2006年11月20日

少し足踏み

自分の過去を書いているうちに思い出したことです。

私は、小さいころ「死にたい」と思いながら生活していました。幼稚園時代はあまり記憶にないのでわかりませんが、「死」という概念を知った頃から、既にそういう願望があったように思います。

私にとって、死は、痛みを伴うであろう恐いものでもあり、現状から逃れる救いでもありました。

最後の最後には死ねばいい。だから今は頑張ろう。死ぬ方が恐いうちは、とにかくやりすごそう。

ずっとそう思って、いじめも耐えてきました。

どうしようもなくなったとき、死を選ぶことができる、という、最後の選択肢は、私を勇気づけてくれました。

そして、いじめの現場から脱出し、男社会で生きて行く術を手にするにつれて、この選択肢のことは意識にのぼらなくなりました。



今、夫と暮らしていて、またときどき「いっそ死ねたら」と思うことがあります。でも、昔は「いつでも死ねる」と頑張れたけど、今は「死ねない」「死ぬわけにはいかない」と思います。子供にそんな傷を負わせられない。きっと一生罪悪感を背負ってしまう。

前向きになれたわけではありません。逃げ場を失ってしまっただけ。私はいつのまにか最後の選択肢をふさいでいたんです。

死ぬことは逃げることかもしれない。たしかに卑怯なことかもしれない。でも、私にとっては大切な切り札だった。私が子供を産みたくなかったのは、子供に対して責任を負いたくなかったからかもしれません。

私は子供と引き換えに、最後の選択肢を手放していたんです。

夫の生活で閉塞感を感じるのは、このせいもあると思いました。
posted by 蝉ころん at 15:09| Comment(16) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わずドキッとなってしまいました。

「死」は若い頃は誰もが思いを馳せる時期もあるとおもいますが、そんな小さな頃に蝉ころんさんが「死」を考えていたとは・・・。

子どもが出来て「死」という最後の逃げ場がなくなった・・・これは私も実感しました。

絶対死ねない・・・これは勇気のようでもあり、縛りのようでもあり、それでも「子どもが不幸な目にあわないように守る」そのためには死ねない、と頑張ったように思います。


不思議なことがあります。
蝉ころんさんの今日の記事を読んで、自分は「死にたい」と思ったことがあったかなあ・・と思い出してみました。

思春期も、学生の頃も、わりとノーテンキで「死」そのものについての思索もしなかったけど

夫とつきあい出して一年くらい経ったころ、
「死にたい」と思ってたへんな時期があったんですよ。それが、特に理由なんてないんです。別に落ち込んでるわけでもなく、普通に仕事には行ってる。家族とも話す。なのに、彼といると、妙に厭世的な気分になるのか(それも自覚がないのに)ある夏二人で海水浴に行くことになって、そのままこっそり海に沈んで見つからないようにしてしまうには、どのへんの岩場がいいか、なんてことを前日に具体的に考えていた記憶があります。

結婚してからも、子どもが出来てからも、「死のうかな」なんて思ったことが何回かありました。

子どもが病気になってからですかね、その「切り札」を捨てたのは。

でも、なんだか怖いです。
モラって、人を「死」に導くヘンな洗脳力を持ってるんではないだろうか、って思えてきた。(きっと相手にも無自覚にひとを苦しめる何かがあるってこと?)

蝉ころんさんも独身時代いったんは思わなくなっていた「死」を結婚後にまた考えるようになり、そして「子どもさん」の存在によって思いとどまっていたわけでしょう?

