2011年02月24日

ややこしい怒り

ひかるが約束をやぶった。

そして、それをうやむやにしようとしている。

私の様子をびくびくと伺いながら、普通にふるまえる隙を狙っている。

自分がしたことを認めないまま、私の機嫌が戻るのを待ち、なかったことにしようとしている。

私は、約束を破られたことより、なかったことにしようとしている態度にものすごくムカついている。

それはつまり、私が約束を破られた事実をなかったことにされること。

私が傷ついたことをなかったことにされること。

そして、びくびくしているくらい自覚があるくせに、まるで何事もなかったように気楽な声を出されたり話しかけてこられたりするともう、ムカつきを通り越してイライラMAXになる。

まっすぐ無言で目を見据えてやりたくなる。

のぞむに話しかけられても、「お母さんはひかるのせいで今機嫌が悪いの」とか言いそうになる。

とにかくイライラしてるときに言いたくなることとかしたくなることはハラスメントなのは分かってるから抑える。

でも無言が精一杯。

無言だって十分プレッシャーになるのは重々わかっている。

早くイライラを整理しなければと離れてこれを書いている。たぶんこうして離れることさえも子供は傷つく。でも今はこれがベターな道。ベストを欲張らずにベターを進もう。



書き始めるまで、直接ひかるに対する怒りしか見えなかったけど、数行書いてるうちに糸口が見えた。

私が嫌だったことをうやむやにされること。

事実を隠蔽されること。

それがとっても腹が立つことなんだ。

まるで私が傷ついていることがなかったことみたいに、私が嘘を言っているみたいに。

私が感じていることの方がおかしいみたいに。私の方が悪いみたいに。

そっちが、約束破ったんでしょ?

なんでなかったことにして、私の気持ちを放り出しておいて、その上にまた私と普通でいられると思うわけ?普通にしてやらないといけないわけ?

私だって、私を傷つけるような人とは付き合いたくないんだよ!

私の心を踏みつけにするような人間は嫌いなんだよ!



ああそうだ、これは私が子供時代にずっとさせられてきたことだ。

反省もしてない相手を、むしろこんなことくらいでとか思ってる相手を、私は無理矢理許させられた。

許してやらないといけないって押し付けられた。



今の状況は確かに似ている。

ひかるは、まだ、そういうことで謝らないといけないということに耐えられない。

自分がいけないことをしたということを、受け止められない。

そういう風になったのは、私がそうさせたからで、今はまだ、回復途中。

私は、怒りが先にきているし、このことについてどうひかると話すのがいいのか、迷っている。

迷っているうちに、うやむやにしようとされている状況を感じて、スイッチが入ったんだ。



似ているけど違うから。

ひかるは、あの、昔の、ふてぶてしい奴らとは違うし、私は、許せなんて強要しない。

うやむやにされたくなかったらテーブルに載せていい。

許せなかったら、許せるようになるまで許さなくていい。

たとえそれがひかるでも、許せないものは許さなくていい。

ただ、それと生活は別のものだっていうこと。

許せないことがあっても、私はひかると話ができる。

ひかるは、私を傷つけたくてしたんじゃないし、過去私に怒られたことが原因で認めるのが怖くなってしまったから認められないだけ。

昔とは状況は違うからね。

また私の感覚を否定されるって怯えなくても大丈夫。

私は私が傷ついた事実を持っていていいし、否定しなくていい。

なにも怖くない。



子供がらみで怒るイライラも、実は眠ってるのは大人向けの怒りがほとんどみたい。

そういえば、子供相手だけなら、私は負けないだけの怒りをそのときにしっかり表現していたのかもしれない。泣きながらでも、わめきながらでも、正当な相手に表現していたかもしれない。もっととことんまで、泣き尽くせていたかもしれない。

私は子供の頃から、直接いじめてきた子供たちよりも、そのいじめを過小評価していじめをないものと見なしたり、私に忘れることを強要する大人に対して、怒りを強く持っていたんだ。

