2006年12月20日

私の焦りと心理

そろそろまた焦りが出てきました。この焦りが私の精神安定の敵なんですよね。

今回の焦りの原因は、年賀状と、大掃除。

時間制限に弱い私にとって、年末までに用意しなければいけない年賀状、大晦日で仕上げなければいけない大掃除は大敵なんです。

今ブログに向かっているのも、逃避なのかな〜。でも、なにか他のことに手を付けることで、勢いがついてやるべきことにも手が伸ばせることもあるから、なにもしないよりはいいのかもしれないし。



最近、やっとこの焦りの原因と精神不安定の関係が理解できるようになったので、解決すれば落ち着く、という当たり前のことも納得できるようになりました。

それで思ったんですが、私は、こういう当たり前のことを、経験や自分の頭で理解して身につけたんではなくて、知識として知っていただけだったんだということ。答だけ知っていて、どうしてその答えになるのかわからない、どうやって使ったらいいのかわからない、という状態だったんじゃないかと。

私は焦りと、やらなくてはいけないことの間に関係があるらしいことを知っていながら、やってしまえば終わることも知っていながら、「やってしまう」ということができません。「早く答を出しなさい」という声だけが頭に響いていて、答を出すための行動ができません。実感としてつながっていないんです。

そして、頭の中の声に急き立てられて、「嫌だ嫌だ」と思いながら無理矢理やらなきゃいけないことをやっているうちに、やりたいと思っていたことまで、このパターンにはまってしまっている気がするんです。

やりたいことのはずなのに、なかなか手がつかない。そのうち、やりたかったはずのことなのに、頭の中ではやらなきゃいけないことになっていたりする。本当にやらなきゃいけないことがある時に、なぜかやりたいと思っていたことを始めてしまったりする。なぜか、こうすることで、やらなきゃいけないことにも取り組めるようになったりする。

なんだか、思考経路が混乱してる気がするんです。

「早くしなさい」という声に急き立てられて成したことは、成功体験にならないんじゃないか。自分の力で成し遂げたこととして頭に残らないんじゃないか。そういう気がしています。自分でやろうとして、自分で考えて達成したこととは、頭に記憶される経路が違うんじゃないだろうか・・・。

やらなきゃいけないことを、やりたいことに変える必要がある?だからやりたいことを先にやって、やりたいことをやる勢いをつけないといけないのか?



なんだか、まだまだ混乱してまとまってませんけど、なんとなく、こういうことをしっかり考えるのが、子供を育てる上でも役に立つ気がしています。

今の私の状態、夫婦の状態は、私が子供を育てるためにとても大切な気付きを与えてくれます。一つ一つ、深刻にならない程度に、考えて自分のものにしていきたい。そう思っています。
posted by 蝉ころん at 10:42| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
いつも、冷静に自己分析していますね。
今日の蝉ころんさんの記事で思ったことがあります。
探し物をしていて、すぐに見つからなくて、ずっと気にして、その後探していた物が見つかっても「探している」という不安な気持ちだけが残ってしまうことがあります。
すると、不安な、どんよりした気持ちの原因がわからず「もういいんだ、探し物は見つかった。心配しないで」と自分に言い聞かせなければなりません。
ただの物忘れ?でしょうか・・・?
「したいこと」が「しなくてはならないこと」になってしまうのは、目的がいつのまにか転換してしまうのかな・・・と思いました。
Posted by パステル at 2006年12月20日 11:31
>頭の中の声に急き立てられて、「嫌だ嫌だ」と思いながら無理矢理やらなきゃいけないことをやっているうちに、やりたいと思っていたことまで、このパターンにはまってしまっている気がするんです。

うわ〜!ズキ!ズキッ!
お、おんなじ。

だから、私はもう今年、大掃除と年賀状は完全放棄です。
今年はグランドゼロです。

これまで、目標や夢を掲げてきて、何になった!
成就しないどころか、逆に出口のない奧へ奧へ掘り進んでいた結果になったじゃないか!

という叫びの響いた今年でしたから。

今はただ地べたをはいずって、這い上ろうともせず、とにかく手に触れたものだけやる、そんなのがひとつずつ勝手に増えていったらそれでよし。

・・そんな日々です。もう到達点をあおぎ見るしんどさはこりごり。

蝉ころんさんも開き直ってみては?
夫さんの対応は気がかりだけれど・・・。



Posted by なつ草 at 2006年12月20日 14:51
う〜ん…これまた深いお話だぁ。

>「早く答を出しなさい」という声だけが頭に響いていて、答を出すための行動ができません。実感としてつながっていないんです。

タイムリーに響く文章だわ。


>頭の中の声に急き立てられて、「嫌だ嫌だ」と思いながら無理矢理やらなきゃいけないことをやっているうちに、やりたいと思っていたことまで、このパターンにはまってしまっている気がするんです。

わかるような気が。
やらなきゃいけないことに気をとられるうちに やりたいと思ってたそのことさえも重石のひとつとして計上されちゃうみたいな感じでしょうか。違ったらm(__)m

