2010年12月21日

部屋を片付けると

昔から、部屋を片付けると友達を呼びたくなる。

「やっと片付けたから遊びにきて」

これが、昨日、またやってきた。

「片付けたよ」というと「じゃあ遊びに行けるね」と言われて「来て来て」となるんだけど、その裏にある心理に気づいた。

私は、褒めて欲しいだけだった。

いつも、遊びに来てもらっても、あまり楽しんでもらえてないっぽいことを気にしつつ、結局人疲れしてしまう私。

会いたい、うちでのんびり喋りたい、一緒にだらだらテレビでも見よう・・・そんな目的がなにもなかった。

ただ、褒めてくれそうな人に片付いた部屋を見て片付けたことを褒めて欲しいだけだった。

そしてやっぱり、それは親に褒めて欲しい気持ちが、根っこに潜んでるんだ。



私は、片付けをしても、その後に散らかしたときに倍嫌味を言われるのが嫌で、親には片付けたことを言わなかった。

それでも親は部屋にはくるし、片付けたことはバレてしまい、やる気をなくした。

そしてまた部屋は散らかり、嫌味を言われる。

私がきれいな部屋にいたい、その気持ちだけで片付けていたわけじゃなかった。

時間が遅くなって焦ったり、途中を見られて血の気が引いたり、あまりの物の多さに嫌になったり、しがらみで捨てられなくて結局元に戻したり・・・全然変わってない。

褒められたいのに、褒めて欲しい人に知られたら最終的に嫌味を言われることに怯える。

褒められたいから、褒めてもらえる片付け直後の状態だけが目的になって、結局続かない。

そんなパターンができあがってた。



最近のモチベーションは、子供部屋を作ってしまって、明け渡すこと。そして、心置きなく自分の部屋を好きなようにすること。

そのために子供部屋にする部屋を空にしたのに、それでも人を呼んで褒めて欲しいんだなあ。

子供部屋は子供のもので、私が自慢するためのものじゃないよね。

一度、この目的は放棄した方がいい。

誰も人が来なくていい。

私自身が、まず今の状態をただ楽しんだらいい。



そして人と会いたくなったとき、ちゃんとその気持ちを知ろう。

私は誰に会いたいだろうか。

何を話したいだろうか。

そのために家に来てもらうのがよければ、それから呼んだらいいよね。

頑張って片付けたことを自慢したいのも、それもいい。

でも、いつでもきれいな部屋に片付けている私、なんて、やっぱり無理してる。私を縛ってる。

もう散らかった部屋のままでも人を呼べるよ。

散らかってたって、それはそれでいいじゃない。

散らかってたって、それはそれで私っぽい。

たぶん、片付いてても私っぽい。

私が疲れない、気持ちいい部屋で過ごせているなら、誰が褒めてくれなくてもそれはきっと私らしい。
posted by 蝉ころん at 14:49| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。