2010年06月08日

悪くないんだ

今日は疲れもあって、子供と気持ちがずれまくってる感じがしてた。

で、ちょっと、スムーズにいかないときに立て続けにのぞむとひかるが同じような困ることをしてきて。

で、二人とも謝らない。

カチンとくる。

モヤモヤしたから1人になって探ってみた。



私は嫌だったんだ。

困ることを、手間取ることをされて嫌だったんだ。

それでも謝ってくれなかった。

なんで?

嫌なことしたのに。

あっちが悪いのに。



ここだ。

子供たちが悪いのか?

私は嫌だった。

それだけしか、そこにはなかったんだ。

悪いとか、ないんだ。

私が嫌だったってことを、子供たちが受け入れてくれるのかどうかだけ。

私は伝え方を間違った。

責めてしまった。

そして、子供たちは受け入れないことを選んだ。

そりゃそうだ。

悪くないのに責任なんて押し付けられたくないよ。



悪いなんてないんだ。

そこには気持ちがあるだけなんだ。

嫌だったってこと。

嫌だったってことをわかって欲しかったこと。

私がそういう気持ちになったことに対して子供たちには責任はない。

子供たちは、そのままでいいんだ。

そういうことなんだ。



わかってもらえなくて私が寂しかっただけなんだ。

押し付けちゃったね。

寂しさは自分で持とう。

posted by 蝉ころん at 21:21| Comment(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。