2010年05月31日

チャイルドに試されていた

ころんちゃんの声が聞こえるようになり始めた頃、当時の私にしてはハードルの高い要求が多かった。

試されていると感じた。



本当に聞く気があるのか?叶える気があるのか?
こんなことできるか?面倒だぞ。恥ずかしいぞ。お金かかるぞ。太るぞ。

それでも、本当にやる?



やらないと信じてもらえないのは知っていた。

だって、やり方が子供の頃の私と同じだから。

私が親を試していた時と同じだったから。

ぎりぎり、許容限度を超える要求を突きつけて、それが叶えられないようなら本物じゃないって。

何回か要望を聞いていくうちに、ころんちゃんの厳しい要求は収まっていった。

現実的には満足できたらしかった。



次は、ブログ。

かなり激しい感情がでてきても、そのままを書くこと。

ただ私が受け止めるだけでなく、その感情を、世に公表してもいいものと認めた証明。

書くことで、ころんちゃんの存在を公にすることで、私が存在を認めたことを納得してもらえた。

その上で、ブログをそういう目的で使っていることは書いてはいけなかった。

「私はいろいろときついことを書いていますが、これを書かないと進めないからしかたないんです。本当の私はこんなこと考えてないんです」

っていう、言い訳になってしまうから。

私ところんちゃんは別物ですって言っているのと同じ。

それは、ころんちゃんを本当には受け入れていない証明になってしまう。

だから、ただそのまま、浮かんだままを綴り続けた。

言い訳をしたくなっても、なにか違うって感じた。

この感情は、ころんちゃんは私。私をそのまま出すんだって。




でも今日、親を断ち切る覚悟を書いて、もう試しはいらないんだとわかった。

あとは本番だけなんだってわかった。

不思議だけど、わかった。




逃げないで向かうよ。

恐いけど向かうよ。

きっと大丈夫。
posted by 蝉ころん at 21:47| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。