2011年05月30日

原因は悪くない

なにかが起こったとき、私はまず、条件反射的に「えーーーっ!」となる。

私なにもしてないよ?なんでそんなことに?嫌だよ、どうにかしてよ!

これで、頭がいっぱいになってる。

この後、対処しているつもりでも、ベースがこれなので、ハラッサー的な対応になる。

ようは、

・犯人を探す(私がやったんじゃないでしょ!)
・罪を認めさせる(私が悪かったんじゃないでしょ!)
・原状回復を要求する(私は元通りでいられるべき!)

・・・な感じ。



実際に違うやり方を試していった上で、すこーしずつ、実感して来た。自分のやり方が無自覚にそんなふうになっていたことに。

何かが起こったときの対処としては、上のやり方ではいい感じには落ちつかない。

まずは、起こってしまったことを、ただ起こってしまったこととして認めるのがだいじ。上のやり方では、起こってしまったことを全く認めようとしていないなあ、そういえば。

そんで、起こってしまったことに対して、どうするかを考えるんだ。

・何が起こったのかを確認する(起こってしまったことはしょうがないや)
・困ることがあれば対処する(ベストでなくてもベターでいいよ)
・次に困らないように予防する(原因をみつけておこう)

・・・な感じ。

が、じんわり自分の中にできてきた。

まだまだ最初は「えーーーっ?」が出てくるけど、個人的な「やだやだ困る困る私のせいじゃない勘弁してー!」を表現して、一旦落ち着いてから対応するようにしてる。



で・・・・最初の

・犯人を探す(私がやったんじゃないでしょ!)
・罪を認めさせる(私が悪かったんじゃないでしょ!)
・原状回復を要求する(私は元通りでいられるべき!)

これは、私がされてきたことだなー。受け続けてきたことだなー。やはり。

何か起こったらとにかくまず容疑者は私。冤罪であっても犯人は私。
そして謝らせられて、始末をつけさせられる。私だけが原因じゃなくても。私が悪いんじゃなくても。もっと根本的な原因があったとしても!

それから、家では、ただ兄が兄だというだけで罪を背負わされているのも見ていた。

私が泣けば、兄が怒られる。明らかに私の我がままでも、私が悪かったことでも、私が泣いてしまえば、兄が怒られる。
いくら泣かないように努力しても、泣いてしまえば、兄が悪くなる。

なにか問題が発生したら、それは誰かが悪いのであり、とにかく罪人を決定して罪を償わせなければ解決はしない。

・・・なーんて回路ががっつり頭の中に定着してたらしい。



罪なんてどうでもいいのかもしれない。

被害者がいるなら、その心の傷が癒されることが大切なんだし、困ることがあればそれを回避することが大切なんだし、何回も起こることなのであれば、それを繰り返さないように工夫することが大切なんだ。

原因を見つけることは、改善するための糸口を探すこと。

犯人を見つけて裁くことが目的じゃない。

誰が悪いか、と、何が原因か、はイコールじゃない。

原因=罪、じゃない。



で・・・あと、何かおこったあとの対処をすることがとっても嫌いなんだけど、そのとき思っていることは、めんどくさい、とか、嫌だな、よりも、「私は悪くないのに・・・私のせいじゃないのに・・・なんで私ばっかり・・・私だけ・・・」とかそういう恨みが渦巻いている。

たぶん、私の中では、問題対処すること=罪を犯した人の罰、になってるんだ。

そうじゃないんだよ。

対処するのは、実は対処することができる人であれば誰でもいい。

というか、むしろ、上手な人が、原因になった人と一緒にやり方を見せてあげるのがいいんだろうなあ。その方が学べるんじゃないかなあ。

私はたいてい ちゃんと元通りにしとけ!→放置 か 邪魔だからあっちいけ!→放置 だったからなあ・・・。

どう転んでもひとり。

そのうち対処しないといけないような事態にならないようにならないようにするようになっていったなあ。そりゃ問題対処能力もつかないわけだ。



問題はおこるもの。どうあがいてもおこるもの。そう思っていた方がいいんだきっと。

だから、おこさないようにするのも大事だけど、おこったときにどうするかのほうが、きっと大切なんだよ。
posted by 蝉ころん at 12:44| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。