2006年09月16日

モラチェック

夏草さんのブログで、昨日のスーパーモーニングでやっていたチェックリストを載せてくださったので、やってみました。

夫のことをストレートにチェックすると、ほぼノーチェックになります。でも探ってみると・・・




1、出された食事が気に入らない時、別の物を食べる。

気に入らないより、足りないと食べます。子供が食べ終わっていない横で、一人で新しいものを出してきて。子供が欲しがるとあげたりします。子供は私の食事より夫の出してくるものの方がよくなってしまうので後が大変。でもこれは嫌がらせではないですねたぶん。


2.妻の趣味、特技が理解できない。くだらないと思う。

始めたばかりの趣味だったり、もの集めの趣味なら、一緒にやります。自分が始めたかのように熱中して、すぐ飽きます。飽きると私を「まだそんなものやってるのか」呼ばわり。
最初から太刀打ちできないと思っている分野の趣味は、完全にスルーされます。「俺には理解できないから」だそうです。ばかにしているつもりはないと思います。


3.「どうして?」「こんなことも分からないの?」と言う。

雑学はどうやら私の方があるらしく、普段は私の知識に頼っていたりするのであまりこの言葉に出くわしたことはありません。たまに夫の方が知っていることがあると、鬼の首を取ったようにこのセリフを言われることがありました。

ただ最近は、「なんでこれくらいのことをしないんだ」「こんなことができないんだ」系のことを言うようになりました。


4.体調は、悪くても妻なんだから家事は、すべき

体調が悪いと、食事の用意はしてくれます。何回も指摘して、洗い物もしてくれるようになりました。ただし、熱があっても脂っこいもの。うどんといってもこってり具沢山。しかも、私から何も言わずに寝込んでいると、不機嫌に「何をして欲しいのか言わなきゃわからないだろ!」なんて言われる。

となりの部屋で寝ているのに、大音量でテレビをつけ、大音量で笑います。寝られないので本なんか読んでいると、「具合の悪いヤツが本なんか読むな、寝てろ!」と言うし、うるさくて寝られないんだなんて言おうものなら、当てつけに乱暴にテレビを消して、こんどは乱暴に食事の支度をしたり。安心して寝られる環境にはしてくれません。

どうも、一般的に「妻が体調が悪いときは夫がしなければならない」ことになっているからしているだけのようなんです。それくらい当てつけがましいです。それに大抵は「お前が病気なら俺も病気♪」が炸裂するので、いきなり寝込んでいないとやってもらえることはありません。


5.言い訳、反論されると「そうやって俺を非難するのか?」と言う。

非難されたと思っているかどうかが疑問です。「お前はまず言い訳だな」とか「なんでもかんでも俺の意見に反論するな」とかは言われます。

テレビを見ていて、夫が何か感想を言う。そして私が「そうかそういう考え方もあるね。私は〜〜だと思ったけど」と言ったら反論だそうです。これで私は自分の意見を言いにくくなりました。


6.家の中がきちんと片付いていないと不完全なところを探し「一体毎日何をしているのか」と皮肉、嫌味を言う。

皮肉、嫌みの類はあまりいいません。

「今週は何回掃除機をかけた?」とか、あくまで具体的に不備を指摘されます。夫は事実を聞いているだけで、私が勝手に負い目を感じるわけです。「何回は掃除機をかけろ」なんてことは言いません。目標設定はあくまで私のすることで、達成できたかどうかを夫がチェックする。達成できないでそれでいいと思っているのか?と、あくまでこちらの問題として責めてきます。

なんか書いていてムカムカしてきました・・・。


7.妻の前でため息や舌打ちをする。

しないです。でもしてる気配はあります。そういうときはぱっと私が視線を投げると妙な笑顔になったりするのできっとしているんでしょう。


8.妻が楽しそうにしていると不愉快になる。

基本的に私の機嫌には無関心です。

ただ、夫がプロデュースした企画では楽しくしてないと不機嫌、でも夫より楽しそうだとアウトです。私が企画したものだと、どっちにしても不機嫌。私が楽しめないようにしてるのか?というくらいの不機嫌で、でも「言わないようにしてやっている」という態度です。

ああこれ、被害妄想だと思われないか不安です。本当に当てつけがましいんですよ〜!


