2006年12月21日

他者との関わり

私が、私以外の人間といて不快な感情が現れる時、投影のようなことが起こっていることが多そうだ、と気付きました。

きっかけは、子供との時間。

私が焦りの感情に捕われているとき、子供に対するイライラが大きくなるんです。特に、時間がかかることが許せなくなります。

私は、自分の焦りを子供に投影してしまっています。

イライラの感覚は、私が私に対して感じていることを、外の対象に向けているサインでした。時間がかかって許せないのは私の問題。それでもともとイライラしているのが、子供がうまく動いてくれない時に子供相手に発散してしまうんです。

私は、私自身に向けてイライラしていることを感じていません。ただ焦っているだけ。でも、優等生の私、他者視点の私は、イライラしているんでしょう。できない私に対して。

これはモラハラの、モラ夫の自己紹介と呼ばれる現象と、全く同じカラクリなんじゃないでしょうか。

私は夫に対してもイライラを感じることがあります。昔からです。そして昔は、それを言葉にして、態度にして、夫に向けていました。このときたぶん私は夫にモラハラをしていたんでしょう。夫も、変に私に忠実な面がありました。夫自身もモラ環境で育っているので、条件反射で受け入れてしまった部分があるのかと思います。

私は、頭の中の声からのプレッシャーに耐えかねて、声の主の注意をそらし、問題をすげ替える対象を無意識に探していたんです。逃げるために。

ここに、私から他者への投影があります。



そして、夫とのやり取りで不快を感じる時。先日、少し夫に用事を頼んだんですが、ほとんど会話のない夫婦で、そうすんなり話が分かってもらえるはずがありません。案の定、誤解があって、もう一度やってもらうことになりました。すると夫から「あのときはコレでいいって言っただろ!お前がちゃんと言わないからだ!」と。来ました、責任回避。

確かにうまく伝えられなかった私もよくない、だからその部分は謝りました。でも全責任が私にあるわけではないです。これ、夫の中にある「ちゃんとやるべきことを確認できなかった自分」を恥じる気持ちが、私に投影されてるんですね。

昔なら、ここで全責任を負わされていることに対して不満がたまったものでした。

今回そんなことは思わなかったです。「ああ、これだこれだ。これだった」という感じで、投影された部分を受け取らずにすみました。夫は押し付けた気でいますけど、私は気にならなかった。

他にも、夫は自分が部屋を片付けられないと私が掃除してないのが気になるみたいだとか、自分が服装が変だと私の服装も気になるみたいだとか、色々、見えてきました。

今までは、投影されているその時その場では何がどうなっているのかわからなくて動転してしまっていたのが、見えるようになってきたんです。

答は私の感情にありました。イライラは投影してしまっているサイン。納得いかない感じは投影されているサイン。

あとは、インナーアダルトを出すか、境界を引くか。自分で選択できること。

しばらくこれで様子を見ます。
posted by 蝉ころん at 14:04| Comment(2) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夫の気まぐれだと思って今まで我慢していたことは、夫にとっては心の自慰行為程度のことなのかも。自慰行為にいちいち付き合わされる義務はないわけで…
Posted by wingseed-1975 at 2006年12月22日 15:30
>wingseedさん

こんばんは。

自慰行為に近い感覚はあるんでしょうね。溜まったものを吐き出す行為という意味で、スッキリする面もあるんでしょう。そして何もしなくてもまた溜まってくるという点でも似てるかも。

付き合う義務は、ないですね。ご自由にどうぞ。私は席を外させてもらいます。それでいいんですよね。
Posted by 蝉ころん at 2006年12月23日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。