2006年09月05日

掃除のこと

結婚当初、共働きだったこともあって、家事は半々で、という約束だった。

平日は先に帰った方が夕飯を作り、遅かった方が洗い物をする。
手のあいている方が洗濯物を干し、取り入れて畳む。

最初のうちは、うまくいっていると思っていた。でも、なにかおかしいことに気付いた。

部屋の片付け、掃除は、とくに分担を決めていなかったせいもあって、夫はなかなか動かなかった。

私が散らかっているなあと思って片付け始めると、「片付けようよ」と声をかけても「うん、ちょっと待って」と言ったまま、終わるまで動かない。掃除機をかけても、夫の座っているところ付近をかけるときだけちょっとどいてそこらのものを持ち上げる程度で、手伝いにもなっていない。終われば「おつかれさま」くらいは言われるものの、不公平を感じていた。

毎回私が掃除をするのもおかしい!だいたい散らかしているのはほとんど夫なのに!と思い、夫自身が我慢できなくなるまで片付けはしないことにした。夫は散らかってると思ってないのに私が勝手に片付けている形になっていたから、逆に夫が散らかっていると思うまで待とうと思った。私も散らかってるのは平気な方だし、まあいいやと。

そのうちに、夫が突然不機嫌マックスで宣言する。「片付けるぞ!」私は有無を言わさず参加させられる。何が途中であっても。全部屋の片付けをし、掃除機をかけ、作業が終わると、普通の生活に戻る。不機嫌の余韻を残しながら。

私は夫の不機嫌に理不尽を感じながらも、一応これなら一緒に掃除をしているし、平等だから、ちょっと大きな声を出されるくらい、我慢しようと思っていた。

その生活は私が子供を産むために仕事を辞めるまで続いた。

専業主婦になってしばらくして、私たち二人の共通の友人に会った時、夫が言った言葉に空いた口が塞がらなかった。

「こいつは全然掃除をしない。散らかっているのを何とも思ってないどうしようもないヤツだ」

それはあんたのことだろ!私が掃除をしていれば自分は何もしないくせに!と言いたかったけど、友人の前で夫婦喧嘩を始めるのも失礼だし、雰囲気悪くなるし・・・と、我慢した。

正直、そんなふうに思われているとはまったく知らなかったので唖然とした。機嫌が悪いのは、部屋が散らかっているのが居心地が悪くなって限界に来たからだと思っていた。そこまで我慢している自分が悪いんでしょ、と思っていた。私に向けられた不機嫌だとは思わなかったし、思わないようにしていた。

なんで私に言わないの?他の人にチクるみたいなことをして。なんで?

夫は、こんなふうに、思っていることを直接言わず、私が反論できない状況で問題発言をする。夫は、事実として私の問題を知らしめることで、私への他人の評価を下げ、私の自己評価を下げていった。

いまだに、掃除は嫌い。
posted by 蝉ころん at 09:28| Comment(2) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。リンクありがとうございます。わたしも入れさせていただきました。

似てますね。本当に・・・。
反論できない状況で責められる。辛いです。
Posted by 小麦 at 2006年09月06日 09:12
こちらこそ、リンクありがとうございました。(^^
反論できないのと、時間をおいてやられるのが辛いです。その時の状況をこちらはすっかり忘れているので、釈明ができないんですよね。
逃げ道をふさぐやり方は、ひどいと思います。気にしないように、と思っても、やっぱり傷ついてしまうんですよね。少しでも軽く考えられるようになれるといいですけど・・・。
Posted by 蝉ころん at 2006年09月06日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。