2010年11月02日

子供への嫉妬

嫌だなあ。

子供たちと関わるのが、今、すごく嫌。

生理前なのもあるかもしれない。

でもそれだけじゃなくて。

今、「子供と関わるのが嫌な自分」を認めるときに来てるんだと思う。

だからといってもちろん放り出すわけでなく。

子供との関わりを保ったまま、「子供と関わるのが嫌な気持ち」を、消化していく時期なんだと思う。

もともと、子供の頃から子供が嫌いだった私。

重ねてる部分ももちろん、ある。

それだけじゃなくて、嫉妬。

「平等に扱え」欲求が強い。

これは、直接子供に向かっている感情じゃなくて、子供に関わっている親や学校、社会全体に対する怒り。

それがねじ曲がって向かっている。

なぜ、私に許されない行為、権利、私なら罰せられるようなことを、あの子供は堂々と許されるんだ?

なぜ、誰も罰しない?

おかしいじゃないか。

なんで罰を与えないんだ!

なんで許されるんだ!

憎い。

許せない。

許さない。

これはたぶん、兄に対する怒りか。

私より先に生まれ、まだ小さかった兄は、私が必要とする母の助けをことごとく奪った。

母の視線も、母との会話も、母の膝も、母と遊ぶ機会も、おもちゃも、期待も、母に反抗することさえも。

私は兄がこんなにも嫌いだった。

私に許されない権利を全て手にしていた兄。

嫉妬をずっと持っていた。

ちくしょう。

お前ばっかり。

先に生まれたからって、男だからって、何がそんなに偉いんだ!

私だってできる!

お前が出来ることなら私だって出来るんだ!

お前だけが偉いんじゃない!

なんで私だけダメなんだ!

なんでお前はいいんだ!

おかしいじゃないか!

許せない!

なんでもかんでも、私の前で見せびらかしやがって!!!

そんなに私が羨ましがるのが面白いのか!

悪趣味!変態!性悪!

お前なんか嫌いだ!

大っ嫌いだ!

どっかいってしまえ!

お前さえいなければ・・・!

いなかったらよかったのに!





私は同じようなことを兄に直接言われたことがある。

兄は兄で私に対してコンプレックスを持っていたのは薄々知っていた。

でも、言葉にできただけ、兄の方が良かったんだろうか。

親に対しても、反抗心を表せただけ、兄の方が良かったんだろうか。

私はどっちも今頃やっとだ。

やっぱり私は兄が羨ましい。



私の子供たちのことも、羨ましい。

羨ましがっている私がいつもいてる。

私は多分、色々なことを後悔もしている。

後悔したくないと思って生きてきたから、後悔していないことにしていただけだ。

私は過去に、未練たらたらだ。

たぶんこれも私らしいことなんだ。

そんな私でいいじゃないか。

羨ましいことは羨ましいといいながら、未練があるなら時々振り向きながら、それから前を見たっていいじゃないか。

posted by 蝉ころん at 18:43| Comment(0) | ころんちゃん覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。