2010年04月21日

自立生活のプライド

私の夢は、自力で生活することだった。

とにかく実家を出たかった。

早く一人前になりたかった。

そして、思う存分やりたいことをしたかった。

なにも文句を言われずに、自分がしたいと思ったことをしたかった。

そのために、自力で生活できるようになって。

したいことをするための資金も十分あるくらい稼いで。

突然何かが起こっても持ちこたえられるくらいのお金を貯めて。

それで思う存分したいことするんだ。

ざまあみろ。

そんな夢。



なんか色々混ざってる。

本当の欲求は、ただ、その時したかったことをしたい気持ち。

それだけだったんだ。

それを実現させる道が遠回りだった。

実家の呪縛から抜けなきゃいけなかったし。

立派に生活することでいじめた奴らの鼻も明かしたかったり。

それで、それなりに稼ぐこと、が、かなり大きな目標になってた。

手段が目的になっていって、これにしがみついてたみたいな。

離婚してからは、もっとしがみついてた。

子供育てながら立派に生き抜いてやるって。

そのためにしっかり稼ぐんだって。

それくらい思ってないと保たなかったし。

なけなしのプライド。



このへん緩んできたかも。

今日ふと、お金の出所なんて、どこでもいーんじゃね?

って浮かんできた。

自分や子供たち壊してまでのもんじゃねーなって。



不幸になる人さえいなければ、私がそれに縛られるかどうかだけの問題なんだよね。

縛られない自信がでてきたのかもしれないな。




それでどう進むかはまあまだ置いておくとして。

ちょっとずつほどけてるんだな。

進んでるんだな。

って、思えた。

こういう実感って、やっぱり嬉しい。
posted by 蝉ころん at 22:35| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。