2010年11月09日

こっちだった

わかった。

なににイライラしてたか。

さっきのは違う。

ひかるが、私のせいにしたからだ。

朝、登校時間を過ぎたあとに声をかけたとき、私が出すべきものが出ていないと言ってきた。

まだ提出期限がきていない提出物だ。

私は、ひかるが本当は何を気にしているかを知っている。

だからこそ、イラついた。



私のせいにされた。

私の不備を、ひかる自身の罪悪感を逃がすために利用された。

自分で背負え!っていう怒り、だった。

お母さんが出してくれないから、怒られるし、ヤダなー。ってことにしてるけど。

本当は、自分の理由で行きたくない、行けない、どうしよう。でしょ?

私のせいにしているうちは直面しないで済むから。

お母さんが出してくれないからだもん。って。

ふ・ざ・け・ん・な



こういうの嫌い。だいっきらい。

どれだけ肩代わりしてきたか。

どれだけ肩代わりして無意味に怒られてきたか。

なんで今?

なんで私?

え?今なにがおこったの?

なんで私こんなことになってんの?

冤罪、濡れ衣、スケープゴート。

なんでもかんでも私に背負わしてみんな無事に逃げ延びた。そして横で笑ってた。

あいつらへの怒り。

簡単に騙される責任者への怒り。

本物の犯人はあいつなのに。

背負うべきはあいつなのに。

私は「いつもの子」だから、どうせまた「いつもの子」が面倒を起こしたんだとしか思われなかった。

事務処理的に怒られた。

とりあえず「いつもの子」を怒っとけば解決したことにできるからって、適当に怒られた。

代わりに怒られてやって、さらに馬鹿にされる屈辱。



大っ嫌いだ。

擦り付けたやつも、信じる大人も、知ってて見てるだけの傍観者も、話を聞かない連中全部も。

絶対許せない・・・!!



悪くなかった。

私は悪くなかった。

私はまだ未熟で、弱くて、自分を助けられなかった。

圧倒的多数と、強権を持った大人には敵わなかった。

私は不当に背負わされてきた。

下ろそうとしても下ろそうとしても、勝手に背負わされた。

私の荷物を落してまで背負わされた。

まだ収まらない怒りを持っている。

あのころのあいつらに対して。

あいつらはまだ許せない。

許せなくていい。

posted by 蝉ころん at 14:08| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目を逸らすもあり

ただいまひかるが現実逃避中。

そしてそれに付き合わされ気味。

それがとてもイライラする。うざい。

これは私がひかるの問題に影響されているからイライラするんだってことで。

今はそれどころじゃないはずでしょう?

とか

そんなんじゃなくって本当に気にかかってることがあるんだろ?

とか

そんなことが頭をぐるぐるしててひかるの話もろくすっぽ聞いちゃいない。

ひかる自身もそんなに聞いてもらいたくて話してるわけじゃない。

ただ目を逸らしていたいだけ。

目を逸らすための道具が欲しいだけ。

それそれ。

道具だ。

道具にされてる感じ。

人間じゃない。私じゃない。道具。



今はそんな場合じゃないはずなんでしょう?

目を逸らしていたいだけなんでしょう?

それで私を目を逸らす道具につかって、それで、結局は・・・・

私のせい?

知るかよ!

そんな切羽詰まってるなんて私知るわけないじゃん!

私を巻き込むなよ!

あんたの問題でしょう!

あんたが見たくないと思うのは、あんたの問題でしょう?

そんなことまで責任を押し付けないで!

私をいいように利用しないで!

「だってころんが・・・」

って言われる度に「ええええええ????」て思ってた。

私のせいじゃないよ。

逃げたきゃ自分の責任で逃げな。

巻き込むために私を産むな。

言い訳のために私を作るな。

そんなことのための命ならいらなかった。

私はいらなかった。



私は、私をいらなかった。

ああ、またここに繋がった。

ここ最近、ずっと、掘るべきか迷っている引っかかり。

でもまだ時期じゃないと思っているから・・・。



今日はひかるとのこと。

ひかるは逃げたいってことにも自覚なく逃げている。

それに私は付き合いたくない。

私と話したいわけじゃなく、ただ時間を流したいだけの脈絡のない話を延々と聞かされるのが辛い。

ひかるの母親として、ひかるの心に傷をつけた人間として、それに付き合わないのはどうなんだ?と考えている。

私が傷をつけたから、ひかるはこういう行動をする子になったのに、その結果を引き受けないのはどうなんだ?って。

これが、私の辛さの原因か。

また自分を縛ってる。

これはひかるの問題だった。

ひかるは自分の問題と向き合う権利がある。逃げる権利もある。

私は、ただ私が引き延ばしに付き合うのが嫌だってこと。

私は道具にされたくないってこと。



私とひかるの関係が加害者と被害者だってことも忘れちゃいけないけど、縛られないこと。

それより先に人間と人間ってことが大切。

何度でも確認しながら進もう。

posted by 蝉ころん at 10:25| Comment(0) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。