2010年10月07日

積もった怒り

あってはならないと思っている感情を封印しているとき、本当はその感情が発生していても、私には見えていない。

私が尋常じゃない怒りを感じているとき、その奥には、封印された過去の経験の積み重ねがある。

「またそれか!いい加減にしろ!」

という感覚の怒りに思える。

過去、数えきれないほどの回数にわたって繰り返されてきた、同じような行為に対する怒り。

たまたまそのとき目の前にいる人物がした行為が、その人にとって初めてしたことであっても関係なく沸き上がる怒り。

封じている分、芯の部分が見えないまま積もって積もって大きく育った怒り。


「いい加減にしろ!!」


誰に言ってるんだろう。

そのとき目の前にいる相手を通して、運命のようなものに叩き付けているかもしれない。

何度も何度も目の前に現れる、回避しようとしても回避できない問題に対する苛立ち。

仕組まれているようにさえ感じる。

いつまでこんな目に遭わせる気だ!

いつまで私はこんな目に遭い続けなければいけないんだ!!




それは、私が、気付くまで。

私が、自分に眠っている怒りを正当に解き放って、過去の怒りから解放されるまで。

頑にならず、柔らかく、自分を許しつつ、自分の感じ方を受け入れて、自分を取り戻すまで。

それまで、何度でも、封じられたところで密かに働く自分の無意識が仕掛け続けてくる。

まわりの人間を巻き添えにして仕組んでくる。



私はもう、気付くやり方を知った。

次は、いつ、どんなふうに出てきた怒りに対しても、気付いていけるように、身に付けていくこと。

そして1つずつ焦らずに解放していくこと。

私の人生の宿題。

posted by 蝉ころん at 23:35| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。