2011年03月21日

原発のこと

福島原発の状況はまだまだ余談を許さない状態で、ニュースを見る度どきどきする。

前回原発の対応のことを書いたあとも、やっぱりいろんな思いがぐるぐるしていて、なにかひっかかる感じがした。

ひっかかった感じを探ってみたら、やっぱり昔の忘れ物が出てきた。



放射能のことについて習ったのはいつのことだったのかは忘れてしまったんだけど、原子炉の仕組みに話が及んで、私は当時、すごく恐怖を感じたんだった。

なんで原爆で被害を受けた日本が、核に大反対しているはずの日本が、そんな危険なものをエネルギー源として使ってるの?

必ず生成されてしまう放射性の廃棄物を埋めるって言うけど、埋めたら放射性がなくなるの?どこに埋めるの?いつまでそれでごまかせるの?

そんなものが大量に出るものが安全だなんて、なんで言えるの?

大人はなんで、そんな後始末に困るようなものを続々と建設させているの?




私は当時、とてもとても怖かった。

でも、誰にも怖いと言えなかった。

私を否定されることの方が怖かったから。

いくじなしだと思われたくなかった。

固いことを言う環境活動家みたいに思われたくなかった。



だから見ないふりをした。

私は今まで、きちんと原発反対の意思を表に出さないまま、ここまできた。

そうしていつの間にか、原発のことなんか意識もしないで無造作に電気を使ってきた。

政府や東京電力の上層部と何が違うのか。

私は私に怒ってる。

なんであんな怖いものをそのまま使って平気なんだって。

あんなものがなければ成り立たない発電量の電気を平気で使うんだって。



私は私の気持ちを大切にしたい。

節電じゃなくて、電気をあまり使わない生活にシフトしていこう。

原発に頼らなくていいために、自分ができること。

私は、原子力発電に反対。
posted by 蝉ころん at 19:39| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。