2010年11月12日

私の記憶力ってやつ

私の記憶力、特に身近な出来事についての記憶力が低いことの原因がなんとなくわかったかもしれない。

私って、友達もほとんどいなかったし、親も兄弟も私と話なんかほとんどしなかったからっていうか私の話なんか聞かなかったから、私はその日のこととかあんまり話したことがない。

そういえば覚えてる。

学校から帰って、ねーねーって話しかけても、あとでねって。

すっごく嬉しいことがあって、るんるんで帰っても、家の中は真っ暗で。

楽しいことがあっても、辛いことがあっても、分かち合う人がいなかった気がする。

大人になってもずっと聞き役できたし。



記憶する意味がなかった。

伝えたい、共有したいことがあっても、伝える相手は存在しなかった。

なんのための記憶?

伝える相手がいないなら、引き出す機会がないのなら、記憶する意味もない。

たぶん、記憶はあるんだろう。データとして。

アクセスする機能がすごく低能なんだ。

引き出されないから。

私の記憶は、雑学とかそんなんばっかり。

なにって、実行できること。

人生の参考にできるようなこと。

人に伝えるための記憶じゃない。



なるほどなーと思った。

これも改善していけることだな。

posted by 蝉ころん at 15:19| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。