9.妻に長時間、説教することがある。

あります。でも本人は会話しているつもりだから、説教とは思ってないでしょう。こんなにコミュニケーションに時間を割いているいい夫とでも思っているんじゃないかな。


10.「誰のお陰で生活できるんだ」と言う。

それを言ったらいけないという知識はあるので、口が裂けても言いません。

でも態度はどうみてもそうなんですが・・・。夫の金の使い道は私にはほとんどわからないのに、こちらの使い道は知っていないと気がすまないところとか。たぶん自覚してないんでしょう。

夫の姉は平気で口にしているし、素養はあるかと思います。




こうして、私視点で見るとオールチェックに近くなります。そういう目で見てるからそう見える?

・・・やっぱり隠れモラなんでしょうかねえ。
posted by 蝉ころん at 14:17| Comment(4) | 夫を読み解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝉ころんさん、こばは(^^)/
全体通してみると、ダンナさんは妻より何もかも優位でいたい願望が強い夫、のように見えます。

病気のときごはんを作ってくれるのも、家事をチェックするのも、同じそんな感覚ではないですか?「俺がみてやる」みたいな・・・。

自信に溢れている気がします。

その点、ノーチェックは同じだけど、劣等感による「被害者」意識の強いウチのモラ夫とは逆ですね。

隠れモラというには、正々堂々と威張っているような・・・。
Posted by なつ草 at 2006年09月17日 02:12
夏草さんこんにちは。お返事が遅くなってすみません。

夏草さんの夫さんは被害者的態度で締め付けてくるタイプですよね。となるとよくある攻撃的な行動が見られないから普通のチェックだとなかなかひっかりませんよね。

うちの夫は、確かに優位でいたい願望がつよいようです。ゲームでも負けるとコントローラー投げますし・・・。この夫の自信は、夫の姉へのコンプレックスの裏返しだと思います。気持ちの奥には自信のなさが隠れていて、虚勢を張って生活しているように思えます。

もっとも、仕事で評価の上がった最近は、すっかりそれに酔いしれているようで、これだけすばらしい俺とその子供たちなのに、妻がこんなのだなんて許せないという感じでしょうか。

私の状態なんてどうでもよくて、ただ夫の妻にふさわしい、子供たちの母にふさわしい人間でいろ、それさえできていればあとのことはどうでもいい。そういうことのようです。

隠れモラになっているのは、ここに項目で上がっているようなことは夫婦間ではやってはいけないことだ、という知識があるからです。物理的にやっていることだけ見れば、モラではないんです。そこにいくらモラの心理があっても。その点はかなり夏草さんのところとは状況が違いますね。

実は私は、モラハラが広く知れ渡るのにはかなり怖いんです。モラハラチェックなどでどんどん夫がしてはいけないことを事象だけで理解して、精神面は置き去りのままで余計追いつめられていくことになりそうだからです。これだけ努力してやっているのに、と。

隠れモラは事象のチェックじゃなくて心理のチェックをしないとわからないんじゃないでしょうか。でも心理面なんて、自称ではどうにでもなるからアテになりませんし、結局隠れモラを引きずり出すことは不可能に思えます。よほど相手の都合の悪い状況を強要するくらいしか。でもそんなことをすると今度はこちらが加害者になっちゃいますね・・・。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月18日 15:27
>夫がしてはいけないことを事象だけで理解して、精神面は置き去りのままで余計追いつめられていくことになりそうだからです


「矯正」モラというやつですね。
下手に心理療法とかやってリハビリさせようとすると、知識をもつために、手口が巧妙になり、仮面ばかりが厚くなる、という・・・。


ウチモラ夫は、ある面では、かなりすでに巧妙です。誰に教わった、というのでもなく、かなり若い(小さい?)時から、モラが世間で生き抜くだめのサバイバル術としてひとりでに身につけていたのではないか、と思えます。

それで、見抜けなかった!(>_<)
Posted by なつ草 at 2006年09月18日 17:33
矯正モラって言うんですね。
まさにそれだと思います。本人は隠しているつもりはなくて、事象だけ対処することで問題が解決したと本気で思うところが怖いです。

サバイバル術なんですよね・・・夫も、口達者で強権をもつ母親と兄弟に囲まれて生き抜くために必要なことだったんだろうと思います。

私も見抜けなかったです。見抜ける人になりたいですね。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月20日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。