2006年09月25日

長髪フェチ?

夫はどうやら、長い髪が好きらしい。

出会った時から付き合い始めるまで、ずっと私はベリーショートだったにもかかわらず、夫は私が髪を切るたびに不機嫌になったものだった。

最初は、気付かなかった。だって、私はずっとショートなのに、ショートが嫌いだとは思わなかったし、まさかそんなしょうもないことで不機嫌になる人間がいるとは信じられなかったから。夫本人に確かめても、「そんなことないよ」と否認していたし。

でも、この「髪を切ると不機嫌」はずっと続いた。それでも私は、自分の好みを貫き通した。一度だけ、上の子の妊娠、出産時には、匂いがダメでカットに行けず、伸ばし放題に伸ばしたことがあった。このころの夫は、あまり不機嫌になることがなかったように思う。

そして、この時期の私の写真は、今も夫の部屋に飾られている。そんなにお気に入りなのか、それともイヤミか、責める口実を与えないために片付けないのか。理由はわからない。でも、まだそれなりの夫婦関係を保っていた頃にも、一度も写真を変えなかったことを考えると、やっぱりこの頃の私の外見が好きなんだろう。

一時期、私は週末ごとに少しずつ、自分で髪を切っていた。これだと、切ったことがはっきりわからないし、私も自分の好きな髪型がキープできるので、なかなかいい感じだった。その後、私のカットタイムであった入浴時は、子供と入ることになって、終了した。



今、夫のロングヘアーへの執着は子供に向けられている。(うちには女の子がいます)

子供の髪を切ってやるたび、夫の口から子供に向けて発せられる言葉は、「切っちゃったのか」。この言葉を言わなかったときはない。いくら上手に切れて、かわいくなったと子供が気にいっていても、上機嫌で「お父さん見て見て」と見せにいっても、心底残念そうに、「切っちゃったのか」と言う。

子供は、その一言ですっ・・と表情が変わる。子供でも、こんな言葉の意味はよくわかっているんだなあ。やっぱり「かわいくなったね」って言って欲しいんだなあ、と思う。

だんだん、髪を切るのを嫌がるようになった。髪が長くて洗ったり手入れが大変でも、切りたくないと言う。本人が長い髪が好きになってきたのもあるだろうと思う。髪を切るのが面倒くさいというのもあるだろう。でも、他の面でも、夫の気に入るような行動をとろうとする子供を見ていると、やっぱり夫の言動の影響は少なくないと感じる。

そんな子供を、夫はとても気に入っているようで、髪をとかしてない、ぐちゃぐちゃなままでも、梳かせとか、まとめろとか言ったことがない。ただただ、長い髪が好き、それだけなんだと思う。

夫が長い髪が好き、それはいい。でも、そのために私や子供の感情を無視して髪を切らせまいとするやり方は、やっぱり許せない。


こんなふうに、なにごとも夫自身ははっきりと口に出さず、私たちの行動を制御しようとしている。
posted by 蝉ころん at 10:08| Comment(2) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの場合は服装でした。
確かにあまりピンクやレースひらひらの似合わない子ではありましたが、ほとんど黒や紺、無地、飾り無し、ばかり着せてました。
気に入らないと誉めない、貶す、嫌な顔する・・・・。そうやって知らないうちに支配されていきますね。自分が気に入っている思っているものが、実はだんだんにそう思わされていただけだと思うとぞっとしますが、もうどちらなのか判然としないものも多いです。

今、わたしのお気に入りの傘が派手な柄なので夫は大嫌いです。差すたびに嫌な顔しますが、これだけは譲れません。娘も気に入ってるので2人で嫌そうな夫を横目に楽しく歩いています(笑)
Posted by 小麦 at 2006年09月25日 10:37
>小麦さん
服装もありますね。やっぱり外見ってポイント高いんでしょうか。うちでもあまりひらひらものは着せてませんでした。どちらかと言うと男っぽいものが多かったです。

うちも派手なものは嫌いなようです。シンプルでフェミニンな感じが好みのようで、珍しく私がスカートをはいて外出した日なんか、人が違ったように上機嫌で気持ち悪かったです。

妻子であっても、服やカバンのように自分を飾るモノとして、自分の好みのモノを身にまとって外出したいんでしょうね。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月26日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。