2006年08月28日

最近のおもな嫌がらせ

最近はすっかり家庭内別居状態になって、モラハラらしき行為はあまり受けていないと思っていたけど、やっぱりそれは私の幻想に過ぎないらしい。


この夏、夫は子供にディズニーランドに行こうと言っていた。私には直接言わず、ただし必ず聞こえるように。

夫は、人込みが嫌いだ。人が多いところに行くだけで、どんどん機嫌が悪くなるし、行列を待つのなんかだいっ嫌いだ。ただ、それは、私と二人だけの時にしか見せない顔ではある。

そんな夫が、夏休みの混雑するディズニーランドに行って、楽しめるわけがない・・・私はそう思いながらも、乗り気になって話してくる子供と一緒に、夫の持って返ってきたパンフレットを眺めたりしていた。

夫は相変わらず子供にだけ話しかけ、「こんなのもあるぞ、これはどうかな」なんて、楽しそうにしている。私が「何日くらい行けそうなの?」「ホテル泊まるの?」なんて話しかけても、まるでなにか変な音がしたな?というふうに「ふぅ?」といった気のない声が発せられるだけで、返事もない、聞いているのかもわからない、ただ子供の手前、反応だけはしましたよ、という感じだった。

同じ部屋で、子供と談笑しながら、私一人を子供にしか見えない座敷童のように扱う夫。

だからといって、私がこの話題に入らないと、最終的に私が乗り気でないから話しが流れた、という結果に持ち込まれる。子供の楽しみでさえ、そんなふうに利用される。

そして夫とはまともに話しもできず、まあ本気で行きたければ自分で手配するだろ、と、放っておいたら、結局この話はうやむやのまま夏が過ぎた。実家にも帰っていたし、夫の中では、私のせいになっていることだろう。


それから、帰省のとき、私がいない間の生活費を渡そうとしたら、「いっそカードをくれ」と言われて、もともと夫名義の口座のカードだし、いやというわけにもいかず、渡したら、それから返してくれない。私からも言っていなかったからと思って、昨日言ってみたけど、「おぉ」かなんか言って、そのままうやむやになった。いつもなら、私の席に置いてあったりするのに。

いよいよ経済制裁がはじまるのかもしれない。ただの脅しかもしれない。どっちにしろ、計算ずくなことは間違いないと思う。


それにしても、いろいろ手を変え品を変え、嫌がらせしてくる夫には参る。どうしてもこちらも「相手の行動を悪くとる」ことに抵抗があるから、つい、嫌がらせだと気付けないで過ごしてしまう。それくらい、微妙なところを攻めてくる。免疫が付いてくると、新しい型に変わってしまうウイルスみたいだ。
posted by 蝉ころん at 13:07| Comment(0) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。