わたし・・・子どもがいなかったら死んでたかもしれないなぁ・・。

怖い怖い。

蝉ころんさんの記事に関連してちょっと気になることがが出てきました。便乗させてもらっちゃいますね。(^_^;)

Posted by なつ草 at 2006年11月20日 15:45
こんにちは。

又、私と全く同じです。
今回もかなり驚きました。

子供の頃から死にたかった事、
ただ、私の場合は最後の逃げ場だけではなくて
「虐める奴らへの復習」だったりもしました。

心が不安定になると死にたくなります。
が、モラ夫の元に子供を残しては死ねません。

そうして情けなくなるのです
「子供を産んだせいで死ぬ自由も無くなった」と。


>死ぬことは逃げることかもしれない。たしかに卑怯なことかもしれない。でも、私にとっては大切な切り札だった。私が子供を産みたくなかったのは、子供に対して責任を負いたくなかったからかもしれません。

>私は子供と引き換えに、最後の選択肢を手放していたんです。

全く同じです。


>夫の生活で閉塞感を感じるのは、このせいもあると思いました。

これは気付いていませんでした。
確かにそうですね。


子供が生まれる前はヤクザに喧嘩売ったこともあるんです。
子供が生まれてから、いきなり「死なない様に努力」する様になりました。


子供を得た事で最後の選択肢を失いましたが
それだけ大切な存在を手に入れる事が出来た喜び。
忘れがちですが、決して忘れないようにすれば、少し幸せです。
Posted by ミー at 2006年11月20日 16:10
私もドキッとしました。
子供の頃「最後には死ねばいいんだ」と考えていたからです。
何回もそう思いました。
でも、蝉ころんさんとは違うかもしれません。
私は「逃げたい」「諦めるため」という考えだったかもしれません。
ただの投げやりな無責任な子?
子供が生まれたら、やはり「何があっても死ねない」と思っています。
Posted by パステル at 2006年11月20日 17:05
思いがけずたくさんのコメントを頂いてびっくりしています。重いテーマを軽く扱うな!って怒りのコメントがくるかも、と思っていたくらいだったので。(^^;

みなさんありがとうございます。


>夏草さん

ドキッとさせてごめんなさい。(^^;

小さいころ、本当に、死にたいと思うことが自然なことだったんですよ。みんなそう思っても頑張って生きてるんだ、私も頑張ろう。って、そう思ってました。死にたいと思うことが異常なことだなんて、大人になるまで知りませんでした。

夏草さんは、子供の頃はそんなことはなかったのに、旦那さんと付き合いだしてから死にたいと思うようになったんですね。私は子供の頃にそういう時期があったからなのかと思ってましたけど、そういうわけでもないようですね。

私は、きっと子供がいなかったら死にたいと思う前に別れたいが出てきただろうと思います。でも、子供がいなかったら、いつでも別れられるからもう少し頑張ってみよう、で、結局別れないだろうと思います。いつでも逃げられる逃げ道がある限り、頑張れるんです。

でも子供がいたら、「いつでも」という条件がなくなるんです。これが私にとってはかなり大きいんです。もうダメだ、もう限界だ、となったときに子供がいたらパッと動けないじゃないですか。

う〜ん、こう考えると、さっさと別れられないのはやっぱり私の方の問題なんですよね。



>ミーさん

ミーさんも、同じような気持ちを持って子供時代を過ごされたんですね。

私も、復讐的な意味合いをもっていました。でも、きっと誰も意に介さないだろうなとも思っていて、それも歯止めになっていました。無駄死にはいやだったんですね。

そうそう、「死ぬ自由も無くなった」、思います。

でも、そう感じることで、子供を邪魔扱いしている自分にまた罪悪感を持ってしまうんです。悪循環です。

子供が大切だから、死ねないのに・・・ね。

いつでも死ねるように、大切なものを持ちたくなかったんですね、私。私は幸せになるのが怖いのかな。ちょっとこのへんも探ってみたくなりました。

子供といると、とても幸せを感じます。でもその分、失うことを怖れてしまっているかもしれません。それが私の弱みですね。

ミーさんが、ヤクザに喧嘩売らないようになってよかったです。恐いなあ、もう。私はせいぜい、真夜中にうろつくくらいでしたよ〜(^^;



>パステルさん

無責任・・・私もそうでしたよ〜。どうにもならないんだから諦めたくもなるってもんです。

子供のために、死ねませんよね。

中高年の男性に自殺が多いのは、この意識の違いかな、なんて思ったりして。夫は姑のために死なないでしょうけど。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月20日 21:19
お邪魔します。

