2006年12月01日

診察してもらいました

心療内科に受診してきました。

一通り状況を説明して話を聞いてもらった後、薬の処方についての話がありました。ここで、私から、薬に対しての不安があること、服用の習慣がないので、薬が効きすぎる傾向があることを話しました。それから、夫と接触のある時に精神的な動揺がひどくなる以外は割に普通に過ごせるので、できれば夫と過ごす時間だけ薬で動揺を抑えることができたらいいのに、と思っていることも。

この日、前日に夫が早く帰ってきたり、いろいろあって精神的に参っていたようで、家を出るときからすでに気分が重くて、肩は凝るし、電車でも酔っちゃうし、待合室ですでに涙が出てくるし、診察のときも当然泣いちゃうし、もう状態は最悪でした。普段ここまでひどくないのに!ってくらいでしたけど、医師に一番ひどいくらいの状態を診てもらえたのでかえってよかったかもしれません。

医師からは、抗鬱剤、抗不安剤の説明を受けて、本来なら、今の状況からすると抗鬱剤を処方したいところだけれど、薬に対する不安がある、依存傾向があることから考えて、より依存性の少ない抗不安剤を処方して効果を見てみる手もあります、という提案があり、まず抗不安剤のみで様子を見ることを選択しました。

この抗不安剤、24時間の持続時間で、即効的な聞き方でないので、効き目がはっきりしない分依存性は少ないとのことでした。実は薬に対して依存するかも、という不安は持っていなかったので、そういう可能性もあるんだと再認識しました。確かに最近依存傾向あるし・・・。それから、抗鬱剤はある程度飲み続けないと効果が現れないのに対して、この薬は飲み続けなくても、単発で服用しても効果があるというのも私の目的に合っているかな、と思いました。

早速飲んでみましたが、就寝前に服用して次の日、朝、夫が起きてきても私は起きる気にならず、そのままだらだらと布団に入り込んでいました。目が覚めているのに。

起きれない、じゃなくて、起きない、という感じでした。起きれないことに不安を感じてない、そういう感じかな?と思いました。これ、ちょっと意外で、私は、「夫がいる空間で過ごすこと」が平気になればいいな、と思ってたのが、「朝だけど寝ていること」が平気になったみたいでした。夫がいようが寝ていることに罪悪感を感じていないのが、効き目なんでしょうか。

それとも、薬を飲んだことで大丈夫だって暗示にかかってるのか?そんなふうに思ってしまうくらい、違和感がありませんでした。これなら、ためらわずに服用できそうです。

ただこのあと、いろんなことに全然やる気が出ません。たいがいは家事ですけど。やる気が出ないことに危機感を持たなくなったような・・・それも困るんですけど。(^^; しかし、ということは、そんなに普段の私は不安から動いてたってことなんでしょうか。それはそれでショックかも・・・。
posted by 蝉ころん at 22:55| Comment(4) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病院へ行かれたんですね。
お薬がよいほうへ作用すると嬉しいですね。

朝、起きなくって良いと思う、それだけでよかったと思いましょう。
薬の効き目なんて自分で直ぐに自覚出来るものでは有りませんから。
あんまり考えすぎると混乱しますよ。(経験談です)

ゆっくりと自分を取戻しましょうね。
Posted by ミー at 2006年12月02日 13:48
こんにちは。

不安・危機感・罪悪感 どれをとっても有益じゃない事柄を感じなくなった(気がするにしても)のは良いことですよね♪

私も薬にはものすごく抵抗があってほとんど服用しません。

モラとのことでどうしようもなくなって受診した際にもらった薬は私には合わなかったうえに すごぉ〜く苦しくて行ったはずなのに Dr.の前では元気で落ち着きはらってしまって「貴女は元気で普通の人」とか言われて帰ってきました (^_^;)

心理テストではかなりな鬱傾向があったらしいのですが。
これ…今思うと 感情の抑圧とかいい子ブリっこ的な部分の象徴的行動だなって思います。

お辛かったでしょうが Dr.にサラの蝉ころんさんが出せて良かったな って私は思います。
そして いいお薬と巡り合って少しでも楽に過ごせるといいな って願っています☆

Posted by 虫食い枯葉 at 2006年12月02日 17:19
まずは薬がいいほうに作用することを祈っています。
でも薬が全てではないです。
最終的には自分の心の抵抗力を上げるしかないのかなぁと思う私でした・・・(服用歴4年ちょいです)
Posted by wingseed at 2006年12月02日 19:24
>ミーさん

ありがとうございます。(^^
そうですね、私も薬の効果とははっきりわからない程度なので、それこそ気持ちの問題もあるのかな、なんて思ったりもします。もともと調子のいいときもあるわけだし、薬がなくても平気だったのかどうか、よくわからない部分もありますし。

体の症状と違って、心の症状は多少改善しても認識しづらいですね。長い目で見てみようと思います。



>虫食い枯葉さん

こんにちは。(^^
ちょっとだけ、先に対する不安が減ったような気がします。これが薬の効果なら、私にとってはかなり依存したくなっちゃうかもしれません。それはそれでまずいような気もしたり。(^^;

とりあえず夫と接触がない予定の日には飲まないようにしてみようと思っているので、そのときにどんな感じになるかな?と思ってます。

私も薬はやっぱり抵抗があります。特にこの抗不安剤、半錠の処方で、かなり小さいんですけど、たったこれだけで24時間も効くのか、と思うと、影響の強さ、残留性の高さ、なんかを考えずに入られません。

状態がいいと、ついつい薬飲んだらやり過ごせるんならそれでもいいかな、なんて思ってしまいそうで、それが嫌なんです。普通に過ごしていたら追いつめられてしまうなら、それはやっぱりよくない環境ってことですよね。

あくまで抜け出すために薬に助けてもらうんだということを心に留めて、うまく付き合っていきたいです。

「いい子ぶりっこ」しちゃうの、わかります。私もなんとか泣かないですむように頑張っちゃってましたから。無駄な努力でしたけど。なんでなんでしょうね。完璧主義のせいなんでしょうか。



>wingseedさん

こんにちは。
今のところ、薬で不快な症状はでてきてないように思います。今の私にかなり合ってるのかもしれません。コメントの返信も、いつもよりすらすら書けている気がします。(^^;;

自分の抵抗力を上げるために、一時的に頼っているんだ、っていう気持ちが大切なんですね。私は、人間って体にも心にも、本来の自分を取り戻す力が備わっていると思うんです。

心の負担に応じて、回復までの時間と道のりは様々だと思いますが、体と心の力を信じます。そういえば、これが私をここまで支えてくれた最後の自信のような気がします。
Posted by 蝉ころん at 2006年12月03日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。