2007年02月02日

ちょっと整理

どうも忘れっぽいです。

忘れっぽいのも、昔に獲得した能力だろうと思います。だって、昨日いじめられたことを覚えていたら、学校に行けなかった。昨日待ち伏せされていたことを覚えていたら、学校を出られなかった。だからいつも、何かある直前ギリギリまで出来事を忘れていて、いざ、同じ場面に出くわした瞬間にバアッと思い出す、そんな状態でなんとか乗り切ってきたと思います。

私が直前にならないとやる気が出ないのとか、事前準備が下手なのもこれが影響しているのかなあ。

ということで今の堂々巡りの状況を書き記しておこうと思います。



1・私はやっぱり夫とは暮らしたくない、暮らせない
  ↓
2・別れるなら、子供はどうなる?今のままでは養えない
  ↓
3・仕事を手に入れてから別れたい
  ↓
4・それまで一緒にいなければならない
  ↓
5・一緒にいるストレスを少しでも感じないために、改善の努力をする
  ↓
6・夫への理解が深まり、同情が湧く
  ↓
7・なんとなく楽に過ごせるような気がする
  ↓
8・子供のためにもこのまま過ごすべきか?
  ↓
9・夫の行動が変化し、ストレス増大
  ↓
(1・に戻る)



この思考サイクル、生活サイクルをず〜〜っと、続けてここまで来た気がします。これ書いて、DVのサイクルを受ける側の心理に置き換えた感じになるのかなと思いました。

で、私の特性の忘れることが絡むと、段階を進むごとに、3つくらい前の段階のことは感覚を忘れ去ります。すると、「絶対もう、何が何でも別れたい!」から「共存できてるんじゃないの?」と極端から極端へと揺れ動いてしまうんです。

忘れたからこそここまで生活を続けてしまったし、忘れるからこそ次にくるダメージが増大してしまう。しかも私が平然と生活しているのを見て不可解なものを感じて余計に攻撃してくる、という悪循環です。

長く続ければ続けるほど私のダメージが蓄積するのは必至。

忘れてしまうという行き癖は、たぶんそう簡単には治らない。だから、書いておくことで少しでもそのときの段階を確認できないかな?という試みです。

どこかに書き出しておこうかな?
posted by 蝉ころん at 15:51| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。