とてもタイムリーかつセンセーショナルな記事でした。
特に 今の私にとっては。

つい先日 死を意識して でもあくまで無意識に手首を眺めている自分に気付いたばかりでした。
そんな自分に…すごく驚きました。

そして今日 この蝉ころんさんの記事で【元々死にたい人】だった自分 今の今まで全然忘れていた自分を思い出すことが出来ました。


上手く言えませんが 蝉ころんさんの意図した部分とはかけ離れてしまう内容になるかも知れませんが 書けたらいいなと思っていることがあります。

その時には この記事をリンクさせて頂いても宜しいでしょうか。現時点ではあくまで書けた暁には という感じなのですが…(^_^;)



>さっさと別れられないのはやっぱり私の方の問題なんですよね。
>もうダメだ、もう限界だ、となったときに子供がいたらパッと動けないじゃないですか。
  

モラには「モラが悪い!私のせいじゃない!」とか虚勢を張りつつ(モラが悪いのは自明なんですけど)時間稼ぎをしつつ その実 掘れば掘るほど出てくる自分の問題に日々追いかけられている私です。


そして…私も…ずっとそう思ってたんですよね。
かつては。子供が…って。
でも私が離婚(前夫とですけど)決めたのは本当に一瞬でした。
そこにはずっとネックであった子供のことも含め 何もかも無かったです。
棚ボタ式に【無理】って結果のみが転がりこんできたって感じ。

最後はやはり同盟さんでよく出る【藁一本】な気がするんです。
…あ あくまで私の場合に引き寄せての感想ですけどね(^^ゞ



Posted by 虫食い枯葉 at 2006年11月21日 03:01
>虫食い枯葉さん

おはようございます。

虫食い枯葉さんも似たような状況を経験されたんですね。こんな、感情のままに書いただけの記事でよければ、リンクしてください。お役に立てれば。

掘っただけ、問題は出てきますね。どれだけ溜め込んでんだよ私!って感じです。

私が感じてるのは、どうしようもなくなった時にパッと動けないんじゃないか、パッと動いたことで子供に影響を残すんじゃないか、という不安です。たぶん。その時がくれば、パッと動けてしまうだろうという気も、なんとなくはしてるんです。

ただ、パッと動いてしまったら、後はどうなるんだという・・・。子供に対する責任みたいなもの?そこを気にすると、藁一本の前に用意周到にして脱出しないと、と思うけど、でも藁一本がないと動けない。そこでうだうだと考え込んでいる・・・そんな感じです。

棚ぼたが来たとき、私はどう行動するのか、それが一番不安なのかも。

虫食い枯葉さんの行動力、決断力、すごいなあって思います。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月21日 09:46
こんにちは。
リンクの件 ご快諾くださりありがとうございます。


>藁一本の前に用意周到にして脱出しないと

確かに。私は何もなかったので後になって”ありゃりゃ…”ってのがありましたね (^_^;)


>棚ぼたが来たとき、私はどう行動するのか、それが一番不安なのかも。

考えると不安になりますよね。うん。
でもね 偉そうに言わせて戴くとイタズラに不安になる必要はないかもしれないって思います。

棚ぼたが来たら もうどうもこうもない。動くのみ。
棚ぼたはトリガーなだけで 結果は後からついてくるだけの気がします。


>虫食い枯葉さんの行動力、決断力、すごいなあって思います。

あぁ・・・そんな風に見えますかぁ。ちゃいますねん(笑)
…大体 本当にそうならとっくにモラから完全脱出してます〜(苦笑)


私は 自分に自信が持てない・自分を肯定出来ない なので自分の未来に希望を感じられないし不安にもなるし行動にも移せない。って感じです。

背景は多々あれど 結局は自分で自分を縛りつけているんです。私の場合。
Posted by 虫食い枯葉 at 2006年11月21日 13:09
>虫食い枯葉さん

そうですよね、考え過ぎてもしょうがないんでしょうね。でもどうしても子供のことを考えちゃいます。

私の人生のことなら別に何とも思わない、どうとでもなれ〜って動けるんですけど、子供の人生かかってると思うと動けません。

・・・これって、今までの人生で、自分の人生に責任もって生きてなかった証拠ってことでしょうか?私は決断していたつもりで、ただ投げやりになってただけなのかも。だから、決断をすることの訓練ができてないから、本当に決断が必要な今になって、動けないのかも・・・。

