2007年01月17日

最近の夫

前回の記事を書いてから、体調を崩しています。

といっても、そんなに深刻なわけでなく、なんとなくだるい、咳が出る、という程度なんですが、いつもに増してやる気が出ず、頭も回らず、だらだらと日常をまわすだけ、という日々を続けています。

年末年始の疲れが出たんだな、っと思ってます。

年明け早々の心療内科受診以来、夫は私を責める姿勢なしに進んで家事をするようになりました。進んで、というより、勝手に、と言った方が正しいかもしれません。「うつには休むことが大事だけど子持ちの主婦は休めない、見守ること」という医師の話から、今度は「何もさせない」くらいの勢いで家事をします。休日だけですけど。

それだけならともかく、家の中がどんどん夫仕様に変わっていきます。すっかり「家事は俺流で」ということになってしまいそうで嫌な感じです。

世間に言わせれば、そんな協力的な旦那様になにを贅沢を言っているのか、と言われそうですが・・・やっぱり「私のやり方を認めない」という気質が変わっているわけではないので、こちらにとっては嫌なんです。

今は私が「病気だから」夫が家事をするべき、だからやっている。それだけのことなんです。そこに思いやりがあるわけではない。

その証拠に、何一つ私に聞いては来ません。何がどこにあるかわからないとか、これはどこにしまうのかとか、普段していない人が手を付けるなら、当然している人に聞かないとわからないこともあるはずだし、私が管理しているということを尊重しているなら、聞いてこないとおかしい部分もあるんですが、なにも聞かずにいつのまにか家事を進めています。

結果、子供が大切に着ていたモヘアのセーターを乾燥機にかけてしまったり、私のものと子供のものが混ぜこぜとか、普段使いのものが屋根裏にしまい込まれているとか・・・。

プライドなんでしょうねきっと。「聞かなくても出来る」っていう・・・。以前、会社で新人のことを、「わからないなら聞けばいいのに!聞かずに勝手なことするからすっごい困る」なんて言ってた同じ人だとは思えません。そして、私がこれは縮むから・・・とか、これは今使ってるから出しておいて・・・などと言うと、「そんなこと言ってくれなきゃわからない」と言い訳。逆ギレにならなかっただけ進歩ですけど、それは「病人」相手だからなだけで。

これだから手を出して欲しくないんですよね・・・余計にややこしくなるから。だから手を出されないように全部抱え込んで自分一人でやっているうちに限界を超えちゃったんだなあ。

それにしてもやっぱり子供。幼稚園児くらい?せんせいがお母さんのお手伝いしなさいって言ってたからお手伝いする!何も言われなくても自分で出来る!でも失敗したらお母さんのせい!みたいな。

まったく変わってない・・・。

しかも、この年末年始にわりとマシに過ごせたのは、夫が私の状態に理解を得たから、だけではなくて、「おねだり」状態のご機嫌取りが混じっていました。むしろこっちの方が強いと思っています。

新しいゲーム機と、パソコン。二つとも何の相談もなく、突然家にやってきました。パソコンなんかは、去年秋に買ったばかりのものを下取りに出してのものでした。家事を片付けるだけ片付けて、私の機嫌を見計らって、嬉しそうに出してきました。

そういえば、秋にパソコン買ったときも機嫌が良かった。このパソコンと引き換えに私が仕事に行く話を受け入れたようなものでした。今では私の病状を理由にこの就職話も棚上げ状態ですが(棚上げできる口実が出来てさぞ嬉しいだろう・・・)。

夫は、まず私の求めるものを受け入れてから、自分がすでに買ったものを見せる、話す、ということをします。交換条件があるからこその気前の良さ。今回の年末年始がマシだったのも、心療内科のおかげではなく、これだけのことかもしれません。来週、来月くらいにはいつもの夫に戻っているんでしょう。



そろそろ体調もマシになってきたし、家事も、夫にかき混ぜられてだいぶ調子が狂ったけど、それなりにペースを取り戻してきました。他の色々も、またゆっくり進めていきたいです。
posted by 蝉ころん at 11:21| Comment(6) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

<「私のやり方を認めない」という気質
そうなんです。モラ夫には私の気持ちを尊重するとう気持ちはないんです。
そう分かっていても、いつも悲しい思いを繰りかえしてしまう。

