2011年01月26日

仲間に入れて

ひかるのゲームに付き合っていると、やたらと私のやり方をマネされる。

私はそれがとてもうっとうしく感じるんだけど、これは拒絶しない方がいいことなんだろうと思って、なるべくさせるようにしていた。

ひかるは、私と同じようにしたいんだ。

私は、ひかるの遊んでいることに付き合っているつもりだったけど、ひかるにとっては、少し意味合いが違うらしい。

ひかるは、共有できる場面で、私の仲間になりたいんだ。



私は、コミュニティの中で人と同じことをするのを許されていなかったから、人とかぶらない、独自のやり方を探してなんとか自分の立ち位置を確保してきたけど・・・。

コミュニティに入っていくとき、マネから始めるのは当然のことじゃないか。

それが子供と親との関係で自然なことなんじゃないのか。




私は、実家では、必要のない人間だった。

存在する意味のない人間だった。

私はただ邪魔な存在だった。

私が何かをしたいと思うこと、父や母、兄のすることを自分も上手にできるようになりたいと思うこと。

そのために一緒にさせてほしいと思うことは、ただ、彼らにとって邪魔をすることでしかなかった。

私は、ただ、一緒に、家族の一員としてやっていきたかっただけだった。

私は、実家のコミュニティから分離されていた。

いや、もともと実家はコミュニティなんかじゃなかった。

父はやるべき仕事が終わればさっさと家を出て遊びに行くし、母は家事をしている間は子供が周りにいるのを好まず、何も子供に見せずにやってしまう。

私と兄はお互いにお互いの子守りをしていたようなものだった。

うちはコミュニティなんてものじゃなかった。バラバラだったんだ。

私は母の仲間になりたかったけど、母には子供を仲間にする精神的な余裕なんてもともとなかった。

逆に母の方が私たちに認めてもらいたがっていたくらいで。



私はひかるたちの仲間に入れてもらいたがってるんじゃないか?と感じたことがある。

すぐに逆なんだなあって思って。

私がひかるたちを仲間に入れてあげるのにって。

私は私のままでここにいて、私が、私を営んでいるところに、ひかるを、のぞむを、入れてあげるんだ。

私は個人だけど、子供たちにとっては家庭というコミュニティでもあって。

私といることそのものが、子供たちにとっての社会経験の土台になるんだ。



私が社会のスタンダードじゃなくてもよくて。

ただ受け入れられて経験を分けてもらえること。

家庭の営みに参加すること。

メンバーとして存在すること。

そんな経験が大切で。

私が欲しかったのも、そういうことだった。

私は、完璧にできないならと排除されていたけれど。

私のレベルで、私のままで、メンバーとして存在する経験がまず必要だった。



ひかるが、私のマネをすること。

そんなことも、やっぱりきっと大切なこと。

私もやっぱり、お母さんの隣でぴったりくっついて同じことをしたかったんだ。

それはきっと大切なことだったんだ。
posted by 蝉ころん at 16:27| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。