2007年01月08日

負けず嫌い?

夫も子供もいないので、久しぶりにお風呂でのんびりしました。

いつもはそうでもないんですけど、この休みは異様にお風呂好きになっていた私です。温泉とかでゆったりしたい・・・。たぶん、緊張してるからです。夫と過ごした、ただそれだけのことで体中が疲れてるのがわかります。ああ、いつもこんなに疲れてたんだなあ・・・のんびりしたくなって当たり前だなあ。夫とのんびりしてるつもりでもなぜか疲れが取れなかったのは、どんどん疲れがたまっていってたからなんだなあ・・・としみじみ。

さて、お湯につかってちょっとすっきりしたので、正月に考えたことを書き留めておきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夫と生活していて、たびたび言われたこと。

「お前は勝ち負けにこだわりすぎる」

これ、夫の投影でもあるんですが、夫からそう思われる何かが私にも確かにあるんです。夫が上手なことを、一所懸命練習するとか、勝負ごとで、負けたらくやしそうにするとか。

でも、私自身に勝負にこだわっている意識はまったくないんです。そりゃ、ずっと負け続けだとたまには勝ちたいな、くらいは思います。でも、一度勝ったらあとは10ぺん負けてもいい。

勝つことにこだわっているわけではないんです。むしろ、勝ち続けないことを祈っているようなところがあります。バカにしていると思われるから手は抜けない、でも勝ちたくない。どうか勝ってくれ、と思いながら勝負している・・・そんな面があります。


なんだろうこれ?と、ここ2ヶ月ほど考えていたテーマでした。


この正月、またこのテーマについて考えていたとき、ふと、夫は負けず嫌いなわりに練習嫌いだよなあ・・・私は練習好きだけど・・・むしろ本番が嫌いだなあ・・・なんて考えて、ピンと来ました。

私は、同レベルでいたいんです。

小学生の頃や、兄との遊びの中で、私だけレベルが劣っていることが原因で仲間に入れてもらえない、仲間に入れてもらえても邪魔者扱いされることがしばしばありました。だから、私は、邪魔者にならないでいられるよう、同じレベルの仲間として、戦力に数えてもらえるように、勝負の相手として楽しんでもらえて、仲間として受け入れてもらえるように、自分の能力を上げることに力を注いでいたんです。

実際は、いつも私が上手になった頃には流行りの遊びが変わっていて、私の練習は実を結びませんでしたが。

そして、私は本番が嫌いです。失敗して仲間からブーイングされることを極端に怖れるからです。一度失敗したら次のチャンスはありません。

私はだから、いつでも、新しいものがやってくると、やっきになって練習するんです。人並み以上に出来るようになって、誰とでもそれなりに楽しく遊べるように。みんなの足を引っ張って雰囲気を崩さないように。無難に平和に同じ時間が過ごせるように。

夫が私の中に見る「負けず嫌い」は私にとっては「協調性」の成れの果てのものでした。



この正月に、家族で遊ぶ機会が多く、そこで子供や夫があまり練習したがらないのに私だけなぜか練習が好きで、これはひょっとしてあまり普通でないことなのかしら?という疑問が出てきて、考えた結論がこれでした。

周りの人から見たらそんなに練習してまで勝ちたい「負けず嫌い」に見えることもあるだろうなあ、って、とっても納得。

でもこれ、欠点ではないですよね。私の長所。これがあるから、私は新しい仕事でも努力して素早く身に付けることができるし、身に付けたものにしがみつかずに新しいことに次々と挑戦することができる。

この傾向を身に付けたきっかけは確かにあまりいい状況ではなかったけど、でも結果として身に付いたものは、私にとってプラスに働いていること。「負けず嫌い」なんて決めつけられて捨て去ることはない大事なものでした。

夫に欠点だと指摘されていたことは、長所でした。

きっと他にもこんなものがたくさんあるんでしょうね。「怠けてる」って評価だって、「自分で休むときを判断できる」とも言える。

私は、ちゃんと私なりに生きてきたんだなあ。偉かったなあ。・・・最近、過去の私を他人として見ることができるようになりました。切り離している、ということではなくて、今の自分とは別個の存在、という意味です。

ただ一人の、その時期、その場所で、そういう状況でいる子供として、客観的に見るんです。そうすると、もっと他に辛い思いをしている人は一杯いる、なんて評価は出てこなくなりました。この状況は、辛いよ。6才の子供が、この状況に置かれて、けなげに頑張ってるのに、誰も見ていないのは辛いよ。よく頑張ったよ。えらいよあんたは・・・。私だったら頑張れないよ。えらいよ・・・。

頑張ってくれてありがとう子供の頃の私。いつまでも辛いところで立ち止まってしまってごめんね。もう少しだから、一緒に頑張ろうね。

ああ、なんだか最初と最後がつながらない文章になりましたね。ちょっと興奮状態かもしれません。今日はこれくらいにしておきます。
posted by 蝉ころん at 18:02| Comment(2) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅れましたが、明けましておめでとうございます。
蝉ころんさんの文章は、いつも感心します。
私も自分の気持ちを分析し、説得力のある文章に出来たら良いな・・・と思います。
蝉ころんさんを見習って、今年もよろしくお願いします。
私は熱いお風呂にじわっと入ると、頑張ろう〜という気力が湧いてきます。
Posted by パステル at 2007年01月09日 17:57
>パステルさん

あけましておめでとうございます。(^^

いつもいつも個人的な内容でごめんなさいね。私自身の備忘録みたいな感じなので。書いておかないとすぐ忘れちゃうんですよ。頭の中で考えているときも、理論をこね回しているそばから最初に考えていたことを忘れてしまうので、最初と最後の論旨が変わってしまうんですよね。だから読み返しながら書かないとダメなんです。

何回も読みながら書いてるので、少しはマシな文章になっているかもしれませんけど、考えていることをただそのまま書いていたらすごいことになっているはずです。(^^;;

こうやって説明しだすと長くなるのも読みづらいですよねえ。

パステルさんは感情を素直に書かれているので、私の苦手な面だからいつも見習いたいなあって思います。

お風呂、いいですよね。長いこと、子供が小さいからのんびり入ってませんでしたけど、体も動きやすくなる感じ。

今年もよろしくお願いします。(^^
Posted by 蝉ころん at 2007年01月09日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。