2010年07月12日

今日出たイメージ

自分が食べたいものを子供にあげたくない。

横取りされるのがイヤ?減るのがイヤ?

なんかどうもそんなんじゃなかったらしい。

今日、おいしいものをおいしく食べてるイメージとして、広くてちょっと薄暗い昼下がりのダイニングで、誰か母親でない大人の女性と二人で座っていて、私が何かを食べている。女性は何も口にせず、ただ微笑んで「おいしい?」なんて話しかけている・・・そんな情景が浮かんだ。

私が求めているのはそういう感じ。

ただ私がおいしいって食べているのを、嬉しそうに見守ってくれている、そういう存在が欲しいわけで。

まずそれが満たされるのが必要なんだってこと。

他のことでも同じ順番が必要だと思ってたけど、こんなにはっきり情景が浮かんだことはなかったな。

これは結構大切にしていたイメージみたい。

実際にこんなことがあったんだったか、テレビかなにかで見たものなのかはわからないけど、大切なものって感覚はする。

私の分を、全部ひとりで食べていいの。食べ終わるまで見守っててくれるの。急がなくても、誰にも取られないの。見守っててくれてるから、なにも邪魔は入らないの。

安心感の中で食べたかったのかな。薄暗いのは、他の人間から隠れていたい気持ちが出てる気がする。




これも、やっぱりいつも通り、自分で時間をかけて満たしていこう。

ころんちゃんと一緒に食べるんじゃなくて。ころんちゃんが食べてるのを見守る。

私が食べたいんじゃなくって、大好きなころんちゃんに食べさせてあげたかったって気持ちを向ける。

「おいしいね」じゃなくて。

「おいしい?」ってね。

「ゆっくり食べていいんだよ」って。

posted by 蝉ころん at 22:04| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。