2006年12月03日

私が憧れたもの

なかなかまとまった時間がとれなくて、自分育てのワークの方が進みません。
今日は、前に書いていてまとまりきらなかったものを少し書き直してみました。

------------------------------------------


私はもともと、あまりやさしい人間ではありません。

また子供の頃の体験に戻って例を挙げてみます。

学校の帰り際、一緒に帰る友達が忘れ物をした、という状況だとします。あなたならどうしますか?

(1)「そんなの知らない」と言ってさっさと帰る
(2)「取っておいでよ」と言って待っている
(3)「一緒に取りにいこうよ」と一緒に行く
(4)「取ってきてあげる」とダッシュで取ってくる

私は、自分が忘れものをしたときはたいがい(1)の反応をされていました。友達が忘れたときは、(2)で対応していました。

(4)は・・・ときどきこういう子いますよね。でも他人の問題にそこまで手を出すのはかえって相手に悪いと思っていたし、(3)でさえ、頼まれもしないのに率先して付き添うって保護者みたい?と疑問に思っていました。少なくとも私は付き添ってもらうのは嫌でした。だからって(1)では友達としては冷たすぎる。

これは、小学生にしてはかなりいいバランス感覚だったんじゃないかと、いろいろと知識を得た今では思います。

でも、私はいつも(2)の対応をしては冷たいヤツ、という扱いを受けていたし、他の人達は、私が相手でない時には(3)や(4)のやり方をとることが多く、私はだんだん(ひょっとして私は冷たいのだろうか?)と思うようになっていきました。

それで、本心では(2)でいいと思っているのに、「いい人」になりたいがために、「いい人」と思われたいがために(3)や(4)の手段をとるようになっていきました。



私は自ら境界線を踏み越えていきました。そこに見えているにもかかわらず、それはただの名目に過ぎないんだと自分に言い聞かせて。それは、他人が信号を見ずに堂々と渡っているからと言って、赤信号を無視するようなものでした。

私は私の中に規範を持っていたのに、それが、まだ未完成の子供の狭い世界で受け入れられなかったからといって簡単に捨て去ろうとしていました。



本当にいい人なら、自然に、本当に相手のためになる行動ができていると思います。押し付けがましくもなく、ただこうしたいと思ったからしたことが相手のためにもなった、というような、無理のない行為です。感謝されなくても気にしないし、いいことをした、なんて思ってないです。

でも私みたいなのは、いい人になりたいがためにいいことをしようとしているので、やっぱり無理があるんです。自然じゃないし、相手のため、より、ここでこう手を出すといいことになる、という形にとらわれてます。しかも私は、本当は違うようにした方が相手のためになることまでわかってるのに、「いい人じゃない」と思われる怖さについ手を出してしまいます。

二重に自分を裏切っていると思います。

最近はだいぶ誘惑に乗らないようになりました。私がしたいことか?相手が本当に望んでいることか?今すべきことか?そんなふうに自問するようになったから。

自分が「いい人」の呪縛から逃れたら、なんとなく気持ちわるなと思っていた他の人の「いい人」行動の動機も見えてきました。なにもしないことに耐えられなくて手を出してしまうとか、特別な存在であることをアピールするためにしているとか。

私は、私の存在をただ受け入れてもらうために「いい人」をしていたと思います。特別じゃなくてもいい、ただ、忘れ去られるのが嫌だったんです。長い間、忘れられた存在だったからかな。




思い返してみて、私なりにバランスを持っていることもわかったし、これからは「いい人」にとらわれないでいけそうです。あんまりやさしくない私だけど、私なりのやさしさは持ってるんだし、それを大切にしていればいいんだなって、そんなふうに思いました。
posted by 蝉ころん at 14:35| Comment(6) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
忘れ物の質問・・・

実際の子どもの頃を思い出してみたんですが
小学生の頃なら(3)だったように思います。

それも遊びの一部みたいに。道草したくてうずうずしてましたからね。

人との関係バランスという点から考えると、土地柄などもあるんじゃないでしょうか。

育ったのが田舎でしたから、クラス換えもないし学校の友達=家も近所の幼なじみ・・・都会的に洗練された距離感が培えてないような。



Posted by なつ草 at 2006年12月05日 23:07
小学生時代…と思い返せば 私もなつ草さんと同じ(3)。

でも私の場合は 「お友達には優しく」「人が困っている時には助ける」のような 善くも悪くも”呪文”に囚われた身での行動。

いいも悪いもなく「それが当然」って感覚だった気がします。



Posted by 虫食い枯葉 at 2006年12月06日 02:11
すっきりと開き直った(言い方悪いかな?ごめんなさい)
気持ちよい決意ですね。

ただ、自分の心に従って生きる。
そんな風に思えるのはモラから脱出出来たからだと思いますよ。

これからはどんどん幸せになりますよ♪
Posted by ミー at 2006年12月06日 22:49
>なつ草さん

そうですね。普通は(3)ですよね〜。

私はどうも、私がされてたことが基準になってて、取りにいって戻ってきたら誰もいない。待ってて欲しかったな・・・、ってのがあるので、待ってればいい、になるみたいです。

