2010年09月23日

もういない相手に返す

ひかるを追いつめそうになった。

ささいなこと。

私が声かけしたときにひかるが反応していれば回避できたことだった。

回避できるタイミングで声かけをしたのに反応がなかったから、スイッチが入った。

当てつけで手を貸す。

ここまでして、結局ダメなら、そのときはわかってるんだろうな。

そんな思考があった。

そして、ダメになってしまえと思っていることも感じた。

なんとかしなきゃと思う気持ちがあった。でもこの怒りを消したくない、ぶつけたいという気持ちが主導権を持っていた。

でもやっぱり違うんだ。

違うんだよって言う。

その怒りはひかるに向けるものじゃないんだよ。

ひかるじゃないんだよ。

その相手はもういないんだよ。

悔しいけど、本当に悔しいけど、もういないんだよ。

いないんだよ。




手を貸しながら自分に声をかけ続けていたら泣けてきて、そのまま泣いて。

気がついたら、当てつけじゃなくなってた。

ちゃんと、手を貸せてた。




今日味わった感覚。

1つずつ、逃げ場を塞いでいく感じだった。

助けるんじゃなく、言い訳を潰していく。逃げられないように追い込んでいく。

恐ろしい。

モラハラは本当に恐ろしいと思う。

自分でしてて思う。

外から見たら親切にしか見えないことで、人を追いつめることができる。

しかも、してる本人も自分が裏に追いつめたい欲求を持っていることに気付かないまま親切のつもりでやってしまう。

できごととしてはほんの些細なこと。

そんなことで、って言うくらいのこと。

当事者間でしかわからない、見えない恐ろしさ。




それが、自分の意識が違うだけで全然別のものになる。

してる行為が同じでも。ちゃんと親切に戻る。

今日は、見えてよかった。

ころんちゃんとつながれてよかった。

過去のことは過去に返す。

過去のこととしてしっかり悲しみ尽くす。

ひかるの問題はひかるが背負うしかないように、ころんちゃんの問題はころんちゃんでないと解けないんだ。

そこは私じゃだめなんだ。

posted by 蝉ころん at 23:18| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。