2006年09月10日

夫といる日々

まっち〜さんのモラルハラスメント・ブログで、「モラといた日々、モラのいない日々」という共同企画をされています。

いつか、私もそんな記事が書けるようになりたいな。と思いつつ、モラといる今の生活を考えてみました。

まだモラルハラスメントと言う言葉に出会っていない頃。私はどんどん自分を失っていました。

普通に考えれば私は別に悪いことをしていないはずなのに、なぜだか機嫌が悪くなる夫。突然の機嫌の急変には、ああ、また機嫌がいいからと思ってまた私は調子に乗ってしまったんだ、と、原因を作った自分を責めます。

機嫌が良くても、とくに楽しいことがあるわけでもなく、ただ普通であるだけの夫に、不機嫌でないということだけをありがたく思って、不機嫌になられることにおびえながら暮らしていました。

私は自覚なく夫に振り回され、私が訴えるたびにころころと手の変わる夫の嫌がらせに翻弄され、いつしか私の心の中には、私の気持ちよりも夫の動向が多くを占めるようになっていました。夫ならこうするだろう、夫ならこう思うだろう。夫ならどうするかな・・・。無意識に夫の望むように行動している自分を知らず、自分がなくなっていることには気付きもしませんでした。

モラルハラスメントに気付いてから、ほとんど自分の考えと言うものが残っていない自分に愕然としました。カウンセリングに行ってさえ、自分の言葉が出てこない。夫を責める言葉より、まず自分の非を懺悔するように吐き出していました。夫から離れることが最善の道だという理解はしていたものの、「別居したい」と口に出した言葉は、ただの知識に過ぎず、自分の心からの言葉ではありませんでした。

自分を振り返ることで、気持ちを少しずつ表に出すことで、かなり自分が戻ってきたのが今の状態です。

でも、夫といると、やっぱり苦しくなってきます。自分の感情を表に出すことができません。出せないと言うより、地のままの私の姿を夫に見せたくないんです。私にとっての夫は、もうすっかり他人になってしまっています。それも、悪い印象を持つ他人です。そんな人と同じ部屋にいて、思い切りくつろげる人がいるでしょうか。

どこまで自分を取り戻しても、たとえ私が自分の気持ちを出せるようになって、夫の支配から抜け出せたとしても、夫と暮らしている限り、私の幸せはないんだと思います。今のこの家は、私が思い切りくつろげる家庭ではない。


夫のいない日々はまだ想像できません。いつか書けるようになる日を目指しています。




(2010/3/19追記:続編「夫のいない日々」アップしました)
posted by 蝉ころん at 18:36| Comment(5) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
わたしはカウンセリングでなく、女性センターでの面談を受けています。
そこで、話をしているときに思わず「家にはわたしの居場所がありません。あるのは夫のくつろぎの場だけです。」と言ってしまってはっとしました。
相談員さんに「それは本当におかしなことですよ。人間、休める場所が無くては疲れが溜まるばかりです。」と言われました。

夫の居ない日々はわたしも想像出来ません。
でも心からくつろげる場所は欲しいですね。
Posted by 小麦 at 2006年09月11日 07:16
小麦さん、おはようございます。

夫が家にいる時は家に居場所って、本当にないですね。夫がいなければそれなりにくつろげますが、どうも夫の家に間借りしているような、別荘の管理人になったような気分です。誰も使ってないと家がかえって傷むからかわりに住んでる人、っているでしょ?そんな感じ。本来私の場所じゃないのに持ち主がいない隙を狙って我が物顔しているような・・・これも罪悪感ですね。

本当にくつろげる場所を手に入れたいです。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月11日 08:51
こんな時間に初めてお邪魔します。
まだ脱出をしてないがモラのいない日々を夢見て、と言う言葉に心動かされ、コメントを書き入れてしまいます。
自分が出せないってなんとなく分かる気がしました。上辺だけの自分が否定されても痛手は比較的少なくて済むけど、まんまの自分が否定されるのはショックが大きいからではないかな、と。そんなことを思いました。
旦那の帰りに動悸がしたりなんて症状はないですか?早く安らぎの場所と時間が蝉ころんさんに訪れるといいですね。
Posted by norisio at 2006年09月12日 04:47
あ、失礼しました。まっち〜さんの所から跳んできました。怪しいものではないですので(笑)
Posted by norisio at 2006年09月12日 04:50
>norisioさん
はじめまして。読んでくださって嬉しいです。
そうですね。まんまの私自身を見てもらったことがない気がします。上辺の私を認めて、本当の私は否定されてきました。それで自分を押し込めているうちに自分が見えなくなったんでしょうね。
動機なんかはだいぶ収まったんですが、まだ圧迫感はあります。夫と暮らしている限り、これはもう仕方がないんだろうと思います。なるべく接触は避けるようにしています。
温かいお言葉ありがとうございます。頑張りますね。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月12日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。