気の進まないことに積極的になれないのは誰しも同じじゃないかと思うわ〜…だって基本やりたくないんですもんねぇ。

”しなきゃいけないことを出来ない自分を許せない自分”がクセ者なのかな って自分の事を考えてます。

したくないことはしたくなくて当たり前なのに
しなきゃいけないことを出来ていない自分を認められない。
だから余計に「しなくちゃいけない!やらなきゃいけない」って自分を追い込む。
ついでに ”やりたかったけどやってなかった”ことまで思い出されて やっていないことにカウント。

結果 やりたいと思ってたはずの事もどれもこれもごちゃ混ぜで”やらなきゃいけないこと”に変換されてしまってる。

「ぁあ〜どれもこれもやらなきゃいけないことばっか…」
ウツウツウツ…ってのが今の私です。

やりたくないことはやりたくなくて当然。
それでも「しなくちゃね」と思う私は少し偉い 頑張ってる。
そう自分を労わってみたらほんの少し気が楽になりました。

 







 
Posted by 虫食い枯葉 at 2006年12月21日 01:26
>パステルさん

おはようございます。

探し物もしなきゃいけないことポイント高いです!探し物をしにいって、ついでにいろんなことをしているうちに本来の目的を忘れて、でも何か探している意識だけがずっと残って・・・焦る。なんだっけ、ない、ない、これじゃない。でもこれもしとこう。で、本当はなんだっけ・・・焦る焦る・・・。

だいたいは思い出せなくて諦めるんですけど、この、しなきゃいけないことの前にしなくていいことを挟んでしまう行動パターンが私の問題なのかなあ。

パステルさんとは少しパターンが違いますね。パステルさんは目的を見失ってないもの。見つからない不安が見つかった達成感より大きくなっちゃってるようなかんじでしょうか?せっかく見つかったのにそれまでの不安が消えるほどの「あったーーー!!」という感動がないような・・・探していることと見つかったことが頭の中で繋がってない感じがしますね。見つけることが目的でなくて探す行為が目的になってるというか。ここがゴールだよ!って教えてあげたくなりますね。

目的がすり替わるパターンも色々ありそうですね。




>なつ草さん

あ、なつ草さんも経験ありですか!

これも完璧主義が裏で手を引いてる気はするんですよね。やろうとおもったことはやりとげろ!みたいなかんじの。だから、セーター編もうとしたら出来上がりに近づくにつれて「仕上げなきゃいけないもの」に変わっちゃうんですよ。「編みたかったもの」だったのに。

どんどん、この変身の時期が早まって「やりたい」と思った次の日には「やらなきゃいけないもの」に変わってる。するとやりたくなくなってくる。なんか変。なんだこれって考えてるとこです。

私、大掃除は去年からまともにやってませんよ〜。生活に支障がでないことは真っ先にやらなくなりました。今年はできたらやりたかったんですけど。まだちょっと無理そうですね。(^^;

年賀状はね〜。したいこと、なんですけどね、一応は。でも今年はこれも厳しそうです。どんどんできないことが増えていくなあ。

今はお互い、先を見る目を疑っている時期っぽいですね。夢や到達点は、まだ見えないし、かってに見えてくるまでのんびりしましょうか。

夫の対応は、まあいいです。病気のせい、薬のせいにしておきます。そう言っておけば納得できる人だから、そこはラッキーかと。



>虫食い枯葉さん

 >やらなきゃいけないことに気をとられるうちに 
 >やりたいと思ってたそのことさえも重石のひとつとして
 >計上されちゃうみたいな感じでしょうか。

そんな感じですね。頭の中で「やってないこと」として一括りになっちゃってる気もします。頭の中も細かく分類して整理するパワーがなくなってるのかしら?(^^;

 >”しなきゃいけないことを出来ない自分を許せない自分”がクセ者

これこれ!これ、「他者の目」なんですよ、私の中では。母だったり、夫だったり、世間だったり。自分そのものの目じゃないんです。自分自身は、やりたくないよ〜やらなくていいじゃ〜んって言ってる。でも、「他者の目」に縛られてる自分が、いや、やらなきゃいけない。やれ、だらけるな!って睨みつけてくる。

なんでやらなきゃいけないんだろう?って自分で考えて、納得いく答が出ないならやめちゃう。きっとそれは誰かに縛られてる「やらなきゃ」だから。

それが出来るように習慣付けようとしてるところなんですけどなかなか身に付きません。

うん、したくないことを誰に言われなくても「しなくっちゃ」と思う、それだけでも頑張ってるんですよね。偉いんですよね。褒めてもいいことなんですね。

ああそうか、ここでも自分のインナーアダルトを使う手があるんですね。子供がお手伝いをする時みたいに、自分の作業を見守って助言するのってどうなんだろう。そういう母親がいたら嬉しいなら、そういう母親をしてみるのもいいかも。

ヒントをありがとう。これちょっとやってみますね。
Posted by 蝉ころん at 2006年12月21日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。