2010年04月23日

嫌いな年頃

最近すごくすごく家事が嫌。

特に料理。

手抜きの手抜きの手抜きなのに。

ご飯とおかず1種類とかだよ?

でもイヤ。

すごくイヤ。

それでもなんとか気持ちを向けて、やっと動き出すと、下の子が寄ってくる。

「私もお手伝いする!」

普通は嬉しいところのはずなんだよ。

ほほえましい1シーンのはずなんだよ。

素直に受け入れられない。

まだお片づけすんでないでしょー。とかいって、逃げる。




いらいらーーーー

むかむかーーーー

嫉妬だな。

素直に無邪気に寄ってくる。

私が、必死で、頑張って、やっと気持ちを向けて。

よしって思ったところに。

やっと歯車が回りだしたところに。

横からぴょいって入ってきて。

横取り。

しかも、私がサポート。

ずるい。

横取り。

悔しい。

なんで横取りされなきゃいけないの。

私ががんばって始めたのに。

やんなきゃいけないからって、がんばってやり始めたのに。

さっきまで部屋を散らかしまくって遊んでた子がなんで横からかっさらっていくの?

なんでそれがまかり通るの?

私ががんばったんじゃん!

あの子なんかなにもしてないじゃん!

なんであの子が独り占めすんの?

そんで後始末まで私がしなきゃなんないの?

もうやだ。

こんなのやだ。

こんなのばっかり。

ひどいよ。ひどいよ。

私が喜ばれたいのに。

私が褒められたいのに。

全部あの子が独り占めするんだ。

何をやっても横取りされてばっかり!

こんな役ばっかりもうイヤだよ!!!

もうイヤだよ!!!







途中から、ターゲット変わった。

下の子じゃなくなって、誰かクラスメイト。

そか。

そうだ。

私子供嫌いだった。

ちょうど下の子くらいの子が嫌いだったんだ。

自由で、好き放題。

横入り、横取り、イヤな言葉、なんでもあり。

いじめではなく、悪意なくただしたいことをしてるだけの自由な子供。

大人は、そんな子供が大好き。

元気でのびのびしてていいねって、目を細める。

でも私はその影で傷つきまくってた。

誰にも気付かれずにずたずたになってた。

誰もあの子に注意しない。横入りしたよって。この子が先だよって。

私が言っても誰にも聞いてもらえない。

下手をすれば、私が横取りしようとしてるみたいに取られる。

誰も私を信用しない。

みんなあの子の味方。

あんな子だいっきらい。

大っ嫌い!

そんなこと言うと、ひねくれてるって言われるんだ。

知るもんか。

私はあの子も、あの子の味方ばっかりしてる奴らも、みーーんな大っ嫌いなんだから!

だからつまり、みんな嫌いなんだから!




そうだね。

嫌いなんだね。

イヤなんだね。

取り上げられるのイヤなんだね。

それが誰にもわかってもらえないのもすごくイヤなんだよね。

それがイヤで、なにもやりたくなくなった?

そうだ。

途中まで描いてた絵。

先生にちょっと修正入れられただけで、やる気なくなったのも、横取りされた気持ちだったんだ。

そういうのにすごく敏感になった。

なんでも1人でやらないと気が済まなくなったね。

手伝ってもらうなんて、絶対無理だった。

どうぞ横取りしてくださいっていうようなものだった。

もうそれは私がしたんじゃないから。




下の子の無邪気さは、私にとっては攻撃と同じに感じてしまうんだね。

数少ない、成果を感じるチャンスを、そんなに簡単に奪わないで欲しいんだ。

そうだね。イヤだよね。

下の子、嫌いかな?

あの子は嫌いだけど、下の子はどうかな?

下の子は、あの子じゃないよね。

仲間だよね。

全部あげなくていいからさ。

うまく分け合って、できないかな?

今なら、きっとできるよ。

仲良くできるよ。

大丈夫。一緒にやってみようよ。

一緒だよ。
posted by 蝉ころん at 20:54| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。