2006年08月06日

傷つける冗談

私はよく夫の言葉に傷つきました。でも夫はそれを「ただの冗談」だと言います。

結婚して、子供ができたら、私自身のことを面白おかしく(夫にとって)表現するのが気に入ったようでした。

「胎児の生命維持装置」とか、「母乳製造機」とか、「抱っこマシーン」とか。
わざわざ赤ん坊の顔と見比べて、「でかっ」「気持ちわるっ」とか。
つわりで苦しんでいるとき、「つわりがきついのは旦那がやさしいからだってさ」とか。
大きくなったお腹を見ても、お腹で赤ちゃんが動いているのを見ても「気持ちわるっ」
授乳中に大きくなった胸も「気持ちわるっ」母乳が出ているのを見ても「気持ちわるっ」

しかも、とがめると、「冗談じゃないか」とか、「だって本当に気持ち悪いんだもん」なんて言って、全然悪びれもしない。

私は、冗談のわからないヤツ、と思われるのが嫌で、冗談なんだ、と自分に言い聞かせて、「ひっど〜い」と、軽く流したフリをしていました。「気持ちわるっ」がでても、ああ、また言ってるって。

でも、どんどん自分が気持ち悪いものになっていくような気持ちにもなっていました。今思えば、本気で怒ればよかった。なんで自分が傷ついているのに、冗談ですませられて、謝られもしないで許しているのか。

だいたい、子供ができてからの夫の態度を見ていたら、あながち冗談とも思えません。夫は私に子供産ませればそれでよかったんだなあ・・・って。そうとられても仕方ないような言葉だと思います。私はただの子供を産む道具であるかのような。

そんな風に悪く取っちゃいけない、彼なりの照れ隠しなんだ、って思い込もうとしてましたけど。でも、表情にも態度にも出てたし。そう受け取られたくないなら冗談でも言っちゃいけない言葉じゃないでしょうか?

妊娠中って、マタニティブルーとかって、ホルモンバランスの崩れから精神的に不安定になる、といいます。実際になると思います。でも、なんでもかんでもマタニティブルーのせいにして、実際に傷つけられていることを気付かないフリしてたら、やっぱりいけなかったとおもう。夫も私も。


言いたい放題言っていたのは夫だけど、言いたい放題言っているのを放っておいたのは私。自分が我慢してればご機嫌なんだから、細かいことでいちいち真剣に怒って険悪になるは嫌だから、そう思って、自分を粗末にしてきたのは私。そしてだんだん洗脳されていったのに気付かなかったのも、私でした。

私は育児マシーンじゃないです。母親にはなったけど、だいぶ年も取ったけど、私は私。夫の望みをかなえてあげる機械じゃない。

今はもうこんな、傷つけられる冗談を私が言われることはありません。でも、子供相手に似たようなことを言っている時があります。子供が怒ると「冗談だよ」と言う夫。今はまだ、ぷんぷん怒って夫をぽかぽか殴ったりして素直に怒りを表しています。子供は本当に冗談として受け止められる子に育つんでしょうか。それともやっぱり内心では傷ついているんでしょうか。

人を傷つけておいて、謝らずに逃げるための隠れ蓑が「冗談」なら、そんな術は身につけないで欲しいし、こういう冗談を言う人に危険を感じられるようになってほしいです。
posted by 蝉ころん at 08:10| Comment(2) | 夫との日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん前の記事へのコメントになりますが

私の母も、人のキズ付く言葉で「冗談」を言う人です。
今までで最大の冗談は、9ヶ月になった赤ちゃんの物を色々取り揃えている時の一言
「まだ9ヶ月やし、お腹の中で死ぬ事もあるねんで」
でした。
初めての子どもの用品を揃えてウキウキ楽しんでる私がウザかったのでしょうか・・
マジで怒ったら「冗談もわからんのか?」と・・・
そんな冗談あるなんて知りませんでしたとも。

ねぇ。
Posted by tuki at 2007年10月26日 15:25
>tukiさん
こんばんは。(^^

古い記事読んで下さって、コメントまで、ありがとうございます。

今読み返してみるとこのころの記事は全く別人が書いたもののようです。今ならこんなふうには書けないな・・・と、自分の心の変化をあらためて感じました。

今考えてみると、この「傷つける冗談」の裏には元夫の「羨ましくなんかないもんね」という負け惜しみが隠されている気がします。自分が出来ないことをしている私の価値を低く扱うことで自分の位置を保とうとしているような・・・。

tukiさんのお母さんのセリフも本当は羨ましい自分を認めたくない気持ちが言わせたものかもしれませんね。それにしてもひどいです・・・そんな不安を誘うようなこと、それが原因で本当に危険を引き起こしたっておかしくないのに・・・。そんなことは頭には浮かぶこともなく、ただ無自覚に自分の気持ちを押さえつけるためにtukiさんを押さえつけてるだけなんでしょうね。

でも、自分の本当の気持ちを踏みにじっているからって、人の気持ちまで平気で踏みにじって欲しくない。自分で自分にしている仕打ちを自覚して欲しいです・・・。こんなの「冗談」じゃないものね。
Posted by 蝉ころん at 2007年10月26日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。