2006年12月15日

母の期待

私は母の期待に逆らった生き方をしてきたらしい。

私が夫と付き合いだしたとき、母の反感を感じた。はっきりと言葉では言わないものの、態度に現れていた。

私が夫と結婚を決めたとき、母の落胆を知った。このときは言葉でも言われた。「お前は結婚はしないと思っていたけど。」と。

私が子供を産むために仕事を辞めたとき、母ははっきりとがっかりしていた。

どのときも、その後には特に後腐れもなく、普通に対応されていて、子供を産んだあとはむしろ大喜びで孫を構いにくるので、ああ、こんなに喜ぶならこれでも親孝行になるんだな、なんて思っていた。



私は、母の反応に縛られていた。反感をかってまで付き合っている相手とそう簡単には別れられない。落胆させた結婚を失敗するわけにはいかない。がっかりさせた失業も、家庭を円満に運営して見返してやらなければ。私が選んだ道が失敗だったとは言わせない・・・。

そんな気持ちがあったと思う。

父に対しても同じように思っていたけど、それは家庭の意志の代表が母だったからで、私が縛られていたのはやっぱり母だった。

私は母にずっと期待されていた。母の進めなかった道に進むことを。男に支配されない人間として生きることを。はっきりと言葉にされたことはないけれど、母の父に対する思い、生育環境で得た男尊女卑への怒りを、私に投影されていた面があると思う。

夫との関係から離れられなかった理由はここにもあったんだと思った。私は母に失敗するところを見られたくなかった。今までも、母に対して罪悪感のようなものがあるとは思っていたけど、それだけじゃない、失格者の烙印を私は怖れていた。

私を縛っていたのは母だった。

私が私の「お母さん」になり始めたことで、このことが見えてきた。呪縛からのがれつつあるのかもしれない。
posted by 蝉ころん at 21:26| Comment(3) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

「お姉ちゃんだけずるい!」と何時も思っていた私には誰も期待しませんでした。

何でも器用に完璧にこなす姉と比べて、
運動も駄目(全く駄目)、
手先も不器用(今考えると普通、姉と比べると駄目)、
何をさせてもだらしない。

母が二人居る様な感じで、姉と母は私の世話を焼きました。
それは現在も余り変わりません。
父は私を溺愛し、それこそ服のボタンかけでさえ「可哀想」と言ってました。

女性差別などに怒り狂っていた私ですが、
家庭内では皆に甘やかされて愛されて育ちました。

末っ子だからだと思います。
「しっかりキチンとしなくては」と言う思いが無いのです。
プライドが無いって言うか、好き勝手出来てます。

周囲を見渡せば「長女」と「次女」ってそんな感じですよね。

お気楽なのは元来の性格、と思ってたものも、
育てられた様に育った、って事ですね。

長女として「しっかりと」と言われて育てられた皆さんはどうしたら気楽に生きていける様になるのでしょうか?

肩の力を抜いて自分の為に生きると言う事を楽に出来る様にどうすれば皆なれるのでしょうか。
Posted by ミー at 2006年12月16日 06:32
私も母に反発しつつも縛られています・・・
Posted by wingseed at 2006年12月16日 11:58
お返事遅くなってごめんなさい。

また風邪ひいて寝込んでいました。今回の風邪は私の不注意です。朝ご飯抜きを2日続けたら体が冷えて抵抗力が落ちました。油断大敵ですね。(^^;



>ミーさん

こんにちは。

私も、兄が勉強のできる子供だったので、中学生くらいまではミーさんのように期待されずに育ったんですよ。この記事のような期待を持たれていたのが理解できたのは、結婚が決まってからのことです。

うちは「兄」「妹」でしたけど、好き勝手してたのは私も同じでした。兄に全部の期待がかかっている分、私は好き放題でした。「お兄ちゃんだけずるい!」も同じ。(笑)

上と下って同じような感じで育つのかな。でもときどき、姉が奔放で妹がしっかり者なんてパターンもありますよね。

期待は愛情とは違うんですね。小さいころから期待を受け続けた兄は今も親に対して反抗期のような態度から抜け出せないでいます。

私は、育ってしまうまで期待されていたことにも気付かなかったくらいだから、抜け出すのも比較的簡単だったのかもしれません。今も、兄を生け贄にしてしまったような罪悪感が残っています。

どうか、兄自身が縛られているものから抜け出す勇気を見つけ出して欲しいと願うばかりです。兄にも、自由に行きて欲しいです。



>wingseedさん

私は、縛られていると気付いた時、反発して、一度は愛情を否定しました。でも、やっぱり母に対する愛情はあるんだって、だからこそ縛られたんだって、受け入れたら少し楽になりました。

wingseedさんを縛っているものはなんでしょうか・・・
Posted by 蝉ころん at 2006年12月18日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。