2006年07月03日

夫の母

昨日は、なんだかすごく不安定でした。

そろそろ月のものがくる頃だから、なんでしょうか。昔はあんまりこういうものの影響がなかったと思うんですけど、最近ほんとにメンタル面が弱くなってます。

それでも、日記(ここではなくて、プライベートでつけています)を書いたことで、少し自信を取り戻して落ち着くことができました。やっぱり書くことってすごいです。


さて、今日は夫の母のことを書きます。

あまり色々ほじくり返しても、なんだか責任転嫁しているみたいでいやだなあ、と思って書かないようにしていたんですが。

やっぱり、書いておいて、記憶にとどめておかないと、また流されることがありそうなので、書いておこうと思います。

私は夫の母が苦手です。最初は仲良くなりたいと思っていたんですが、付き合うにつれて、だんだん距離を置くようになりました。

義母は、何かを私に決めて欲しい時、「○がいい?それとも△にする?」というふうに、二者択一で聞くことが多いです。

そこで私が、「○にしましょうか」と答えると、私が選んだ方を褒めちぎり、反対に選ばなかった方をこき下ろします。

「そりゃそうよね!○がいいに決まってるわ!△なんて絶対変だわ!こんなの選んだらおかしいわ!」

という具合に。

最初は、私の選択に賛同を示してくれてるんだ、ちょっとオーバーで苦手だけど、お義母さんが思っていたのと合っててよかったな。と、好意的に受け止めていました。

でも、毎回毎回この受け答えをしていて、だんだん不思議になってきました。とにかくいつでも私に賛同、反対意見はこき下ろし、です。私が△を選んだらなんて言ってたんだろう・・・?と。

実際、私がどっちにしようか決めかねていても、必ずどちらかを選ばせて、そしてもう一方を無茶苦茶にいうのです。さっきまでそちらにしようか悩んでいたのを見ているのに、です。なんか気持ち悪いものを感じてました。

まあこのくらいならなんてことなかったんです。私だけのことだし。


子供が大きくなってきて、お行儀が問題になるような年頃になってくると、この感覚はしつけにも現れてきました。

子供が、何かいいことをします。すると、とてもオーバーに褒めたたえてくれます。それはいいと思うんです。ただ、その時に必ず、これができない子はどうしようもない、いけない子だ、というようなことを付け加えるのです。他に子供がいると、その子のことをこき下ろす役に使ったりします。

例えば、外食をしていて、うちの子がぱくぱくなんでも食べる。すると「すっごーいね、もう食べたの、ひょっとしてお父さんに食べてもらったんじゃないの?えっ違うの、自分で食べたの?ほんと?ほんとに?ま〜〜〜なんて賢いのこの子は!」のような感じで褒めたあと、「あそこのテーブルの子はあんなに残して、本当にどうしようもない子ね、お行儀も悪いし。あなたはそんなことないよね、これだけちゃ〜んと食べて、ほんと、あんな子じゃなくてよかったわ!おばあちゃんは嬉しいわ〜!」と来るのです。

これって、褒めてるつもりかもしれませんけど、なんだか変な意識を埋め込みそうで、嫌だったんです。褒めるなら、褒めるだけでいいのに。なぜわざわざ比較対象を見つけて、こき下ろす必要があるんでしょう?

子供の幼稚園の入園式の日にもありました。

「うわ〜おつかれさま!あなたえらかったね〜シャキッと前向いて、かっこよかったわ〜!隣の子なんか、ず〜〜っとママ〜ママ〜って泣いてばっかりで、かっこわるかったね〜!あんなに泣いてるの、恥ずかしいね〜、あなたはきちんと前向いて先生の話も聞いててさすがおばあちゃんの孫だわ!」
みたいなかんじです。義母がくさしている相手、これからクラスメイトになる子です。今から友達になろうという子のことを、なんでそんなふうに言うの?そして、夫、横で聞いててなんで指摘しないの?

私も指摘してないから一緒ですけどね。一応後で子供にフォローはしときましたけど・・・。

そしてそれから、ことあるごとに、褒め&こき下ろしトークは続きました。

運動会や発表会。仲良く一緒に遊んでいるクラスメイトのことを平気でこき下ろします。だんだん行事に呼ぶのが嫌になり、子供を会わせるのが嫌になりました。

こんなことをずっと言われていたら、お友達を見下すようになってしまう・・・。



そこで気が付きました。夫は、ずっとこうして育てられてきたわけです。夫が人付き合いが苦手なのも、変に自信満々なのも、なんでも人のせいにするのも、ここに根っこがあるんだ。そう確信しました。

夫は明らかに私のことを見下しているのに、自分では全然そのことに気付いていません。そして、私が冗談ででも夫を軽く扱うと、猛烈に怒ります。夫にとっては周りの人間を見下している状態が普通で、周りから見下されるなど許されないことなんでしょう。

夫がやることは全て正しく、夫がしていないことをする人は、みんな間違っているんです。だって、ずっとそう言われて育ったから。幼い頃に植え付けられた価値観は、ここまで重いんだと思いました。

うちの子達は、ずっと義母と一緒にいるわけでないから、そんなに影響は出ないかもしれませんが、やっぱりあんまり近寄らせたくないなあ〜と思ってしまいます。
posted by 蝉ころん at 10:37| Comment(2) | 夫を読み解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親って重要ですよね。元ダンもそうなんだけど、元ダン兄も実は似てる所が有って(自分は動かず人を動かす様にしむける)、兄嫁に当たる人から実はタマにメール貰うんですよ^^お互いで、義両親の悪口というのか、おかしいよね〜って思う所が同じなんですよ。もう、モロにその影響な訳です。兄嫁も離婚寸前まで行ったのですが、娘が居て、その辺で思いとどまってるってことも有って。私が悩んでた時に、義両親の事話してたんですが、私のブログには書けなくて(元ダンが読んでるから)。親の存在って本当に大切。それが判ったんで、もう根本的には治らないって思ったんですよ。いい所は認めても、人間性は変わらないって親見て良ーーーく判りましたもん。蝉ころんさんのお子さん、なるだけ守ってあげてくださいね^^
Posted by るんた at 2006年07月03日 16:43
>るんたさん
コメントありがとうございます。(^^
義姉さんがいたんですね。嫁同士で仲いいのって羨ましいです。うちは夫の姉で、小姑ですから、ぎこちない関係です。それ以上にならないように接触は極力避けてます。(^^;
でもやっぱり兄弟って似るんですね。そりゃそうなのかな。根本で受けている影響が同じなんですもんね。育つ過程で気付くことができればまた違うんでしょうけど・・・。
はい、私もなるべく守りたいと思ってます。ありがとう。(^^
Posted by 蝉ころん at 2006年07月04日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。