2010年05月08日

気持ちを実現すること

子供のうちから大人の常識を実現できていなければならなかった。

マナーとか、非常識とか、行儀とか、外でも家でもきちんとできているべきとされてた。

自己主張とか悪いことだった。

全部ただのワガママとして処理されてた。

大人から聞かれた時だけ、希望を出していいが、返ってきたものが希望通りでなかろうがありがたく受けるのが素直な子供のあるべき姿。

自分を主張する前に他人を受け入れねばならない。

子供が大人相手に?

どんな世界だよ!って今なら思う。

そしてできてようが褒められるわけでもなく、できてなければ叱られる。

マイナスをもらわないために、ゼロを感受する。

どれだけ頑張っても避けることのできない小さなマイナスが日々蓄積していってた。

どんどん気持ちを封じ込める方向へ追いつめられてた。




気持ちを出すのがこんなに気持ちいいなんて知らなかった。

出しても出しても、全部マイナスが返ってきてから。

今はもうまわりの大人に頼らなくても自分で決めて受け止められる。

希望を実現することも自分でできる。

それがこんなに気持ちいいなんて。

昨日は、お菓子を作りたくなって、本を見てピンとくるものを探して、カップケーキを焼いた。

自分だけのために。

途中で、3つできるからみんなでわけた方がいいかな・・・ってでてきたけど、振り払った。

私が私だけのためにすること。

それで満たされること。

それが今の私に大切なこと。

お客さま用のティーカップにホットミルクを入れてシロップを垂らして。

不思議だな。

片付けもイヤじゃない。

ちょっと楽しいと思えたりもする。

それがまた嬉しい。



気持ちが根っこにあると、こんなに違うんだ。

自分に確かめるようになってから、毎日希望が違うことに驚く。

本が読みたいときもあれば、寝っ転がりたくなったり、踊り出したり、おせんべいが欲しかったり、サンマが食べたかったり、コーヒーだったり、グレープフルーツだったり、ピンクだったり黄色だったり。

こんなに色々あったんだ。

全然知らなかった。

気付こうとしてなかった。

「私が好きなのはこれだから」

って勝手に決めちゃってた。

それでいつもワンパターンで過ごしてた。

ワンパターンで惰性で通り過ぎないといけないほどエネルギーが足りてなかったんだね。

でもその間、気持ちは封じ込められてずっと我慢し続けてたんだ。



気持ちがベース。

子供と過ごす時も、うまくできたな、って思う時は気持ちをベースにできてると思う。

みんなが自分の気持ちを出す。

それをうまく叶えるにはどうしたらいいか考える。

叶えられそうにない時は、他に道はないか探す。

どの条件がいらないものか?

条件を満たすために譲れることはあるか?

みんながOKになったら、実行に動く。

保留になったことがあったら、条件が揃ったときに必ず実現させる。

どうしても無理なことは、嘆きたいだけ嘆く。

こういうことが今まではできなかった。

こんなやり方があることは知らなかった。

そうだ、知らなかったんだ。



今までは、誰かが我慢すればいいと思っていた。

1対1のときにうまくできてたのは、私が我慢すればよかったからだった。

3人以上になるともう1人我慢してもらわないといけなかった。

子供相手だとどっちも我慢したくないからうまくいかなかった。

無理矢理片方(大抵はひかる)に我慢させて、強引にことを進めて、みんなどこか後味が悪かった。

このやり方じゃうまくいかなかったけど、違う方法があったんだね。



それに、いつも時間に追われていたから、希望を出し合って作戦たてて決めるなんてやってられなかった。

いつ父が怒り出すか知れない。

いつ父がぶち切れて全部中止になってしまうか。

出発の時間、電車の時間、集合時間・・・

元夫ものんびりできない人だった。

ぴったりの時刻に現地に着くことばかり考えていて、いつも時間に余裕がなかった。

焦ってぎりぎりで、とにかく希望なんかより時間内にやるべきことだけ終わればそれでよしとするべし、で生活してきた。

学校では、私の意見はすべからく黙殺されてきたし。

話し合って、とか、経験なかったよ。



ゆっくり考えて、みんなが納得できるやり方を探していいんだ。

我慢しなきゃいけない人なんていないんだ。

大人だから、お母さんだから、なんて、ない。

私も希望を言っていい。

希望を叶えるために努力していい。

納得のいく方法を提示していい。

まだ上手くいかないことの方が多いけど、ひとついいことを掴みかけてる感じがする。



それから、ひかる。

のぞむは自分の気持ちを出すのが上手だから、率先してやりたいこともどんどん出せているけど、ひかるは小さい頃から気持ちを封じ込めるやり方を身につけてしまったから、なかなか希望を出せないね。

それに、ひかるが私を試してくるやり方が、引っかかる。

表現の仕方がのぞむのようにストレートじゃなくて、遠回しだったり、歪んでいたり、のぞむに代弁させようとしたり、で、イラッとくる。

まだ上手く受け止めてやれないね。

でもきっとできるようになる。

だってひかるを抱っこするのも、3年前にはすごく不自然だったけど、今は違和感なくできるもんね。重いけど。

ひかると私の関係も変化してきてる。

きっとできるようになるよ。

大丈夫。進んでるよ。
posted by 蝉ころん at 20:00| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。