大人たちは、それだけのことを私に押し付けてきておいて私の話はまるで聞かなかった。

「さっさと許せよしつこいな」「いつまで泣いてんだようるさいな」「早く黙れよ予定が狂う」

そんな対応だったよ。親も、教師も。

でも。

私が体験したことは、ちゃんとあった。

私が傷ついたできごとは、しっかりあった。

私は確かに、傷ついていた。

誰がなんと言おうと、その時私は傷ついていた。

そして、傷ついたっていう、その感覚を、無理矢理取り上げられたことに対して、猛烈に怒りを感じてた。

それを訴えると私の方が問題児扱いになった。

それがまたさらに納得がいかなかった。

私が何を訴えても、大人は結局、自分たちのやるべきことをスムーズに進めることしか眼中になかったんだ。

私をとことんまで否定するようなことをしていることも、まったく自覚がなかったに違いない。

でも、私はそうして一回の出来事で元にあった出来事よりも何倍も傷ついた。



私はうやむやにされたくない。

うやむやにされるのを見過ごしにさせられたくない。ああややこしい、くそう話を複雑にしやがって。どうりでなかなか掘れないはずだよ。

ただ事実を認めて、それを謝って欲しい。

元は、それだけだったんだ。
posted by 蝉ころん at 21:38| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

順調に進んでないとき

地雷をもう一つみつけた。

何かやってるとき、それが何であっても、私が何かやってるとき、順調に進んでるときは大丈夫。でも、うまくいってないとき、そばに誰かが寄ってくるとアウトらしい。

これ、自分が被害者側のときは、上手くいっていないことを八つ当たりされていると思っていたんだけど、私の場合はそうじゃなかった。

1人だったら、別にストレスとも思わないくらいの小さなことでも、誰か知ってる人物がそばに出現すると、ざわざわしてくる。

上手くいっていない現状を知られることが、地雷。

終わったことだったら大丈夫だったりする。

とにかく、今現在順調に進んでないとき。どんなに小さなことでもアウトらしい。

順調じゃなくなった時点で焦り始めていて、周りにいる人の動きに過敏になってくる。

失敗をすることが怖いんじゃなくて、失敗しそうな状態を悟られることを恐れてる。



なんであっても、私が取り組んでいることは他の誰かの方が上手かった頃、私は出来ないことを馬鹿にされたし、呆れられたし、そして、取り組んでいることを取り上げられた。

終わってしまえば、いくら途中で失敗しそうになったことがあっても、何回もやり直しをしていたとしても、結果的にできていれば、何もマイナス評価はなかった。

上手くいっていない途中経過を知られることは、最終的に到達できるはずの成功への道を断たれることを意味した。

以前、横取りって表現したこと。

横取りは、同じ立場の人間に取られることな気がするけど、この感じは横取りじゃなくて、取り上げられるって感じ。

取り上げられ経験が元になって、横取りへの怒り・悲しみも増幅されてたかもしれない。

とにかく、上手く進んでいないことを知られると、私が達成したいことへ到達するチャンスを取り上げられる。

そして取り上げられたチャンスに、次は二度と来なかった。



何度も、何度も、どんな小さなことでも、私は巡ってきたチャンスを取り上げられた。

母は、私のことを、知らないうちに何でも出来るようになっている子だったと言っていたが、当たり前だ。

知られないようにでしか、できるようになれなかったんだから。

出来ないところを見られたら、出来るようになれないようにされるんだから。



失敗したり、上手く行かないとき。

私が挑戦し続けたくても、横から手を出されて終了させられた。

私は何度でも立ち向かいたかった。

本当は立ち向かうことを応援して欲しかった。

できれば「上手くできないよ」って弱音だって吐きたかった。

弱音はギブアップのサインと捉えられてしまうから、言えなかった。

できるなら、弱音を吐いても励ましてもらいたかった。

そしてもう一度立ち向かいたかった。



「できないくせに手を出すな」って言われるのが嫌だった。

ひどい。

誰だって最初はできないじゃないか。

まして子供ができないのなんて当たり前じゃないか。

兄貴ができるからって、なんでもかんでも兄貴の手柄にして私は出来ない子のままでいさせようとして。

チャンスも与えてもらえないで、出来るようになるわけがないじゃないか。

私だってやれば出来るもん。

私だって出来るようになるもん。

お兄ちゃんだけが偉いんじゃないもん。

私だって偉くなれるもん。




兄貴には家に取って価値のある仕事を回し、偉い子として育て、私には雑用、誰でも出来ること、誰がやってもいい仕事を回してあくまで価値のない子として育てられた。そう感じていた。

私は、みんなに隠れて、価値のある方の仕事を身につけて、兄を出し抜こうと必死だった。

出し抜いて、いつの間にか兄より出来る人物になって、親が、私に価値ある仕事をさせなければ仕方がないと思うようにさせたかった。

私なりの反乱だった。

でもそんな日は来なかった。

私はどれだけ技術を上げようと思っても、必要なことはまず兄に教えられるし、私がそれを盗み見て必死で独学している間も、兄はどんどん新しいことを教わっていた。

いつまでたっても追いつけないし、親は私には一切教えないし、私にさせるつもりが全くなかった。

そして結局、父に「女にはできない」と断言されて、引導を渡された。

この父が私を認めることはない。私がいくら努力しても日の目を見ることはないんだって。




この人たちは、私の望みなんてほんとに見てなかったんだ。

ただ、私が邪魔をしてきて面倒だとしか思ってなかったんだ。

私はいつも、何をしても、家庭のメンバーの中で、私だけが、いつも出来ない子で、必ずそれで兄に奪われて、馬鹿にされて、邪魔にされて、悲しくて、悔しくて、それでも食い下がったら母に怒られた。

