2010年11月10日

ちょっと弱音吐く

親の世代が羨ましい。

自分の葛藤を下の世代にぶつけてよかった人たち。

子供を道具として使ってよかった人たち。

あれは間違いなんだと思ってやってきたけど。

羨ましいと思っている私も存在する。

私だって、誰かにぶつけてせいせいしていいならぶつけたい。

そして無意識にそれをやってきてたわけだし。

でも。

それはいけないことだと理解してしまった。

自分がしていると気付いてしまった。

悪い自分になるのは嫌だ。

自分を嫌いになるのも嫌だ。

それで逃げ場はなくなった。



逃げ場がほしくなってる。

疲れた。

変なの。

仕事もしてないひきこもりなのに。

疲れただって。

変なのー。




心の工事は大変だ。

頭の中に手を突っ込んで、間違って繋がった回路をプチップチッて繋ぎ直せたらいいのになー。

せめて全行程のどこらへんまで進んでるのか見えたらいいのになー。

なんて。

こんなこと書いといて、たぶん明日には復活してんだろうな。

posted by 蝉ころん at 10:15| Comment(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜中に考えたこと

昨日の夜考えてたこと。



私は母が好きだったな。

母からの好きは感じられなかったけど。

幼稚園くらいまで、母は私の好きを受け取ってくれてた。それなりに。

一緒にいれる時間もあったし、アイコンタクトはなくても、そばにいられた。

小学生になって、一気に受け取ってくれなくなった。

一緒にいる時間がほとんどなくなった。

会話もなくなっていった。

私の乳母がわりだった兄も私の相手をしなくなった。

私は好きを向ける対象を失った。

空いた時間をただ、埋めるだけになった。

誰もいない空間を無視して没頭するだけ。

私の好きはどこに埋まったんだろう。

今はどこを向いてるんだろう。

私の大事なエネルギーの源は。

それとも私は、見つけたくないのだろうか。

今まで色々掘ってみたけど、「好き」は出てきたことがない。

本当にあるんだろうかなんて思う。





うつ状態だったときのこと。

辛かったのは、うつじゃなかった。

休めば動けるようになるのは自分ではわかってたから、動けないのが辛いんじゃなかった。

動けないことを許されないことが辛かった。

病院でうつの診断をもらってからも、辛さは同じ。

休みたいだけ休めればよかった。

でも、元夫からは全力で治そうと努力することを求められていた。

全力で薬を効かせ、早急に回復させるために休まねばならなかった。

そんなのが辛かった。

私のうつ状態は潜伏してる。

私の中に、常にある。

必要に応じて出てくる。

子供の頃から頻繁にあったから、そういうことも知ってる。

だからどうやったらよくなるかもよく知ってた。

私が回復のためにしていることは周りにはなまけてるとしか見えないことも。

そんな「周りの人間」が見張ってたのが辛かった。

私の思いを理解してくれない人間が一番身近でコントロールしてこようとしていたのが怖かった。




夜は寝付き損ねるといろいろ考える。

昼間ならあんまり浮かばない、ダークなことが多い。

それはそれで、夜ならではのことで、いいのかもしれない。

posted by 蝉ころん at 09:52| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。