すみません、コメント返信なのに私のことばっかり。今気付いたら書かずにいられなくて。(^^;

考えれば考えるほど、今が正念場なんだって思えてきました。

 >自分に自信が持てない・自分を肯定出来ない なので自分の未来に希望を感じられないし不安にもなるし行動にも移せない。

ええわかります。私もずっとその状態で足踏みです。自信を取り戻そうとあがいてもあがいても、夫に足下をすくわれるし。アリ地獄みたい。どこからどこまでが自分の問題なのか、そのへんもよくわからなくなってきますね。

まだまだ手こずりそうですけど、くじけずにいきましょう。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月21日 15:25
私が自殺ということを知ったのは、20年前の岡田有希子さんの飛び降り自殺と鹿川くんのいじめ自殺でした。
小学生のときに飛び降りを実際にやろうとして騒ぎを起こしました。

いじめられたときは、自殺しても死に損だ、ターゲットをすべて破壊してから死んでも遅くはないと念じながら過ごしてきました。怨念をエネルギーにして生きてきた部分があります。最近はmixiも引き金となって、破壊衝動が時々沸き上がるので、抑えるのがやっとです。

ちなみに私、子供は怖くてつくれません。子供を殺してしまいそうだから。
Posted by wingseed at 2006年11月22日 03:07
>wingseedさん

復讐への執念、怨念、身に覚えあります。私が実行に移そうともしなかったのは、自分の存在感の無さを自覚していたから。

私もときどき、自分を抑えられなくなります。昨日はケーキを潰しました。子供に聞かれちゃいけない、でもなにかにぶつけないと収まらない・・・で、ケーキに向かいました。自分でもなにやってるんだろうと思います。悲しくなって可笑しくなって、笑ってしまいました。歯止めが利かなくなってきてるようです。

子供をつくれない気持ち、よくわかります。私もできれば産まないで一生を終えたかった。子供はかわいいんですよ。今では産んでよかったとも思うんですよ。

でも、やっぱり産まない方が良かったんじゃないか、という考えはまだ捨てられないでいます。こんな母親の元で本当に子供は幸せなんだろうか。いつか私は本格的に虐待をしてしまうんじゃないだろうか。「産まない方が良かったのでは」と思ってしまうことを知られたら、子供はどう思うだろうか。

今更なんですけどね。夫を信じようと決めた自分を恨みそうになります。

やっぱり心から納得して自分から欲しいと思ってからでないといけなかった。説得されたからってなんとなく自分をごまかして決めたらいけないことだったんだと思います。

でも、それでなければ今のこの子達はいないんだ、と思うと、やっぱり後悔だけはしたくない。望まれていなかったなんて思って欲しくないです。

子供のことを書き出すと長くなってしまって。ごめんなさいね。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月22日 19:55
私は小学生のときに「自殺」ということを知りました。1986年の岡田有希子の飛び降り自殺と鹿川くんいじめ自殺。そして実際に飛び降りようとしました。
親がそのことを振り払うために人間の生き方についての本を私にたくさん与えたけれど、親と感想言い合うとかそういうことをした記憶はなかったです。例え話をしていたとしても、親は自分に都合のいい意見以外は認めなかったから、あの頃の私は黙って心の中に本当の気持ちをを沈めるしかありませんでした。TVドラマになった「1リットルの涙」もその頃に読みました。命の大事さはわかっていても、自分に置き換えることはうまくできません。
私は子供を産んだとしても、死ぬという選択肢は心にある気がします。それ以前に子供を育てる自信がない><
Posted by wingseed at 2006年11月22日 20:14
>wingseedさん