私はただ、みんなと同じことを出来るようになりたかった。

そしてただのお荷物じゃなくて、みんなと同じ、役に立つ、重要なメンバーとして、そこにいられるようになりたかった。

チャンスを奪われることは、はしごをはずされることだった。

はしごを上ることを望まれていなかったから、はしごを上っていることを知られるのが怖かった。

のぼっている途中で外されるのを恐れて、こそこそと上って何もしてないふりをしていた。

私はただ成長したかっただけなのに!



成長を止められてたんだよ。

私は成長させてもらえなかった。

だから隠れて成長しようとした。

何も変わってない顔をしながら隠れて必死に変化してた。

変化してる途中を見られたら、また戻されるから。

私は進みたかったから。

そうか。

私頑張ってたんだ。

隠れて成長するのって大変だった。

誰もいないときに、どきどきしながらしてた。

何回も、はしごをかけ間違えたり、踏み外したりしながら、焦って焦って上っていた。



悪いことでもなんでもないのに。

でも実家では、私だけは悪いことと同じようなものだった。

取り上げられるのは咎められるのと同じことだった。

私は、何かを達成しようとすることを悪いことのように感じていた。

達成してしまえば良いことに変わるのに、達成できるかどうかわからない状態は悪だった。




この前、誰かが言ったって言葉をテレビで言ってた。

ものごとには、成功か、成功しつつある状態か、その2つしかない。

ていう感じの言葉。

失敗も、成功のための段階に過ぎないって。

そういうことなんだよね。

子供の頃に欲しかったな。その言葉。




もう、取り上げる人はいないよ。

ひかるも、のぞむも、取り上げたりしないよ。

自分でもしたがりはするし、知ってることは口も出してくるから、取り上げられるように感じるんだよね。

でも道を譲ってあげるかどうかは、私自身で決めていいんだよ。嫌だったら、譲ってあげなくてもいいの。

「上手くいかないよー」って弱音吐いてもいいんだよ。

「悔しいよ」って言っていいんだよ。

「見てよ」って見せてもいいんだよ。

誰も笑わないし、怒らないし、取り上げられないよ。

怖くないよ。

達成への道を、隠れずに進んでいいんだよ。
posted by 蝉ころん at 22:03| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

イベント中止

今日は、ひかるの気分で予定がつぶれた。

そのときはそのまま受け入れたけど、あとからジワジワとイライラが湧いてきた。

そうか、こういう、遅れてくるイライラもあるんだ。

とりあえず今日は原因が分かってるので掘ることができる。

モラ的に表現すると、

「せっかく遊びに連れて行ってやろうと計画してやったのに、乗り気だったくせに、気分が変わったってどういうこと?もう二度とこんな計画してやらない!」

になる。



でもこれは、八つ当たり。

もちろん、予定が狂って不快に感じる部分はある。でも、二度とやらないとか極端にはいかないでいいレベル。

イライラで出てきてるのは、親にキャンセルされた経験だ。

原因は父の気まぐれ。

そして、気まぐれで予定を変えてしまう父をあくまでかばう母。

「仕方ないでしょ、お父さんが行けないんだから」

今考えたら、仕方ないことなんて何もない。

父は、子供との約束より自分の遊びを優先して、好きなだけ遊んできたあげく、疲れて起きれなかっただけだ。

母は、父のモラ発動が怖くて私ら子供に我慢をさせていた。

約束を平気で破る父をかばって、私ら兄弟を黙らせた。

父に直接怒りを向けることも許されなかったし、母は仕方ないでしょうと言うだけだった。

向けどころのない怒りを持て余してしつこく食い下がっていると、いつまでもうるさい、わがまま言うな、諦めが悪いと怒られた。

大人になれば、権力をもてば、約束を破ってもいいのか?

そして釈明もせず代わりの人間を矢面に立たせて自分は平気でいられるのか?

そんな父のどこに尊重する部分があるのか?

そんな父を無理矢理尊重させようとする母の言うことをどこまで聞いてやらなければいけないのか?



