2010年04月29日

自分のために

昨日の昼ご飯にカツ丼を作った。

人生初のカツ丼つくり。

前日の買い物のとき、ころんちゃんに夕ご飯の希望を聞いてみたらカツ丼がでてきて、それはちょっと手間がかかるなって考えて、次の日の昼にって約束したから。

ちゃんと一人分、カツ用のお肉を買って。パン粉も買って。

いざ当日は面倒くさいが強くなってて、子供が帰ってくる間際まで動けなかったんだけど、他の用事を放り出して「カツ丼つくる!」ってやった。

ころんちゃんだけのために、ここ数年やってないトンカツを揚げて。

サクサクでおいしそうに揚がったトンカツ。

もうこれで食べちゃってもおいしそう!

でも卵でとじてカツ丼にして。



わくわくしてた。

手際もすごくいいの。いつものだらだら料理はどこへ?

出来はよくはなかったけど、楽しかった。

自分のためだけにやるってことが、なんとなくわかった感じ。

変な話だけど、臨場感があった。

自分がやってるって感じが強かった。

いつもはやっぱり動かされてる感じだったんだなって思った。



あと、私のためだけを思って誰かが動いてくれている喜び。

自分でしてるんだけど、だからこそ本当に純粋に自分のためだけってのがわかって、すごく嬉しかったんだ。

自分のために、面倒くさいを打ち破って動いてくれたんだよ。

ちょっと失敗したって、嬉しかったんだよ。

それで、やっぱりこっちが先ってことも実感できた。

この感じが欲しかったんだ。

こういうのなんだよ。



大事だから、きちんと話を聞いてあげたい。

希望を叶えてあげたい。

できないことはあるけど、できることなら手間をかけても叶えてあげたい。

そういう気持ちが嬉しい。

自分のことでも、それをやっていっていいんだなって思った。
posted by 蝉ころん at 13:42| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。