2006年08月21日

キャベツとこんにゃく

まだ付き合いはじめのころ、夫と知り合うきっかけになったサークルの仲間で、お昼を作って食べたことがあった。焼きそばと、お好み焼き。

私はキャベツを切るように言われたので、彼(現夫)にどう切ろうか?と聞くと、適当に、との答が返ってきた。じゃあ食べやすいように、と思って、1×4cmくらいの短冊に切った。全部切って彼に見せると、

「なんでそんなに細く切るんだ!焼きそばのキャベツはもっと大きく四角く切るもんだ!」

と怒鳴られた。私は訳が分からず、とっさに近くにいた他のメンバーに、「この形っておかしい?」と聞くと、「いや、おかしくないよ。これが普通だよ」と言ってくれて、その場は収まった。その人は、彼にとって憧れの対象になるような人で、その人のお墨付きを得たので彼にはぐうの音も出なかったようだった。でも、彼はあきらかに不服そうな顔をしていた。



その後、結婚してからも似たようなことがあった。その日のメニューはたこ焼き。このときは夫婦二人で初めてたこ焼きをした日で、私はこんにゃくを切るように言われた。また、私がどう切ったらいいかと尋ねると、「適当に」という返事だった。

私はたこ焼きにこんにゃくを入れるということを知らなかったので、どう切ったらいいかわからなかった。ざっくり切って歯ごたえを楽しむのか?細かくしてかさを増やすのに使うのか?だから聞いたのに、「適当に、好きなように」と言われて、じゃあ好きなように切ろうと思った。大きめに切っておけば後からまだ小さくできるし、と考えて、タコと同じくらいのサイズに四角く切った。とりあえず出来上がって見せると、夫は

「なんだこれは!どこの世界にたこ焼きに入れるこんにゃくをこんなに大きく切るヤツがいるんだ!かせ!俺がやる!」

と怒鳴って、怒った手つきで乱暴にどんどん小さくみじん切りにした。

ああ、そんなに細かくして入れるんだ・・・と思いつつ、なんで知らないことをやらされて、教えてもくれないで、なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろう?せっかく切ったのになんで認めてくれないの?とモヤモヤ。でもあまりの突然の不可解な出来事に、どう反応したらいいかわからず、何も言えなかった。



焼きそばの時も、たこ焼きの時も、そして他の数多くの時も同じだった。私が知らないと言っていることを無知のままやらせ、失敗すると、少しは頭を使え、考えたらわかるだろ!と怒鳴られる。こちらの言い分も聞かずに。聞いたとしてもそれさえも否定して。

そして、こちらは、キャベツくらい、こんにゃくくらいのことで、荒立てるのも大人げないか、と思って、そのうち機嫌のなおった夫に対しては何も言わずに過ごしてしまった。

でもこれってキャベツ、こんにゃくのこと?って今なら思う。夫にとってはそうかもしれない。でも、私にとって、怒鳴られた側にとっては、「怒鳴られたこと」が問題だったんだ。切り方が問題なんじゃない。少し切り方が悪かったくらいのことで、そこまで怒鳴られた。そこに目を向けなきゃいけなかったのに。

こんな時にも相手の立場で考えてしまっていたんだと思う。

もっと私は私の味方をしたらいいのに。私は何に対して不当だと思ったのか。何が嫌だったのか。もっと自分の気持ちをしっかり見つめたらいいのに。切ったのを認めてくれなかったのが嫌だったんじゃないはず。だって、ダメならやり直そうっていう気持ちはあったんだから。

私は不当に蔑まれて、怒鳴られたのが嫌だったんだ。そんなに怒鳴られなきゃいけないこと?これくらいのことで怒鳴られるのは嫌だ。知らないと言っていることを無知のままさせておいて無能呼ばわりも許せない。そう言えばよかった。言ってよかったんだ。

今の私も、まだまだ自分を見つめるのが下手。でも時間はかかるけど、見えるようになってきた。
posted by 蝉ころん at 03:04| Comment(2) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、前の記事ですが・・・

同じ体験をしたもので。

私は母からのものなのですが・・・
小学生から家事をしていました。ある日、肉じゃがを作って欲しいと言われ、初めて作ることに挑戦した日、じゃがいもの切り方を尋ねると「大きめに切ってくれたらいい」と言われたので、子ども心に大き目かな・・・と切りました。出来たよ、と報告すると「こんな小さいのじゃ、じゃがいもが溶けて肉じゃがにならないやん!!」と、いきなり激怒。じゃ、はじめの一つを切って見本を見せて欲しかった・・・いまだに、肉じゃがをすると思い出す一こまです。
Posted by tuki at 2007年10月26日 16:22
>tukiさん

こちらにもコメントありがとうございます。(^^

お母さんからのモラハラを自覚できているのはいいことな気がします。私は無自覚で大きくなった分、外でモラハラを受け入れてしまっていた気がします。自分もしていたり、ね。

突然激怒はパターンですね・・・。

これも、今読むとやっぱりちょっと感じが違いますね。今ならこれされた時点で出て行くな・・・って感じです。こんな程度のことでこんな変な怒り方するようなやつと暮らしてたの?やめとけよ・・・って感じかな。ホント私も変わりました。それだけ洗脳されてたんですねえ。怖いですね。

「切り方を尋ねた」「初めの一つを切って欲しかった」これですよ。こちらはちゃんと聞いてる訳です。「わからない」ことを伝えてるんですよ。それなのに、そこをはぐらかしておいて、あとで怒ってくる。そっちがバカだろ?と思います。今なら。そんなにこだわりがあるなら最初から指定しろと。もうバカとしか言いようがない。

で、たぶん向こうもそれをうすうすわかってるんですよ。「最初に言っとけば良かった」ことに気付きたくないために、先手でこっちに責任をなすりつけているだけ。

こんな人と付き合わなくていいし、こんな言葉を重く受け取らなくていいんです・・・。でも親子だとなかなかそうはいかないのが辛いところですね。

子供のtukiさん、偉かったねえ。よく頑張ったよね。小学生からそこまで責任持たされて・・・今でも肉じゃがを作れるだけでもすごいですよ。私なら二度と作らないってなってただろうなあ。(^^;
Posted by 蝉ころん at 2007年10月26日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。