2006年11月10日

「喪失」で思い出したこと

「子どもを生きればおとなになれるーインナーチャイルドの育て方」という本を読み始めました。

これから、この「自分育て」のカテゴリで、心の中を書いて行きたいと思います。些細なこと、と思って書かないでいたことも、どんどん出して行きたいです。



まず手始めに「喪失」の項を読んで、比較的最近のことで思い出したことを書きます。直接は関係ないことなんですけど・・・。

夫との関係に絶望を感じ始めた頃、近所のスーパーが閉店しました。

私はこのとき、悲しくて悲しくて仕方がなかったんです。店にいっては、閉店のお知らせの看板を見て涙をこらえながら買い物をしていました。

確かに毎日のように買い物に行っていたけれど、たかがスーパーです。馴染みの店員さんがいるわけでもありません。

それなのに、自分でも訳が分からないくらい、ただただ悲しかったんです。今も書いていて思い出して泣いてしまいました。

近所のスーパーが閉店しただけですよ?おかしいでしょう?この反応。しかもいまだに引きずっているって・・・(書いてみて初めて引きずっているのを知りました)。

やっぱり何か、一番原因となる喪失体験がどこかにあって、それを解消してやらない限りは、またこんなことが繰り返されるんだろうと思いました。夫とのことも、それだけで傷ついた部分ももちろんあるんだけど、それに刺激されて、封印できていたはずの感情がでてきて、それが影響し合って落ち込みがひどくなったりしているんだろうと。

これから、少しずつ書かれていることを実践してみたいと思います。
posted by 蝉ころん at 14:33| Comment(3) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、本届いたんですね。(^^)

私はどうも焦ってとばし読みしてしまう癖があるので、また戻ったりしながら読んでるんですが、思い出して書き出す作業もけっこう力と時間が要りますね。

蝉ころんさんは、とても感受性が研がれているかたなのかも知れませんね。

泣けるのはいいことなんですってね。

私、感傷的に泣いたこと・・・とんとないです。

もう一つの本のエクササイズと同時並行でやっていこうと思ってます。
ここまで、自分を掘り下げる必要もあるのかな〜、(へんなのは向こうでしょ)なんて逆戻り発想も頭をかすめながら・・

でも、ま、夫に関係なく、自分を知るのはいいことだし、こんなきっかけを作ってもらったことだけでも、せめて怪我の功名としましょうね。


Posted by なつ草 at 2006年11月10日 19:54
ご無沙汰してしまって。
イロイロたくさん有ったんやね。。。
いつも蝉ころんさんの、ブログを読むと、ブログを始めた事の事を思い出します。
あの頃の蝉ころんさんとは、今は全く変わって来てるよね。
自分を見つめようって必死にがんばってる。
それをする為に、必然的に回りを見なければイケナイし、考えたく無い事も考えないと行けない。
それを1つずつこなして行こうとしてる。
言葉を綴る事は、自分を見つめる事が出来るとても豊かな行為です。
だから、今の蝉ころんさんは、必然的な道を歩んでいるんだと思います。インナーチャイルド、私も考えさせられました。
色んな事知りました。
なかなか来れなくなっている今の私には、エラそうな事は言えないですが、「生きる」事を自分なりに信じて、進んでください。
私は蝉ころんに、たくさんの言葉をもらっています。
アナタは一人ではない。
がんばりすぎないと行けない時もある、でも、どこかでつじつまが合う様になってるんです^^
がんばりましょうね^^
Posted by るんた at 2006年11月12日 18:12
お返事遅くなってすみません。

この週末は、忙しくしていたので夫とはほとんど関わらずに済みましたが、一瞬目が合ったときの夫の不機嫌の表情と、子供に向けた瞬間に突然現れる満面の笑顔にまた少し振り回されてしまいました。まだまだ、悟りがたりません。(^^;


>夏草さん

こういった本は、なおさら先へ先へと読みたくなってしまいますね。当てはまらないと思う項目は飛ばしてしまったり、興味が向かなくて読むスピードが遅くなったり。

私は、ついつい他の本を読み始めてしまって、この記事を書いた後、ストップしていました。また今日から続けます。

泣くのはいいことだそうですね。そう信じて泣きたいだけ泣くようにしているんですが、私は少し泣き過ぎかもしれません。(^^;

中学〜大学生くらいにかけて、ずっと泣かない時期があったんですが、その反動かもしれません。

私も、自分を振り返るいい機会を得られたと思っています。夫こそ振り返れよ!と思うこともありますけど、夫の人生には必要のないことらしいので、いいんでしょうね。



>るんたさん

お久しぶりです。るんたさんこそお忙しそうで頑張ってますね〜。東京の冬は乾燥するから、体壊さないように気をつけてくださいね。

確かに始めた頃の私とはだいぶ変わったと思います。でも、はじめのころの記事を読んでも、違和感はないんですよね。今の私にもある感情だから、やっぱり押さえ込まれていたものが戻ってきただけなんだなって思います。

考えれば考えるほど、問題は自分に戻ってきて、自分を見つめることが、まず私がしないといけないことなんだろうと思うんです。

るんたさんは今が頑張り時ですよね。自分を信じるってなかなか度胸がいって、私はずっと踏み出すぞ、踏み出すぞ、と思いながらタイミングを計りかねて足踏みばかりですが、先に行かれているるんたさん達を励みに、いつか飛び出します。がんばります。(^^
Posted by 蝉ころん at 2006年11月14日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。