2010年05月28日

超えたかった

バク転できるようになりたい、ってのがなぜか1ヶ月ほど頭にあって。

アラフォーでねえ・・・

まったくそんな素地のない状態からねえ・・・

さすがに体に悪いんじゃないの・・・

なんてぶつぶつと浮かんできてはいた。

たぶん、なんかスクールに行ったりすれば、きっと受け入れられるんだろう。

おばちゃんだからって邪険にされたり嘲笑されたりなんてことはないんだろう。

でもなんとなく、ハードルの存在を感じたまま。



ふと、昔はこんなことができる環境はなかったんだよなー、と思って、そしたら母の声が浮かんできた。

「いいねえ、今はいろんなことができて。お母さんの頃にはそんなことはできなかったからねえ」

そうそう。そう言われてたもんだ。

言われるたびに変な罪悪感を感じたっけ。

私も子供に言いたくなることがある。

その時の心理は、私が、やりたいことを我慢しなきゃいけなくて、ひたすら我慢してきたことででてくる嫉妬だった。

子供がしていることがしたいわけじゃないんだ。たまたま同じことな場合もあるけど。

やりたいことをやりたいと言えることが納得いかないだけ。



母も、したいことをきっとずっと我慢し続けていたんだろう。

私が意識し出した頃には、なにもしたいことも出てこない、欲しいものもない、ただただ我慢をしていることに気付くことのできない人だった。

いつ頃からか、私も自分から我慢をするようになった。

母だって我慢してたんだから。

誰々だって、こういう辛さを乗り越えたんだから。

だから、私だってできるはず。

我慢してみせる。

そして

そして・・・・・

超えてみせる。



超えたかった。

見下したかった。

あなたたちがさんざん自慢してきた、昔の我慢なんて、どうってことのないことだと。

ほら、簡単に乗り越えられた。

いつまでも過去の苦しみを振りかざして、バカじゃないの?

私はもうあんたたちを超えたから。

だから、もう、言うことなんか聞かないから。

そう、宣言してみせるって。

だから、戦時中を通り超えてきた父がうざかった。

俺なんかどうのこうの〜

今の奴はどうのこうの〜

うるさいよ。

そんな苦しみ、経験できるわけがないじゃん。

今の時代にそんな状況になれるわけないじゃん。

こちらが超えられない経験を盾に取るなんて、そんなのきたない。

でもとにかく、耐えて耐えて、くぐり抜けてやるって思っていた。

超えたかった。

声の主をちっぽけな存在に落としたかった。



そうすることで、声の影響から逃れたかったんだ。

そうして、呪縛を解きたかったんだ。

呪縛を解くための行動だったのに、呪縛をよけいに絡ませることになってしまった。

声の主の価値観の上で争っていただけだった。



やっぱり頑張ってたんだね。

自分のために。

解き放たれようとして頑張ってたんだよね。

すごいよ。

でもさ、もういいよ。

解放は私ができるんだ。

その頑張りは、向ける方向を変えよう。



したいことはしたくていい。

納得いかない我慢はしなくていい。

実行するのか、実行しないことを選ぶのかだ。

我慢なんかしなくていいんだ。



動いていいよ。

表現していいよ。

ころんちゃん、あなたはあなたのままであっていい。

わたしはわたしのままであっていいんだよ。
posted by 蝉ころん at 12:04| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。