2007年03月29日

鏡としての夫

お久しぶりです。

3月に入ってからの寒気で、子供たちが調子を崩したのからはじまって、私にも移ったり子供が別の病気をもらってきたり・・・で、2週間ほど看病ウィークになってしまいました。

今は、子供たちの体調もだいぶ戻って、やっと通常生活が復活したかんじです。

おつかれさま、私。頑張った、子供たち。そして変に自己主張せず、かき回さないでいてくれた夫、それだけでかなり助かった。一触即発ぎみな場面はあったけれどもお互いよく堪えた。

では今日の記事を。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前にも書きましたが、私と夫はよく似ています。

趣味から、ものの考え方にも、かなり似た点があります。生育環境から来るものだろうと今では思っています。

これだけ似ていると、夫の目につく悪い面も、やっぱり私も持っている、ということが多々あります。ここで夫のことを分析しながら、いつも平行して考えているのは私のことです。

夫婦間の間のことに限って言えば、私が夫にされて嫌なことを私が夫にしている場合、私がしている行動と、夫の行為とは別のものだと思っています。

私からの行為には、夫がこうするなら、私もそうしていいんだろう、という、「郷に入りては豪に従え」的な、悪気なくするパターンもあれば、報復や見せしめ、という形で、夫に自分の行為を理解してもらいたいという気持ちが入っている、良くないことと知りながらの時があります。どちらにしても、私は「意識して」やっているということです。

これに対して、夫は「無意識に」こうした行動をとっています。ここが決定的に違うところです。

だから、この点に関して、似ているけれどもやっぱり違う、と思うようになっていました。

でも最近、夫の行為を、この辺りから夫の問題を押し付けられているな・・・とか、あ、またなにか自分で解決できないものが溜まってきているな・・・そろそろぶつけられるな・・・とか、分析できるようになってきて、私の問題とかぶっている、ということに気付いてきました。

いや、本当はとっくに気付いていたのかもしれません。自分で認めたくなかっただけで。

私は、子供たちに夫と同じようなことをしているのです。

つまり、夫と私が支配被支配の関係で、私も、私と子供を支配被支配の関係にしている、ということです。

夫婦関係だけを見ていたら見えなかった私と夫の類似点は、子供まで含めたところでやっと見えてきました。

私は、子供との関係でうまくいかないとき、私自身の問題を子供にぶつけてしまっているんだと思います。でも、自分のことだと、渦中に入ってしまっている時はなかなか見えてこないし、切り抜けたあとに振り返る、ということもあまりできません。

それが、夫の問題を分析するようになって、自分の問題も同じように分析することができるようになってきたんです。これは予想していなかった効果でした。



夫の問題を突き詰めていくと、私自身の問題に突き当たります。夫は、私の鏡なのです。

もう少し、夫を手放さないでいるのも私のためになる面もありそうだ・・・なんて考えたりもするこのごろです。

また傷つけられることが増えればそう悠長なことも言ってられなくなるでしょうけど。
posted by 蝉ころん at 14:18| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝉ころんさんのように
「自分はモラ夫と似ている」と言い切るって勇気いるんじゃないかな?勇気というか、理性?

どこかでそう思っていても「やだやだ!」って感情が先に押し寄せるでしょう?

そのへんが自分観察が冷静でえらいなぁと思います。

私は似てるって感じたことなかったなぁ・・・

モラ部分を度外視して、単に「性格」だけ言っても正反対のところばかりに目がいきます。

どこかで「似てる」部分があったからひっかかったのかも、ですよね。ちょっと落ち着いて考えよう。


>夫の問題を分析するようになって、自分の問題も同じように分析することができるようになってきたんです。これは予想していなかった効果でした。

この視点、頭に入れておこう・・。


Posted by なつ草 at 2007年03月30日 16:41
>なつ草さん

こういう、自分の加害者の面を書く時は、やっぱり勇気がいりますね。今回の記事も、なかなか筆が進みませんでした。それだけ核心に近づいたからじゃないかと思っています。

なつ草さんに認めてもらって、ホッとしました。ありがとうございます。

夫が子供にモラ行為をほとんどしないのは、私に対するだけで欲求が満たされているから。そして、私が、子供へのモラ行為を抑えていられるのは、夫と言うスケープゴートがいるから・・・らしいです。

直接夫への行動はとらなくても、頭の中でなにもかもを夫のせいにしていることで、子供へのイライラを逃がすことができている、そんな状態のようなんです。

私自身の問題を解決せずに全てを夫のせいにして家を出てしまったら、私の問題が子供へ向かうのは避けられない。そして、その行為を押さえ込むことに失敗したら、そのうち行為を正当化しだすところまで予測がつきます。本当のモラになってしまいます。

モラ的な思考をする自分を認めてでも、モラ行為をしない自分になりたいです。

 >この視点、頭に入れておこう・・。

なつ草さんの場合に通用するかどうかはかなり疑問ですが・・・。私たち夫婦は、本当に良く似ていて、ただパワーバランスで負けた方、正当化に自信が持てなかった方が支配されたにすぎないと思っているので。おかげで自分の問題に気付けたので、支配する側にまわらずにすんでよかったと今は思ってます。
Posted by 蝉ころん at 2007年03月30日 22:30
自分にもモラの要素があると考えることは、本当に勇気のいることですよ。特にこんなにモラの被害を受けている場合には(^^)・・・とわたしは思います。

でも被害を受けているために、中で処理しきれなかった部分が外へ流れ出ていることもあると思いますよ。それが「意識して行っている」の部分になっているんじゃないでしょうか。
あくまでもわたしの感想ですが。

わたしは、(今でもそうですが)夫につけこまれないために子ども達の行動を制御しようとしてるところが多々あります。
特に小さい頃はそうでした。
夫が帰る頃に散らかされたり、ぐずられたりすると猛烈に腹が立ったものです。

そうでなくても腹は立ちますが、夫に何を言われるかと思うとパニックに近い状態でした。思わず殴ってしまったこともあります。酷い母親でした。(今でもかな?)

「気付くこと」・・・いつでもこれが一番大切なことですね。気付けば修正することが出来ます(^o^)
Posted by 小麦 at 2007年04月03日 14:14
>小麦さんへ

お返事遅くなってすみません。

私も、夫が帰ってくる頃に部屋が散らかっていること、家事が出来ていないことを極端に怖れています。かなり夫の呪縛から離れることができていると自認している今もです。

私は、自分が出来ていないことを夫に目撃されることが怖いんです。証人を作ってしまうのが怖いんです。私が本当に怖れているのは、夫ではなく、夫の背後にある夫の母、さらには、社会です。私は、自分が出来の悪い人間であることを社会から隠していて、その発覚を怖れているんです。

このままいけば近い将来、私の本性の目撃者となる子供たちを容認できないようになるかもしれません。以前、上の子にしていたように。

モラ行為は、自分を守るために罪の意識を擦り付ける行為です。私は、子供にそれをする素養を十分に持っているんです。子供に私のだらしない生活のつけを自己責任として押し付けるモラ母となるのか、母親失格の烙印を受け入れるのか。

虐待母と見られるより、失格母の方がまだましだから、だらしない母親の認定を受け入れるに過ぎない、そんな心の動きが確かにあるんです。

気付くことは第一歩ですね。この私の心の動き、軽んじることもなく、重く見すぎることもなく、私の心の癖として、うまく付き合っていく道を探します。
Posted by 蝉ころん at 2007年04月06日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。