2010年04月16日

ハラッサーの私

長かった1週間、自分の衝動がぼろぼろ出てきて、暴力衝動まででてきて。

子供に向けることは押しとどめたけど。

やっぱり私、ハラッサーだ。



モラハラも、DVも、パワハラも、クレーマーも、根っこがおんなじだってよくわかる。

ハラスメントは全部おんなじ。

自分の中の怒りの衝動を全部目の前のターゲットのわずかな染みにぶつけること。

ぶつけかたも、ターゲットのあり方も関係ない。

ただ、自分が持っている怒りに似た波長の弱みをターゲットが持っていれば成立する。

どんな相手にだってできる。

こちらが向けたい衝動に対して相手が罪悪感を感じさえすれば。

とことんエスカレートさせられる。

自分の中のそんな衝動に気付いたのは中学生のときだったんだ。

それ以来、ひたすら押さえつけてきたけれど。



手段にブレーキをかけると、ころころと形は変化していく。

暴力を押さえれば言葉が暴走する。
言葉を押さえれば無視。
無視が悪ければ態度。

相手の罪悪感が反応する形で続いていく。

怒りを解かなければハラスメントは消えない。

自分でも気付かない形で進行していく。

自力で怒りの元を探して、解いていくしかない。

自分の力で、解いていくんだ。

解けば、軽くなっていくから。

軽くできるんだ。



被害者は鏡。

深いところにある自分の心。

自分の出した結果。

結果の自分。

逃げないで見つめるんだ。

軽くできるんだ。

大丈夫。

怖いけど大丈夫。

できるよ。

できるんだよ。
posted by 蝉ころん at 18:57| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。