2010年06月05日

あげすぎてた

私は他人にパワーを使いすぎてるんだな。

自分に使うはずのパワーまで人にあげちゃってるんだな。

ずっと親にパワーを使ってた。

今は子供に向けてるのが多い。

お母さんなんだから、って。

これくらいはできなきゃって。



自分を基準にして線を引かないと。

それは私にしかわからない境界。

実は簡単なんだ。

だってイライラするもん。

イライラしちゃうほど頑張っちゃうのは、境界を越えてる証拠なんだ。

あげすぎたら返して欲しくなっちゃうんだな。

わけてあげられる分だけで対応できれば、イライラもでてこない。



私は返してもらうことを期待してたんだな。

褒められるとか、喜ばれるとか、笑顔とか。

それを取り込もうとしてた。

返ってこない前提でどこまで分けられる?

私のエネルギーの使い道は自分で決めていくんだよ。
posted by 蝉ころん at 21:00| Comment(4) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ご自分との対話日記に、はたからコメントするのもなんだか心苦しい気もするのですけど・・・。

私がブログ書いてた頃、蝉ころんさんはまるでぐんぐん水を吸い上げてくれるような、他に類のない、頼りになる理解者でした。とても救われていました。

でも、あれも、他人への「あげすぎ」のひとつだったのでしょうか。

というのも、私も過去にはどこかにそういうところがあって、いつしか、そのパワーの使い方が、ほんとうにいつのまにか、今はバランスがとれてきているような気がしています。


ただ・・自分のパワーをまずは自分の為に使うと同時に、孤立しないためには、人の為になりたい=、という願望も忘れてはいけないんですよね。なぜなら、それも「自分の」願望なわけだから。(^o^)


で、最近読んだ占いの言葉なんですが
「人の役に立とう、と思うよりも、誰かに自分のために役立ってもらおう=人に頼ろう、と考えるほうがいいのです。このほうがむしろ人を喜ばすことになることが多いのです、なぜなら、自分が何かの役にたちたいと望んでいるのが人間だから」

なんだか、堂々巡りしているような言葉ですが、

今の私に与えられた言葉です。
なるほどなあ、と感じた次第。

かつて、蝉ころんさんが、「理解」というかたちで私の大きな支えになってくれたこと。

この事実を、蝉ころんさんが、相手のためではなく、ご自分の力や願望の実現のひとつとしてご自身のために喜んでくれるなら、私はうれしいですけれど・・・。

だって、たぐいまれな能力ですもんね。(^−^)


Posted by なつ草 at 2010年06月08日 23:51
>なつ草さん

コメントありがとうございます。(^^)

だいぶ自分との会話が収まってきました。今は、積極的にいらないものを探す段階は過ぎて、見つかったら外していってる感じです。

私は自分がしてほしいことを人にしていたようです。自分のケアは手付かずのままで。

なつ草さんに喜んでもらえてて本当に良かったです。私にとっては、ころんちゃんの声をなつ草さんを通して聞いていたんだと思います。辛いの、辛いの、わかってよ、って。

私が一番辛かったのは、わかってもらえないこと、わかろうともしてくれないことだったので、話を理解しようとするってことが、ころんちゃんの一番望むことだったんです。

だから、私は自分の望みを自分が叶えられるんだってことを、なつ草さんたちとお話しすることで実感して、自信をつけたのかもしれません。

なつ草さんたちは、私の、話を解釈して、解釈したことを伝える、というスタンスを受け入れてくれて、喜んでくれたので、それはとても嬉しかったし、力になっていきました。あげすぎではなく、もらっていました。

現実では、色々と気を回そうとしたり率先して動いて力を使った上に何も返ってくるものがなかったり非難されたりっていう、あげすぎ状態になりやすかったな。

人の役に立とう、じゃなくて、人の役に立とうとするべきって考えに縛られてただけでした。


今は少し、自分の話も聞けるようになってきて、必要ないことは断ることもできるし、できないことには手を挙げたくなっても気付けるし、批判なんかも一歩引いて聞けるように、なってきたかな?

役に立とうとすることはないですけど、自分がしたいことをした結果が、誰かの役に立ったらそれは嬉しい。誰かに助けを求めて、助けがあったら嬉しい。

そんなゆるい感覚に変わってきています。

話を聞くのは、相変わらず好きです。好きだから聞いて、思ったことを話す。話したことを聞いてくれたら嬉しい。

そんな感覚ができてきたかなーっていうところです。
Posted by 蝉ころん at 2010年06月09日 17:47
そこまで自分の力で来られてましたか。私なんか、誰かに言われて、やっと気づく、ってことばかりなので、ついつい又伝えしたくなるんですよね。(^_^;)

ラインをひくとか、境界をつくる、って言葉なんかも、モラハラを知ってはじめて意識したことなんですが、けっこう世間の人は、よく使っている、ということも最近気づきました。

>あげすぎではなく、もらっていました。

そう言ってもらえて、うれしいです。

蝉ころんさんに受け入れてもらえて救われることで
蝉ころんさんの役にも立てていたんだな・・って。

でも、私は、蝉ころんさんが理解してくれたほどには蝉ころんさんをわかってあげられてなかったかもしれない。

力の差、ということで、許してね。

これからもともにぼちぼちいきたいですね(@^^)/~~~
Posted by なつ草 at 2010年06月09日 21:34
>なつ草さん

私はきっとそういう方面が得意なんでしょうね。

なつ草さんには、いつも違う角度からの意見をもらって、視野が狭くなってたことに気付かせてもらってたなあ。ありがたかったです。

これからも自分のペースでいきましょうね。(^^)v
Posted by 蝉ころん at 2010年06月10日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。