私の思いは、ただ本当にイベントを楽しみにしていて、早く行きたい、それだけだった。

行けないことが悲しい、なんとかして行けないのか?そんなことだった。

父も母もそんなことは気にしていなかった。

父はただ面倒になって嫌になって計画を放り出しただけ。

母はまた父に面倒を起こされたと、子供はうるさいし父の耳に入るとまた爆発するとヒヤヒヤしていて、とにかく子供を黙らせたいだけ。

そのくせ子供とのイベントをつぶしたとあとで父を責めて、結局自分で父を爆発させる。

そして私ら兄弟は父の爆発の原因を作ったことに罪悪感をもつ・・・。

そんなルーチンになっていた。



私はただ行きたかっただけだ。

それが、父への怒りや母への怒りに歪んでいった。

ストレートに「行きたい、行きたい」としつこかろうがうるさかろうが言い続けたかった。

自分で諦めがつくまで諦めさせられたくなかった。

行けなくなった上に、諦めさせられ、黙らせられ、父の爆発を招いた罪をかぶせられた。

なんでそんなことになるのか。

私たちは、約束を破られた側なのに。

なんで私たちの方が怒られるのか。

なんで母は父をかばうのか。

なんで私たちは父を尊敬させられるのか。

約束を破って誤りもしない人のことを。

全く納得がいかない。

あんたたちがいつも言ってることと全然ちがうじゃないか!



謝れ!

悪かったって言え!

ごめんなさいって言え!

悪いのは私らじゃない、あんたたちの方が悪いんじゃないか!

養ってもらってたらなんでもかんでも受け入れなきゃならないのか?

私らに家を脱出する自由なんかないのに!

稼ぐことだって禁じられているのに!

どうしようもなくしておいて、それでも無理矢理言うことを聞かされるのか?

嫌なことを嫌だということもできないのか?

私らは、あんたらの何なんだ!

喜ばしたいくせに悲しませたことは悪いと思わないのか?

ぬか喜びさせておいて、本当の喜びは与えたくないとでも言うのか?



私はだんだん楽しみを楽しみと思わなくなっていった。

どうせまたつぶれるんだし期待しない。

今喜んでも後からどうせ爆発するし喜ばない。

嬉しくもないから悲しくもない。

大きくなるうち、私はどんどん親を見下すようになっていった。

どうせクソ親父のことだ、何が起きるか分からない。アテにするだけバカバカしい。

なのになぜこの母親はいつまでもこのクソ親父と行動しようとするんだ?バカか?



どろどろと、どろどろとしてる。

ヘドロみたいになってる。

ただ、楽しみにしていた、ただ、嫌だった。

悲しみにさえ行き着けなかった感情。



お父さんはそこにいるのに。

病気でもなく、ただ寝てるだけなのに。

お父さんから誘ってきたことなのに。

なんで行けないの?

お母さんだけとでも行けないことじゃないのに。

なんで行けないの?

お父さん一人置いていけないのはなぜ?

お父さんは大人なのに、なんで一人で家にいたら駄目なの?

なんでそんなことで行けなくなるの?

お父さんは、なんで行けなくなったの?

昨日お仕事終わってから出かけていって、なんで今お出かけ前に寝てるの?



ねーなんで?

なんで答えられないの?

なんで私らが聞いちゃいけないの?

なんで私らに知る権利がないの?

じゃあなんで私らにバレるようにそんなことするの?



