>なつ草さん

私、親ってのは自分の中で平等なものだと思ってました。でも違うみたいなんですよね。

私は母を完全に自分の味方であるべき存在として見ていたんだなって。自分につながっている存在として。

父のことは、もっとクールに見ていました。別にいなくなってもいい存在なんです。ただ生活に必要だから仕方ないって感じでした。

父がそんな人だからそうなったんじゃないんですよ。母がそれだけ特別な存在だったんですね。それなのに母が私のそばにいなかったから、そこにものすごい恨みを持ってるんです。「あんたは私ののはずだろ!」ってね。言葉悪いですね。すみません。

私、自分のこと色々書いてますけど、書けば書くほど子供とのことは怖いです。やってるんですよ私。あーこれ同じことじゃん!って、ほんと、自己嫌悪に落ち込みそうです。逃げたいです。自分から。

だからって押し込めたらひどくなる。子供に押し付けてしまう。そのうち発覚する。だから見る。受け入れる。

子供たちが私の鏡をしてくれているから、立ち向かえるんですよね。

こんな母親で、なんとか子供たちなりに育ってくれたらいいんですけど。
Posted by 蝉ころん at 2007年04月19日 09:22
>小麦さん

なんかニアミスしてますね。みんなが学校に行って一息、という時間ですね。(^^

うちの母、「子供をかわいがりたい」という欲求がものすごく強いみたいです。でも、私たち兄妹に対しては、「こうあるべき」という育て方に縛られていて、かわいがるよりもしつけにばかり向いていたらしいんです。今でも縛られています。

ああ、今これ書いててやっとわかりました。本当は私たちに向けたかったんですね。母も満たされていないんですね。本当は、自分の子供に向けたかったものを、他人の子供や孫に向けているだけ・・・。私はそれを見ているのが辛かったけど。

やっと母を理解できた気がします。ありがとう。

かわいがってよかったのにね。おばかさんですね、母は。今からでもかわいがっていいよって言ってみようかしら。ぷぷ。結構微笑ましいですよね。
Posted by 蝉ころん at 2007年04月19日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。