2010年06月16日

加害者気質と被害者気質について思うこと

私が被害者にもなり、加害者にもなり、そこそこ自分を探る旅もしてきてことで、昔の謎が、どうでも良くなっていることに気付いた。

どうして加害者になる人となる人と被害者になる人がいるのか。

私は被害者にも、加害者にもなったので、ハラスメントの被害者加害者の生育環境には似たものがある、という話を自分の存在で証明したようなものだけれど。

今になって、私なりの答を出すとすると、責任、かな、と思う。



生育環境で、自分の本来持つべき以上の責任を背負わされていたら、そのまま人の責任を背負い込むように生きてしまい、結果被害者になりやすいかもしれない。というか、加害者気質の人に捕まりやすくなる・・・という感じ。

逆に、自分の持つべき責任を持たせてもらえず、常に奪い取られて別の誰かが背負っているような環境だと、加害者になりやすいように思う。

それから、いつも誰か別の人の責任を背負い込まされていたけれど、隙あらば他の人に乗せてしまえ、と狙っているタイプ。被害者にも、加害者にもなる。私はこのタイプかなと思う。

どのパターンにしても、各自が負うべき、苦しみや、悲しみ、辛さの原因を、誰か特定の人物を犯人に仕立て上げて、丸投げして逃げたい、っていう心理があるように思う。

自分が苦しいことに耐えられなければ、他人に背負わせるし、人が苦しんでいることに耐えられなければ、他人の分まで自分で背負い込んでしまったり。

対象が自分か他人かっていうだけで、実は誰かを責めている時点でしていることは同じに思える。



犯人はいらないんだよね。

自分の苦しみは自分で持つ。他の人の分は、勝手に奪い取らない。それだけのこと。

たとえ子供であっても、その子の背負える分は、その子が背負う分。

背負えない分は持ってあげるほうがいいけど。

背負う力を育てる機会を奪ってはいけない。

辛いことを解消したければ、状況の改善のために原因を探るだけ。無理矢理犯人を作らなくていいい。

犯人探しをしてしまうのは、ハラスメント界の習慣なんだと思う。



そして、加害者が、加害に気付くかどうかのポイント?

相手が被害を受けている状態に耐えられなくなること。

相手を本当に好きかどうか、にかかっていると思うんだなあ。

自分を好きなのと同じくらい、相手のことを好きかどうか。

私の私見ですが。

これはかなり難しいよねえ・・・。

posted by 蝉ころん at 17:27| Comment(5) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。