それこそ決死の行動を、受け止めてもらえなかったんですか・・・。wingseedさん個人の問題にされてしまっては、逃げ場もなくなってしまいますね。本は確かに知識を与えてくれますけど、やっぱり人との関わりでしか、大切にすること、されることは実感できないんでしょうね。

私たちはむしろ、「大切にされないこと」を体験して育ってしまったんだから、自分が大切な存在だと信じられるようになるには、それだけの体験が必要なんだと思います。

私は今、子供からこの感覚を与えられています。こんな母なのに、とてもありがたいことです。私からも、できるかぎり実感を与えてあげたいと、思っているのに、なかなかうまくいきません。子供には同じような体験はさせたくないと思っているのに。どうしていいかわからないんです。連鎖させてしまっているんじゃないかと思う。怖いです。

私は子供を産むまで、自分の存在を消してしまうように、私の影響が残らないように生きていたけど、子供の存在は、私の存在も明らかにしてしまいます。私も死にたいと思うことがある、まだこの選択肢は、選べないだけで、私の中には残っています。でも、子供がいることで、死ぬことが復讐ではなくなってしまったんです。もう選ぶわけにはいかないです。

いまだに育てる自信もあやふやですが、なんとかやっていくしかありません。ほんとに、こんな母親で申し訳ないと思いますけど・・・。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月22日 21:16
かなり混乱しながら書いていたみたいです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
Posted by wingseed at 2006年11月23日 09:16
私も思春期には「死にたい、逃げたい」と思っていました。睡眠薬を多量に飲んだこともあったけど、生き残って「二十歳までに何もいいことがなかったら…」と、先延ばしにしていたら面白いことが見つかって、二十歳のときは忘れていました。

結婚するときは「この人のために、この人とともに一生を過ごすんだ」と思っていました。子供が生まれて、「子供達をおいては逝けない」に変わりました。
離婚のときもそうです。子供達が生きていく力。

なぜか、離婚してから子供達にいらいらすることも減りました。モラに対して「ケチをつけられないために」、叱っていたのでしょうね。自分で、自分のことも子供のことも決めていいのだ、という安心感があります。
Posted by しし座 at 2006年11月23日 16:43
お久しぶりです。
わたしの中にも死という選択肢は常に存在します。特にモラを知ってからは・・・。
この1ヶ月、それに捕われて心の身動きが出来ずにいました。
今週はじめ頃からやっと動けるようになりつつあります。
また時々お邪魔しますね。
Posted by 小麦 at 2006年11月24日 10:35
>wingseedさん

こちらこそ、ちょっと感情的な返信ですみません。あんまり気にしないでね。(^^;


>しし座さん

しし座さんも自殺願望があったんですね。モラ被害者には多いのかしら・・・。

 >モラに対して「ケチをつけられないために」、叱っていたのでしょうね。

そうなんです。私も夫に「母として失格」の烙印を押されないために躾をしていたようなところがありました。姑の目も気にしていましたし・・・自分で、自分の子育てをしてなかったんですよね。

こんな育て方をしていた当時は、子供は生きていく力というより、この世に縛り付けられる口実、のように思えていました。

今は、夫に地盤を揺るがされながらも、自分で悩みつつ育てているので、以前よりはかなりマシになってます。生きたいと言う気持ちも、前よりははっきり持ってます。

でも、ふっと死ぬことが頭に浮かぶことはあって、それは今は仕方がないのかな、と思ってます。実行さえしなければ、私にとって死にたくなるほどの状態なんだということを忘れないためにはいいのかもしれません。すぐ状況を軽く見ちゃうから。

私も自分で自分のことを決められるように、早くなりたいです。


>小麦さん

お久しぶりです。ブログ復帰されて安心しました。(^^

休むべき時に休む決断ができて、また戻れるのって、自分の力ですよね。衝撃があったときには動けなくなるのは自然なことだし、自然に任せられてよかったなあって思います。

また小麦さんのところにも行きますね〜。
Posted by 蝉ころん at 2006年11月24日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。