もちろん、一緒に来て、って言われれば行くんですけどね。

洗練されているっていうより都会ならではのいびつさ、他人との距離の遠さ・・・って感じでしょうか。クラスメイトでも他人は他人なんですよね。なんか寂しいですよね。



>虫食い枯葉さん

いや、やっぱり(3)が普通ですよね。(^^;

今なら私も自然にそうします。でも小学生頃は(2)だったんですよね。やっぱり健全なバランス感覚とはほど遠かったのかも?クラスメイトにいいように振り回されてたんだな〜と思います。

私もさんざん「呪文」にとらえられまくってますんで、わかる気がします。抜け出そうとしてさらなる呪文を自分にかけたりして、どんどんこんがらがってほどくのが大変ですよね。

これの元はこれか〜!と探り当てた気でいたら、さらにその根っこがあって辿ってみたらまた同じ地点に戻ってきたり。じゃあどれが正解なんだよ〜!って感じです。

でも、どんなにこんがらがった毛糸でも、今までの人生の長さ分しかないはずですよね。ひとつずつ、ほどけそうなとこからほどいていけば、いつかはきっと一本になるはず。

アセラズアセラズ、いきましょうね。



>ミーさん

ありがとうございます。

私は私なりでいいんですよね。

もう心は脱出できてるんでしょうかね?そんな風に見えます?嬉しいです。

まだ同居してるんですけどね。ずっと爆弾抱えてるみたいです。不発弾である可能性を捨てきれずに導火線ギリギリまで粘ってるような心境です。

最近はなんとなく脱出後の生活のイメージがわくようになってきてます。現実は厳しいでしょうけど、幸せ目指します。
Posted by 蝉ころん at 2006年12月07日 12:36
今の私なら一緒に行くのがいいのか ここで待つのがいいのか 相手の意向を聞きます。
そして 待つにしろ行くにしろ何の抵抗も不満も持たないです。

ただ これが反対に忘れ物をした立場になった時がダメなんですよ〜。
仮に相手が「一緒に行こうか?それともここで待った方がいい?」と訊いてくれたとして 待たせるのは落ち着かないし 行ってもらうのは申し訳なさ過ぎで いずれにしてもオロオロ迷うだけで決められなくなってしまうんです (^_^;)

反対に「あなたはどちらがいい?」なんて訊いてしまう。

未だにバランスはとれてませんね (^^ゞ


呪文と絡んだ糸。
書きかけの記事なんかを眺めてると 書いた時点では見えなかったものが見えてきたりして妙に感心する反面 それを発端に更に絡まるって事もあったり。本当にややこしいです〜。

焦らず…焦らず…ですね (^^)

Posted by 虫食い枯葉 at 2006年12月07日 13:36
>虫食い枯葉さん

なるほど、相手に聞いて決める手もありますね〜。一つのテーマでも、これだけ解法があって、どれを取るのもその人によって自由でいいんですよね。うんうん。

自分が聞かれた時、迷ってしまうのもわかります。私も仲のいい人が相手のときほど決断ができません。

今気付いたんですけど、「あなたはどっちがいい?」と聞かれているのに、「私がどうしてほしいか」が浮かばないんですよね。ただ相手はどっちがいいんだろう?どっちがイヤだろう?って考えてしまってる。

相手に嫌がられないことが「私のしたいこと」になっちゃってるんですよね。だから自分じゃ決められないのかな。

私は、普通は一人でパッと走って取ってきて、少しでも待たせないようにって思うんですけど、それだって、自分が遅くなりたくないからじゃなくて、相手のためなんですよね。嫌われない前提があるなら、やっぱり一緒に取りに戻りたいのが本心かもしれないです。

だいぶできるようになってきたと思ってたけど、なかなか自分の本当の気持ちを見つけるのって難しいですね。


書きかけの記事はいろんなことを教えてくれますね。この記事も、中途半端でしっくりこなかくて放っといてたのを、納得いかないまま記事あげしたら、やっぱりこんなに掘り出すものがありましたし。それでも記事にしてみたからこそ見つかったことだと思います。

みなさんがつきあってくださるので助かります。嬉しい。(^^
Posted by 蝉ころん at 2006年12月08日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。