私らってさ、ニンゲンじゃないよね。この家で。

いつまでたっても、ニンゲンじゃないよね。







私は、親にやり返したい。

同じくらいだけ、いや、それ以上、親を傷つけ返したい。

私をいじめた奴らに仕返ししたいとか、見返したいとか、思ってたと同じものを、親に対しても持っている。

私は親を傷つけたい。

ざまあみろと言いたい。

声の限り、言葉の限り、罵りたい。

モラれた分だけ、モラ返したい。




なんか、よく耐えたね。

モラ返さずに、よく何事も起こさずに、耐えきって脱出したね。

自分の衝動を抑えるのってすごくエネルギーいったよね。

よく頑張ったよね。

嫌いなのは嫌いでいいんだよ。

嫌なことは嫌でいいんだよ。

もう、充分、あの人たちには親孝行したよ。

あれだけ言いなりになってあげればもう充分だよ。

もう付き合ってあげなくてもいいからね。



親になってみて、わかるじゃん。

子供に親孝行を期待するなんて、変だ。

大人なんだから、自分の力で生きればいい。

自分のことを理解して自分で生きればいい。

大人なんだから。

放っておいて自分の行きたいところへ行けばいいんだ。

posted by 蝉ころん at 13:07| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

原因不明が続く

今ちょっと逃げている。

明らかに何かが溜まってきていて、やり場がなくて、でも直視したくなくて、とっかかりもつかめなくて、なんとなく逃げている。

子供といても、突然気分が入れ替わっていたりする。

今日はヤバい、みたいな日もあって、子供に当たることを抑えるようにはするけど、喋ると弾けるから無言になったりする。



見事なサイレントモラ。

わかってるんだよ。やっぱり。

ぶつけちゃいけないことをわかっててサイレントになってんだよ。

でもぶつけないでいてやってんだよくらいな感じでバランスをとってる。



ここからリカバリーできるようになるといいんだけど。

取っ掛かりのない怒りは掘ることもできず逃がすこともできず困る。

もしここで、怒りを出そうと無理に言葉をひねり出したら、きっと怒りを出すための怒りになってしまう。

イライラしてるのに声をかけてこられるのが嫌だとか、気分が悪いのに笑ってるのが腹が立つとか。

よくある、どうしようもないモラ発言になってしまう。

これじゃあ、ただの八つ当たり。怒りを表現したつもりでも何も掘れてこないし、何も解放できない。

そうじゃなくて、もっと、元の怒り、元の悲しみの要因と似た要素への怒りが、あるはずなんだけどな〜。

そっちをほどきたいし、たぶん、今のこの逃げてる感じ、しつこく逃げてる感じからすると、結構でっかいのが埋まってる気が、するんだけどな〜。

まだ、怖いんだろうか。

まだ、出せないんだろうか。



よっぽど深く埋めちゃったんだな。

そんなに怖かったんだな。

怒りは恐怖の現れ。

恐怖から転じた怒りは鼠を猫に噛みつかせるほどの爆発的なエネルギーをもってるんだもの。

そのときと似た状況で、恐怖を感じずに行動するための力が発動するだけのことが昔あったんだよ。

なにが原因か分からないけど、それくらいすごく怖かったんだよ。

そこだけでも、受け止められるかな。

・・・・あのイライラのさなかに。

今度があったら、やってみれるかチャレンジしよう。

思い出せるようならやってみよう。

だってまだきっと怖がってる。
posted by 蝉ころん at 17:29| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

最近ここへ来られた方へ注意書き

久しぶりに読まれている方へのメッセージを書きます。なんか文体がくすぐったい。

私の独り言記事ばかりになってからも、毎日たくさんの方々が訪れてくれているようで、ありがとうございます。

以前から感じていたんですが、ここはもともとモラハラ被害者のブログだったため、今も検索などで新規に訪れてくださる方には被害者の方が多いんではないかと思っています。

多分、現在進行形で被害に遭われている方には、新しい方の記事はあまり参考にならないどころか、悪影響が大きいと思っています。

それをふまえて、ブログの説明文を変更して、新しい方の記事を読まれる方への注意を付けてみました。



モラハラ被害者の方々の特徴として、ハラッサーを理解したい、理解することでなんとか関係を改善したいという思いが強い傾向があるかと思います。

ハラッサーとしての私の心情を書いていることで、なんらかの参考にしようとされるかもしれません。

そのことで、ハラッサーとの関係を改善しようとされたり、ハラッサーとの関係を長引かせてしまうことに繋がるのではと危惧しています。

何度も書いていること、そこら中で言われていることなんですが、被害者が加害者を改善することは期待薄です。

私一人のハラッサー心理を理解したとして、全てのハラッサーの心理は同じではないし、被害者が理解することで変化できるのは被害者の心構えだけであって、加害者はなんら変化しません。理解を促したところで、加害者のレッテルを貼る気か!と逆ギレされたりするだけで余計頑なになってしまうことが予想されます。

物理的にせよ精神的にせよ、加害/被害の関係から抜け出せるだけの距離をとられることが第一です。

被害者の方ができるだけ早く被害を受けていることへの気付きが訪れますように。そして加害者から距離を取る勇気を持てますように。

私には祈るしかできませんが。




開設当初から一貫して、私自身の問題をどう解決したらいいのか、ということを主眼にして記事を書き続けてきたので、そのときそのときの自分の問題と取り組んでいるうちに開設当初と現在とでは全く毛色の違うブログになってしまいました。

そして現在の私は無職のひきこもりで、子供が不登校寸前という状態です。

最終的に私が世間並みの安定を得るまではこのブログを参考にする方などいないとは思いますが、念のため書かせていただきました。

あなたにとってこのブログで何か得るものがあるのであれば、幸いです。
posted by 蝉ころん at 11:44| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。