蝉ころんさん、お体いたわってください。誰が何と言おうといつも見守っています。
Posted by おのう at 2007年01月17日 13:36
>おのうさん

モラって人の気持ちは尊重できないんですよね。わからないわけじゃなくて、見えてるらしいんだけど、自分との関わりが理解できないのかなんなのか・・・。

そんな性質をわかっていても、普通の人のように振る舞われると錯覚しちゃうんですよね。それで傷ついちゃう。だからって普通の感覚は捨てたくないし・・・。やっぱり共存は辛い道ですね。

見守ってくださってありがとうございます。包まれるような安心感をもらってます。

こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね。
Posted by 蝉ころん at 2007年01月17日 20:17
>世間に言わせれば、そんな協力的な旦那様になにを贅沢を言っているのか

これはぜーったい言わないひとりですから世間とはずれてるなつ草です。笑

>私が「病気だから」夫が家事をするべき、だからやっている。それだけのことなんです。そこに思いやりがあるわけではない。

わかります。わかります。
ついでに、これも「世間」に言わせれば
そんなふうに言われたらダンナさん立つ瀬ないじゃないか、となるんだろうこともわかります。

でも、そんな夫、いるんですってば。約一名、どころか何名も・・・か。

世間的に「優しい」といわれる行動も、世間的に言っても「酷い」と言える行動も、もうどちらもモラの妻たちにとっては苦痛以外の何物でもないですよね。

すべて心がかみ合わないんだから・・。

だったら妙に優しい行動で、こちらの心を乱さないで欲しいって思ってしまいますよね。

夫が何をしていても、ただ遠巻きに眺めている、くらいの気持ちでいないとやっていけないようです。共存って。
Posted by なつ草 at 2007年01月17日 22:01
>なつ草さん

いやいや、モラハラ被害者の方達は絶対言わないセリフであることは、私も重々承知の助で。(^^

私たちの感覚って、すでに世間からズレてますよね・・・悲しいこと?いやいや、違う世界を知っているだけのことですね。

 >すべて心がかみ合わないんだから・・。

結局これに尽きるんですよね・・・。

夫側から見てもきっと、「夫の求めるものを達成してくれない」という意味では、私と同じように私に対して不満を持っているんですよね。

こちらが状況を受け入れてしまうのに対して、夫は絶対に受け入れません。今回だって一見、できないようになった私を受け入れているように見えますが、それは「病気だから」であって、私の精神が回復したら、また同じことになるのは目に見えてます。

モラって、諦めが悪いんですね。私も人のことは言えないけど・・・。

お互い直接の関係では達観したつもりでも、子供が絡むと話がややこしくなって困りますね。
Posted by 蝉ころん at 2007年01月18日 16:25
体調、いかがですか。
伺うたびに『夫のやること、似てるな〜。』と変に安心してしまうわたしです。

今、わたしは子ども達を巻き込んでしまっていることに悩んではいますが、その反面『この子達も夫の言動はおかしいと思ってる。』と安心することともあります。

世間からずれてるのはむこうで、わたし達は正常なんだと・・・。
昨夜、娘とそう確認しあって笑ってしまいました。でも悲しいことですね。
Posted by 小麦 at 2007年01月23日 09:32
>小麦さん

体調はだいぶ良くなりました。ご心配おかけしました。(^^

少し日常のことをするようになったら、今度はこちらにあまり手が付けられなくて。まだまだ精神的には余裕がないみたいです。勢いがないです。


うちの上の子も、最近夫のことは遊び友達程度に扱っているような気がします。「この人の周りにいるとなにか面白い体験が出来る」という存在のような・・・。夫が物やイベントで子供を釣っているからこその扱いだと思います。

今は同レベルで遊べるから子供もお父さん好きですが、もう少し大きくなったら、夫も少しは成長しないと見捨てられそうな、ただの「お小遣いのもと」に格下げされそうな予感大です。

夫は娘に嫌われたくないからとおしゃれを始めましたが、本質はそんなことじゃないのにね。なんだか悲しいですね。
Posted by 蝉ころん at 2007年01月24日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。