2011年03月16日

東京電力と政府に勇気を

福島原発の状態が心配です。

今、東京電力の方々はいい知れない恐怖の中にあると思う。

自分たちが事態を収めきれない、刻々と状態が悪化する、それが露呈していく恐怖。

国民の怒りに対する恐怖、政府の怒りに対する恐怖、マスコミの怒りに対する恐怖。

日本政府も諸外国に対して同じように感じているんじゃないか。



東京電力や、日本政府だけで事態を収拾しなければならないと思い詰めてしまっているように感じる。

そして、そんなふうに追いつめているのは、マスコミだし、世間だと思う。

今は責めているときじゃない。

もう背負いきれないところまで事態は進んでいる。

見たくない事実を認めた方がいい。

そして少しでも早く情報を、世界に向けて公開した方がいい。

内部の人間よりも、外部の冷静な目の方が見えてくるものが多いはず。

努力を放棄するんじゃなくて、少しでもいい方法を見つけるために。

もう、日本だけの問題じゃなくなっている。

みんなに一緒になって考えてもらっていいんだと思う。

勇気を出して、踏み出してほしい。




そして、現地で危険な作業にあたっている東京電力の作業員の方々、周辺地域の住民の方々が、どうか無事でありますように。
posted by 蝉ころん at 15:25| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。